もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!

ぼんぬさんの公開ページ

ぼんぬさんのプロフィール

ママ・40代・北海道、女の子4歳

ぼんぬさんの声

1055件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 人気者のエルマー  投稿日:2020/08/04
ぞうのエルマー
ぞうのエルマー 作・絵: デビッド・マッキー
訳: きたむら さとし

出版社: BL出版
きみは何色が好き?エルマーは全部大好き。白はゆきだるまの色、オレンジ色はみかん、黄色は…。みんなとは違う色鮮やかなエルマー。普通のゾウになってみたくて、泥を塗ってみたり、また普通のゾウはその逆で色を付けて入れ替わってみたり・・・。自分だけが違うことをポジティブにとらえるエルマーだからこそ、人気者なのですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい イラストも面白い。  投稿日:2020/08/03
だじゃれどうぶつえん
だじゃれどうぶつえん 文: 中川 ひろたか
絵: 高畠 純

出版社: 絵本館
「ひっくりカエル」「わたし、かばいい?」「サル ウィー ダンス?」「シャンプー アンド リス」動物たちの様子をだじゃれで表現したちょっとおかしな動物園。大人も思わず笑ってしまう、大人も子どもも笑顔にしてくれる1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい へんしんシリーズ、面白いです!  投稿日:2020/08/03
へんしんレストラン
へんしんレストラン 作・絵: あきやま ただし
出版社: 金の星社
へんしんシリーズが大好きです。このレストランのメニューには、なぜか食べ物がのっていません。でも、頼んでみると、誰もが喜びます!声に出して読んでみるといろいろなものが変身することばあそび絵本です。言葉を声に出す楽しさと、その変化を楽しんでください。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 働き者ダーチャ  投稿日:2020/08/03
ショベルカーダーチャ
ショベルカーダーチャ 作・絵: 松本州平
出版社: 教育画劇
大きな町の工事現場で働く小さなショベルカー、ダーチャ。ここに来たばかりのダーチャは仕事を覚えられず、みんなから邪魔にされてしまいます。そして、居場所がないと感じたダーチャは、とうとう飛び出してしまいます。そして、動物たちの村に迎えられ、自分の本当の居場所とはどこなのかを考え気づかされます。必要とされること、その期待に応えること。ダーチャの存在意義は大きいのです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パンダ親子と女の子の楽しい日々  投稿日:2020/08/03
パンダコパンダ
パンダコパンダ 原案・脚本: 宮崎駿
演出: 高畑 勲

出版社: 徳間書店
小さなパンダの子パンちゃんとそのお父さんパンダは、動物園から脱走したというパンダ親子。元気いっぱいのミミ子との生活が始まります。泥棒がやってきたり、トラの子が迷い込んできたり、珍事件?が起きますが、パンダ親子とミミ子にとってはみんなステキなお客さま。町にサーカスがやってきた日には、町は水の中に沈んでしまいます。ミミ子たちによる動物救出作戦が始まります。最後まで目が離せません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 生き抜くための知恵比べ  投稿日:2020/08/03
三びきのやぎのがらがらどん
三びきのやぎのがらがらどん 作: (ノルウェーの昔話)
絵: マーシャ・ブラウン
訳: 瀬田 貞二

出版社: 福音館書店
谷をわたろうとする山羊の兄弟「がらがらどん」たちに襲いかかるトロル。3匹の兄弟山羊と魔物との知恵比べの結末は?山羊たちが魔物に喰われまいと、対決する姿に、動物たちの弱肉強食の世界で生き抜こうとする力を感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 善い行いはきっと誰かが見ている。  投稿日:2020/08/02
花さき山
花さき山 作: 斎藤 隆介
絵: 滝平 二郎

出版社: 岩崎書店
山菜を取りに行って、山ンばに出会ったあや。1つ優しいことをすると1つ美しい花がひとつ咲くという花さき山。きっと兄弟姉妹のいるお子さんの中には、子どもながらに様々な我慢をしたり、逆に兄弟を想って優しいことをしてくれたり。日々の善い行いは必ずどこかで誰かが見ていて、評価してくれているんだと伝えてくれているのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ボタンを押すのを我慢!と思ったら、次は連打させるとは!  投稿日:2020/07/31
ぜったいに おしちゃダメ?
ぜったいに おしちゃダメ? 作: ビル・コッター
出版社: サンクチュアリ出版
ルールは1つだけ。それはこの赤いボタンをおしちゃダメということ。ボタンについて考えることさえダメ。できるかな?でも…おしちゃったら、一体どうなるんだろう?おしちゃダメって言われると、押したくて押したくて仕方がない。もー、押したーい!!と気持ちがピークに達する頃、今度は読み手に連打させる。という、とにかく笑える愉快な絵本です。絵本を振ったり、ボタンを押したり、休む間もありません。笑
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パパと娘の向かう先には・・。  投稿日:2020/07/31
まほうのさんぽみち
まほうのさんぽみち 著: ロビン・ショー
訳: せな あいこ

出版社: 評論社
パパとふたり行く道は、楽しみではち切れんばかりの気持ちを抱えて急ぐ道。目的はすてきな場所で過ごすとびきりの時間。見るもの、聞くもの、感じるものが、そこへ行くための布石となって、女の子の気持ちのワクワクを高めていく。親子でここではないどこかへいっしょに行ける場所。イラストも素敵です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 思わずかぶりつきそうに。  投稿日:2020/07/31
あま〜いしろくま
あま〜いしろくま 作・絵: 柴田 ケイコ
出版社: PHP研究所
おやつが大好きな、くいしんぼうのしろくまは、「おやつのなかにはいってみたら、どんなかんじかな?」と想像してみることにしました。プリン、ホットケーキ、かきごおり…。どうなるかな?「私も!」と絵本にかぶりつく勢いでどっぷりはまりました。
参考になりました。 0人

1055件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<後編>

出版社おすすめ

  • 恐竜の迷路
    恐竜の迷路
     出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    シリーズ累計300万部突破! 「遊んで学べる」迷路シリーズ第17弾!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット