オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
ぼんぬさん 40代・ママ

売れっ子俳優オオイシさん!
大きな石のオオイシさんは、すもう部屋で…

ぼんぬさんの公開ページ

ぼんぬさんのプロフィール

ママ・40代・北海道、女の子3歳

ぼんぬさんの声

723件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 実りの秋に読むのがお勧めです。  投稿日:2019/11/14
モリくんのおいもカー
モリくんのおいもカー 作: かんべ あやこ
出版社: くもん出版
かわいいこうもりのモリくんと、おいもカーでドライブしよう! おいもカーは、走って・ゆでて・つぶして・焼いて、おやつに大変身! 実りの秋にぴったりな、モリくんの愉快なストーリーです。子どもはこの絵本ですっかりモリくんが大好きになったようです。困った子においもカーを切って分け与えるところがまるでアンパンマンみたいだと言って楽しんでいました。 以前読んだときはあまり興味を示さなかったのですが、3歳を過ぎてから読むととても反応が良かったです。
お話の長さもちょうど良い感じがしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 入園したら楽しそう!と期待に胸弾ませるようなお話  投稿日:2019/11/11
もくちゃんもこちゃんのはじめてのようちえん
もくちゃんもこちゃんのはじめてのようちえん 作: 神沢 利子
絵: 多田 ヒロシ

出版社: PHP研究所
今日から楽しい幼稚園。もぐらのもくちゃんはうれしくて落ち着いていられません。先生に呼ばれて大きな声でお返事したら、うさぎの女の子も「はい」とお返事。その子の名前は、もこちゃんでした。
もくちゃんともこちゃん名前が似ているので、聞き間違えて返事してしまい恥ずかしかったり、でも二人とも同じ間違いをしたことで、あぁ恥ずかしく思うことなかったんだ、さぁそんなこと忘れて一緒に遊ぼう!とお友達みんなで仲良く遊びます。

幼稚園入園を控えたお子さんにお薦めの絵本です。
絵本の内容的には細かく幼稚園の生活を書いているわけではないので、保育園でも幼稚園でも入園前の未就園児さんや今通っているお子さんも親しみの持てる楽しいお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ばばばあちゃんのアイデア最高です。  投稿日:2019/11/07
やまのぼり
やまのぼり 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
ばばばあちゃんのお話にハマった娘に読みました。
山登りに持っていく荷物が多いのは大変という事で、山自体を持ってくるというばばばあちゃんの発想が奇抜で面白いですね!
しかも山を持ってくることは出来ないからと思いついたアイデアがまた凄かった!実際にばばばあちゃんと遊ぶことが出来たら、どんなに楽しいだろう。そう思わせてくれる1冊です。
3歳の子に読み聞かせるボリュームとしてちょうどよいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 面白い!  投稿日:2019/11/07
どっちかな?
どっちかな? 作・絵: ママダミネコ
出版社: ひさかたチャイルド
りんごとアルマジロ。まるいのはどっち? りんごだと思う? 犬とかたつむり。速いのはどっち? 犬だと思う? ところがページをめくってみると…。意外な展開が楽しいあてっこ絵本です。簡単な問題だけでなく、間違いを誘う問題もあります。見方や状況によって答えが変わってくるので、とても面白かったです。
観察力や洞察力、考える力を養える絵本だと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 1度は読むべき絵本  投稿日:2019/11/06
ながぐつをはいたねこ
ながぐつをはいたねこ 文: 平田 昭吾
絵: 大野 豊

出版社: ポプラ社
ずっと昔、ある村に、貧しいこなひきと三人の息子たちが暮らしていました。
こなひきは病気で死んでしまい、末っ子の息子に残されたのは一匹の猫だけでした。しかし、実はこの猫が非常に賢く、ご主人様となったこの息子のために猫の持つ知恵と先回りした行動で、彼を王様へとのし上がらせるのです。

権力を持った王様にこの青年を認めさせ、民衆たちの支持を得、王にふさわしい財産と地位、そして美しいお姫様まで青年を好きにさせてしまう猫の行動力の凄さに驚かされました。
このお話のタイトルは知っていましたが、実際に読んだことはなかったのですが、素晴らしいお話でした。

いくつかこのお話の本がありましたが、3歳の子にはこのアニメ絵本が良いかなと思いこちらにしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ばばばあちゃんのアイデア光るアイス作り  投稿日:2019/11/06
ばばばあちゃんのアイスパーティー
ばばばあちゃんのアイスパーティー 作・絵: さとう わきこ
出版社: 福音館書店
ある夏の暑い日、ばばばあちゃんはアイスパーティーにみんなを誘いました。
ジュースやキャンデー、チョコ…好きなおかしを次々と水に入れて、氷にしていくのです。アイスを作る=食べられる物をアイスで固める物だと思っていたのですが、ばばばあちゃんのアイデアはそれだけにとどまりません。自由な発想がパーティーをより一層楽しく子どもたちが喜ぶものとなりました。
ぜひ夏に読みたい1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい このシリーズおススメです!  投稿日:2019/11/06
みにくいあひるの子
みにくいあひるの子 作: 平田 昭吾
絵: 井上 智

出版社: ポプラ社
みにくいあいるの子は見た目だけを理由に周りからだけでなく、兄弟たちにもいじめられ、追い出されるようにして一人で生きていく人生を送るのですが、成長した自分の姿が湖に映し出され、その美しさを知るのです。暗く悲しく孤独な子ども時代を過ごしたことがとても可哀想です。アニメ絵本とはいえ、ストーリーはしっかりと描かれているので、3歳の娘にはこちらの絵本のシリーズが合っていると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもの不安な心。お母さんとの絆。  投稿日:2019/11/05
おかあさん おかあさん おかあさん…
おかあさん おかあさん おかあさん… 作・絵: 大島 妙子
出版社: 佼成出版社
風邪をひいて寝ていると、どんどん不安になってくるもので、お母さんが薬を買いに出かけると、その時間がとても長く感じられるのでしょう。
子どもから見たお母さんは、おっちょこちょい、お料理がヘタ、おしゃべり、忘れんぼ。だから子どもなりにとっても心配なのです。もうこのまま帰ってこないのでは??大好きなお母さん、早く帰ってきて…。
そんなお母さん不在の間に不安な時間を過ごす子どもの心のうちを描いた絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ハロウィンに読みました。  投稿日:2019/11/05
おばけれっしゃ
おばけれっしゃ 作・絵: しのだ こうへい
出版社: ひさかたチャイルド
地獄のはずれの駅で列車を待っているのは、ぬのおばけとほねおばけ。退屈なオバケたちは、人間を驚かせに行こうと企んで、駅のホームで列車を待っていると・・・ゴトンゴトン、やってきたのは…。骨おばけがかじられそうになったり・・。豪華列車が来たかと思ったら、血が切符替わり。列車に乗るのも一苦労です。
ハロウィンにぴったりのおばけの絵本です。巻末には「おばけれっしゃのうた」の楽譜があり、うたに合わせた体遊びが出来るようになっています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こんもり頭のなかで起きる珍事件  投稿日:2019/11/05
こんもりくん
こんもりくん 作・絵: 山西 ゲンイチ
出版社: 偕成社
こんもりくんは、髪の毛を切るのが大嫌いな男の子です。だからもじゃもじゃの伸び放題です。いろいろと楽しいことができるこの頭を、こんもりくんはとても気に入っていますが不自由なことも沢山あるようです。ところがある日、転んで頭が下になってしまい、お話が展開していきます。頭の中で起きている出来事が、
転んだことにより始まっているお話であることが子どもにはあまり分かっていない様子でした。 その辺りが分かるようになったら、このお話も十分に楽しめるのではないかなと思います。それでも、こんもり頭の男の子の様子が面白かったようです。
参考になりました。 0人

723件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット