つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん
作: ジェニー・ジャコビー 絵: マイク・ラブ & ビアトリス・ブルー 訳: 田中薫子 監修: 平山廉  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
トリケラトプス、ティラノサウルスなど、5つのポップアップを自分で作る、ずかん絵本!

ぼんぬさんの公開ページ

ぼんぬさんのプロフィール

ママ・40代・北海道、女の子4歳

ぼんぬさんの声

1054件中 91 〜 100件目最初のページ 前の10件 8 9 10 11 12 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 幼児にちょうどよい分量の絵本です。  投稿日:2020/06/24
子どもとよむ日本の昔ばなし12 ねずみのすもう
子どもとよむ日本の昔ばなし12 ねずみのすもう 作: おざわ としお ふじい いづみ
絵: 藤本 四郎

出版社: くもん出版
自分の家のねずみがすもうで負けてばかりいると知ったおじいさんとおばあさんは、おもちと赤いふんどしを作ってあげました。おいしいおもちを食べたねずみはどんどん強くなります。貧しい家のやせ細ったねずみが、おじいさんおばあさんのおかげで、おいしいおもちを食べることが出来、長者どんのねずみに勝つのです。最後には2匹のねずみのために手作りのふんどしまで作ってくれるなんて優しいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 選びながら読み進めていく参加型の絵本です。  投稿日:2020/06/24
ねえ、どれがいい?
ねえ、どれがいい? 作: ジョン・バーニンガム
訳: 松川 真弓

出版社: 評論社
「ねえ、どれがいい?」と聞きながら、次々と出されてくるのはとんでもない選択ばかり。「どれも嫌だよ」と言いながら、あれこれ悩むのが楽しい。選ばないと次のページに進めない・・物語性はないけれど、ユニークな絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい りんごの木を通じて季節の移り変わりを感じる。  投稿日:2020/06/22
りんごのき
りんごのき 作: エドアルド・ペチシカ
絵: ヘレナ・ズマトリーコバー
訳: 内田 莉莎子

出版社: 福音館書店
りんごの木とそれを取り巻く季節の移り変わり、りんごを楽しみにしている男の子の一年が描かれています。かわいらしいイラストで広い庭に、りんごと梨とすももの木があり、まわりには森と麦畑が広がっていて海外の作品らしい雰囲気が感じられました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 双子って、兄弟っていいね!  投稿日:2020/06/22
ふたりはふたご
ふたりはふたご 作: 田島 征彦 田島 征三
絵: 田島 征彦 田島 征三

出版社: くもん出版
ゆきちゃんとせいちゃんは、同じ日に生まれて、同じ家に育った双子。ケンカもするけど、とっても仲良しな二人。何かを一緒にするって楽しいな、兄弟っていいなと思える1冊です。子どももとても楽しそうに読んでいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 夏に読みたい絵本  投稿日:2020/06/21
おばけのどろんどろんとぴかぴかおばけ
おばけのどろんどろんとぴかぴかおばけ 作・絵: わかやま けん
出版社: ポプラ社
おばけのどろんどろんと、ホタルのお話です。こうもりに見つからないように、どろんどろんがホタルを守ってあげるのですが、上手に隠せるでしょうか?夏の夜、外ではこんな事が繰り広げられていたりして〜って子どもと話すのも楽しいですね。どろんどろんという名前からか、怖がりな子も怖がることなく聞いていました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 一人読みが楽しいかも!イラストにもインパクトがあります。  投稿日:2020/06/16
講談社青い鳥文庫 大どろぼうブラブラ氏
 講談社青い鳥文庫 大どろぼうブラブラ氏 作: 角野 栄子
絵: 原 ゆたか

出版社: 講談社
原ゆたかさんがイラストを描かれているのに文章が角野栄子さんという意外な組み合わせで面白いなと思って読みました。思わずクスッと笑えるポイントが随所にあり、読み終わっても楽しくて余韻に浸れました。小学生ぐらいになったら、きっと子どももこの本の魅力にはまってくれることを期待しています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい アッチとねずみのやりとりが面白いです。  投稿日:2020/06/16
カレーライスはこわいぞ
カレーライスはこわいぞ 作: 角野 栄子
絵: 佐々木 洋子

出版社: ポプラ社
隣の屋根裏部屋に引っ越してきた、イタズラが大好きなねずみのふたご・チとキを怖がらせようと、辛い辛〜いカレーを食べて怖い顔のおばけを目指すアッチの必死感に思わず笑ってしまいます。その後の仲直りのシーンもかわいい。このシリーズが大のお気に入りの娘も、アッチとチとキのやりとりをとても楽しんでいます。
頑張って何度も何度も作ったアッチのカレーライス食べたいねって、子どもと話しています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ブドウの味はどうだったんだろう?  投稿日:2020/06/16
イソップえほん キツネとぶどう
イソップえほん キツネとぶどう 文: 蜂飼 耳
絵: さこ ももみ

出版社: 岩崎書店
おなかをすかせたキツネは、木の上にぶどうがぶらさがっていることに気づきました。ぴょんと飛び上がってぶどうをとろうとしましたが、届きません。どうにかしてぶどうを手に入れようと頑張るキツネですが…。太陽の光を浴びて光り輝くぶどうが美味しそうでした。だからこそ、採れたら良かったのになぁと思いましたが。
採れなかったブドウ、本当は甘かった?酸っぱかった?
オチはないけれど、こういう終わり方の本もあってもいいなと思いました。さこももみさんのイラストとは意外でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 探検隊になる!  投稿日:2020/06/15
たんたのたんけん
たんたのたんけん 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 学研
たんの・たんたが誕生日になぞの地図を見つけて冒険するお話です。薄暗いジャングルの場面では、ページ自体を灰色にするという表現にびっくりです。ヒョウの子との探検はワクワクしてきます。探検に必要な物を買いに行くところから、まるで自分もこれから探検に出掛けるような高揚感!
なかがわえりこさんと、やまわきゆりこさん姉妹の作品はほっこりします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 宇宙飛行士の仕事がわかる。  投稿日:2020/06/12
うちゅうひこうしに なりたいな
うちゅうひこうしに なりたいな 作: バイロン・バートン
訳: ふじた ちえ

出版社: ポプラ社
宇宙飛行士に興味を持ち始めた娘にこの絵本を選びました。スペースシャトルに乗って、宇宙めざして飛んでいくんだ。夢がつまった宇宙飛行士の一日を描いた、シンプルだけど明るい色彩で描かれた絵本です。宇宙という未知の世界で活躍する宇宙飛行士のお仕事がざっくりとわかります。
参考になりました。 0人

1054件中 91 〜 100件目最初のページ 前の10件 8 9 10 11 12 ... 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット