なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむしの試し読みができます!
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!

ぼんぬさんの公開ページ

ぼんぬさんのプロフィール

ママ・40代・北海道、女の子3歳

ぼんぬさんの声

578件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 子どもが大好きなお話  投稿日:2019/07/15
パンツ いっちょうめ
パンツ いっちょうめ 作: 苅田 澄子
絵: やぎ たみこ

出版社: 金の星社
「パンパンパンツ、パンツいっちょうー!」 パンツいっちょうで外に飛び出した、だいくん。どんどんどんどん走ったら…「パンツいっちょうめ」にきちゃった!?大事なパンツを奪われた時はどうなるやら・・と一度は心配になりましたが・・安心しました。登場する動物たち皆、パンツ一丁で笑っちゃいました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 診察を待つ間の気持ち。  投稿日:2019/07/14
ドアがあいて…
ドアがあいて… 作: エルンスト・ヤンドゥル
絵: ノルマン・ユンゲ
訳: 斉藤 洋

出版社: ほるぷ出版
ひっそりとした待合室。診察室からはうっすらと明かりがもれてくるだけ。おもちゃの病院で順番を待っているおもちゃたち。患者さんがひとりずつ減っていく。中の先生はどんな人なのかな…。ちょっとドキドキ、ちょっと心配。明かりのその先で何が起きてるのかな?診察室から出てきたおもちゃたちは、なんだかとっても嬉しそう!
病院嫌いな娘が、病院ってそんなに怖いところじゃないと思えるような絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい インパクトのある絵と色鮮やかな絵本  投稿日:2019/07/14
にじいろのはな
にじいろのはな 作・絵: マイケル・グレイニエツ
訳: ほその あやこ

出版社: ポプラ社
まだ雪が残る野原に、虹色の花が咲きました。虹色の花はやっとお日さまに会えて、うれしくてたまりません。この幸せな気持ちを、みんなに分けてあげたいなと思うのです。迫力のある力強いタッチと色の鮮やかさに、1ぺージ1ページとページをめくるたび、大人も子どもの目も奪われます。美しくも花は短い一生を終え枯れていき、土に帰り、また新たな生命が生まれる。植物というものについての大切な一面もしっかりと描かれています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本をトントンしてあげて。  投稿日:2019/07/14
まくらのせんにん そこのあなたの巻
まくらのせんにん そこのあなたの巻 作・絵: かがくい ひろし
出版社: 佼成出版社
次から次へと、なぞの穴にはまってしまう動物たち。「どうして、そんなことになっちゃうの?」と疑問がよぎります。そして、タイトルの「そこのあなたの巻ってどういう意味?」と。う〜む、こうなったら「そこのあなた」に頼むしか。あーそういう意味だったのか、、まくらのせんにんさまと、お供のしきぶとんの「しきさん」と、かけぶとんの「かけさん」が繰り広げるほのぼのしたお話です。途中、絵本を回転させてトントン叩くと??この設定がまた子どもが喜ぶのです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい このシリーズ大好きです。  投稿日:2019/07/12
ぽっぽこうくう
ぽっぽこうくう 作: もとやす けいじ
出版社: 佼成出版社
カエル親子は田舎で冬ごもりのため、空港へやってきました。ところが、ぽっぽ航空のハトが眠ってしまい、乗るはずだった飛行機が飛ばなくなって…。結果ファーストクラスで快適な空の旅。前作「つばめこうくう」が気に入った娘に「ぽっぽこうくう」も読み聞かせしました。今回も空港や飛行機が細かく描かれており、読み応えのある絵本です。今回は白い鳩の絵を探すのを楽しんでいました。見返しにもイラストがあります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい リズムが心地良い。  投稿日:2019/07/11
ぴっつんつん
ぴっつんつん 作: 武鹿 悦子
絵: もろ かおり

出版社: くもん出版
あめが、つんつん、ぴっつんつん。おいでよ、おいで。ぴっつんつん。赤、黄色、オレンジ、青…。色鮮やかな傘とレインコートの女の子たちが登場します。文章が耳に心地よく、リズム感が良いです。雨の日が楽しくなる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自分のことを好きでいられることが幸せ  投稿日:2019/07/11
わたしとなかよし
わたしとなかよし 作・絵: ナンシー・カールソン
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 瑞雲舎
お絵かきしているときも、自転車をこいでいるときも、本を読んでいるときも、わたしはいつも、わたしといっしょ。わたしは、わたしのことが好き。自分を大事にすることの大切さを教えてくれる絵本です。
ただの絵本ではなく、「自分」という存在について、ふと立ち止まって考えたくなる絵本です。 自分のことを好きでいられることが幸せなことなんだと感じさせられました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どうしてそんなにずぶ濡れになっちゃったの?  投稿日:2019/07/11
すてきなあまやどり
すてきなあまやどり 作・絵: バレリー・ゴルバチョフ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 徳間書店
ブタくんがずぶ濡れになった理由を説明しようとして、雨宿りしていた時のことを話すのですが、だんだんお話がエスカレートしていきます。次のページをめくる手がとまらなくなる楽しい絵本です。動物たちが沢山出てきます。最後にめくってびっくり、迫力の大判ページがあります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 1冊で2つのストーリーを楽しめる絵本  投稿日:2019/07/10
3びきのこぶたと4ひきめのこぶた
3びきのこぶたと4ひきめのこぶた 作・絵: きしら まゆこ
出版社: 教育画劇
1匹目のこぶたは、わらで家を建てました。それを見た4匹目のこぶたは、自分もわらで家を建てようとしますが…。そのまま読むと子どもの頃読んだ「3びきのこぶた」のお話、仕掛けを開いて読むと「新しいお話」が楽しめる作りになっていて、1冊で2つのストーリーを楽しめる絵本です。
子どもの頃、3びきのこぶたを読んでオオカミは怖い存在というイメージが焼き付いていたのですが、 この絵本の新しいお話を読むと最後はオオカミの怖さが若干和らぐように思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ウーちゃんは冒険好き  投稿日:2019/07/10
オラウーちゃん
オラウーちゃん 作・絵: 工藤 ノリコ
出版社: 文溪堂
オラウーちゃんはオランウータンの王子さま。今日は大事なパーティーなのに、ウーちゃんがいなくなってしまいました。さあ、ウーちゃんを守る7人のカエル、ケロケロセブンの出番です。ウーちゃんは意外なところにいました。いっしょにウーちゃんを探そう。
参考になりました。 0人

578件中 21 〜 30件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット