しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

ぼんぬさんの公開ページ

ぼんぬさんのプロフィール

ママ・40代・北海道、女の子2歳

ぼんぬさんの声

450件中 381 〜 390件目最初のページ 前の10件 37 38 39 40 41 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 思わずぎゅっぎゅっしたくなります。  投稿日:2018/09/13
だいすき ぎゅっ ぎゅっ
だいすき ぎゅっ ぎゅっ 文: フィリス・ゲイシャイトー ミム・グリーン
絵: デイヴィッド・ウォーカー
訳: 福本 友美子

出版社: 岩崎書店
1歳の時、2歳になってからと読みました。「だいすきぎゅっぎゅっ」とハグするシーンがたくさん!夜のお散歩に出かけるページでは、毎回「え?こんな時間から出かけるの?」と、思わず言ってしまいそうですが、子どもはそこは疑問に思っていない様子。描かれている時計が歪んでいて、子どもは時間を読み間違ってしまうのですが、それ以外はお話の内容が良いですし、親子のコミュニケーションになる良い絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい このシリーズの中でも特にお気に入りの1冊です。  投稿日:2018/09/13
ありこちゃんのおてつだい
ありこちゃんのおてつだい 作: 高家 博成 仲川 道子
出版社: 童心社
お話の内容はまだ理解できていませんが、ありの巣が見られたり、蟻地獄が出てきたりと、絵本を楽しみながら、とってもお勉強になります。
このシリーズはいろんな動物を主人公にしていますが、クワガタやバッタ、トンボなど限られた時期にしか見られない動物より身近だからなのか、特に気に入っています。
どの本でもそうですが、1度は必ずピンチがやって来ます。親子でヒヤヒヤドキドキしながら、読んでます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カエルがかわいらしいです。  投稿日:2018/09/13
10ぴきのかえるのあきまつり
10ぴきのかえるのあきまつり 作: 間所 ひさこ
絵: 仲川 道子

出版社: PHP研究所
間所 ひさこさんの絵本が可愛いので、秋を前にこちらも読んでみることにしました。字が多いので、2歳4か月の子にはまだ少し早かったようです。3歳ぐらいになってからまた読もうと思います。
カエルがたくさん出てきて、嬉しそうでした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵付きだと一層歌を楽しめる。  投稿日:2018/09/13
あんたがた どこさ ―おかあさんと子どものあそびうた―
あんたがた どこさ ―おかあさんと子どものあそびうた― 絵: ましま せつこ
出版社: こぐま社
子どもが保育園で教えてもらって家で歌ったり、私が子供の頃歌っていた歌だlったり、まったく知らない歌があったり、いろいろですが、わらべうたをたくさん歌い聞かせたいと思い、購入しました。このこの絵本を開くと、歌うことが楽しくて、次から次へと歌いたくなります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい このシリーズがお気に入り  投稿日:2018/09/09
おふろのくまちゃん
おふろのくまちゃん 文: シャーリー・パレントー
絵: デイヴィッド・ウォーカー
訳: 福本 友美子

出版社: 岩崎書店
このシリーズ、「おすわりくまちゃん」を初めて読んで、身を乗り出すほどののめり込みようです。くまちゃんの中でも特に水色のぽちぽちくまちゃんが子どものお気に入りです。 絵のタッチがやさしく、おやすみくまちゃん等の他のシリーズも読もうと思います。
この本には簡単な数字(数え方)にも触れられるページがあるので、小さい子にもオススメです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 丸々太ったブタが一生懸命パンツを履く姿が可愛らしい。  投稿日:2018/09/09
パンツのはきかた
パンツのはきかた 作: 岸田 今日子
絵: 佐野 洋子

出版社: 福音館書店
何気ないパンツの覇き方を絵本にしたもの。着替えを自分でしたい年頃なので、この本に共感しているのでしょうか。文字は読めなくても、自分でページをめくりながら、嬉しそうに「足入れて〜♪」など良いながら、嬉しそうに本を見ています。ほんの最後には楽譜が載っていますが、普通に文章として読みました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かずのお勉強に。。。  投稿日:2018/09/09
くろくまくん 1・2・3
くろくまくん 1・2・3 作・絵: たかい よしかず
出版社: くもん出版
動物が1匹ずつ増えていく様子を数字で表していますが、1匹とか2人とか、数字の後に付けずにただ1,2,3・・と増えることで数字の概念に集中できるというか、無意識のうちに数字と数の関係が学べるような本になっています。そういうところは他の数字に触れる絵本と異なり、新鮮に感じました。さすがくもんだなぁと。くもんの数字カードをキャラクターでより楽しくしたような感じの学べる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小さい子でも持ちやすく、ぐりとぐらが可愛い。  投稿日:2018/09/09
ぐりとぐらの1・2・3
ぐりとぐらの1・2・3 作: なかがわ りえこ
絵: やまわき ゆりこ

出版社: 福音館書店
小さいサイズなので、小さい子でも自分で持ち運びしやすく、さっと広げて楽しんで見ています。10のところでトマトのおじさんが出てくるところがお気に入り。「ぐりとぐらのあいうえお」と同じぐらい気に入っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 1,2歳の子にぴったり  投稿日:2018/09/09
ぐりとぐらのあいうえお
ぐりとぐらのあいうえお 作: 中川 李枝子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
小さいサイズなので、小さい子でも自分で持ち運びしやすく、さっと広げて楽しんで見ています。あいうえおを覚えるための本というよりは、絵(本)を楽しむといった感じで読み聞かせしています。今の2歳という年齢ではお勉強とい感じがしない、これぐらいがちょうど良いかなと思います。
「ん?」という最後のページが気になるようで、一緒になって「ん???」と言ってます。同じシリーズの「ぐりとぐらの1・2・3」と同じぐらい気に入っています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぱおちゃん滑り台をなんとか滑ろうとする無理矢理感がすごい!  投稿日:2018/09/09
パオちゃんのすべりだい
パオちゃんのすべりだい 作・絵: 仲川 道子
出版社: PHP研究所
ぞうさんのパンツがぬげちゃったことはなかなか気づいてくれなかったですが、ペンギンさんが池にポチャ〜ンと落ちてしまったシーンではクスッと笑っていました。パオちゃんシリーズはどれもお気に入りです。動物たちの仲の良さにいつも癒やされてます。
参考になりました。 0人

450件中 381 〜 390件目最初のページ 前の10件 37 38 39 40 41 ... 次の10件 最後のページ

幼児期から英語を始めたい方へ、ネイティブスピーカーによるCD付

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット