オオイシさん オオイシさん オオイシさんの試し読みができます!
作: 北村 直子  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪
クッチーナママさん 40代・ママ

映画デビュー
インパクトのある表紙の絵に惹かれて手に…

ぼんぬさんの公開ページ

ぼんぬさんのプロフィール

ママ・40代・北海道、女の子4歳

ぼんぬさんの声

978件中 401 〜 410件目最初のページ 前の10件 39 40 41 42 43 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 定番昔ばなしの第1冊目に読みました。  投稿日:2019/07/22
ももたろう
ももたろう 文: 平田 昭吾
絵: 大野 豊

出版社: ポプラ社
手元に置いていつでも名作本を読める環境を作りたくて、ポプラ社の名作シリーズを購入しました。ももたろうはシリーズの1冊目にもなっています。鬼ヶ島へ向かう桃太郎と一緒に鬼退治に行く動物たちとの会話のやりとりが、小さい子でも分かりやすい簡易な文章で繰り返されているので、1,2歳の子からでもストーリー性のあるお話を楽しめるようになっています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 2、3歳ぐらいの子にピッタリ。  投稿日:2019/07/22
三びきのこぶた
三びきのこぶた 文: 平田 昭吾
絵: 成田 マキホ

出版社: ポプラ社
子どもには世界の名作には一通り触れておいてほしかったので、世界名作ファンタジーをシリーズで購入しました。

3人の子ブタたちがそれぞれ個性は違えども、みんな仲良しで協力し合うことがきちんと書かれており、これは幼稚園や小学校、あるいは兄弟のいる家庭において、他者を認め受け入れ協調する大切さと共通する部分かもしれないと思いました。
オオカミが怖過ぎないので、小さい子が怖がって絵本を見てくれないということがなくて良かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 世界名作シリーズに触れてみて思うこと。  投稿日:2019/07/22
にんぎょひめ
にんぎょひめ 作: 平田 昭吾
絵: 高橋 信也
訳: 大野 豊

出版社: ポプラ社
子どもには世界の名作には一通り触れておいてほしかったので、世界名作ファンタジーをシリーズで購入しました。

にんぎょひめの恋が叶わぬとも相手を想う深い愛情に触れたり、人の感情を理解する上で、悲しい結末を知ることもまた勉強だと思います。
ハッピーエンドで終わるお話が多く、悲しい結末で終わるお話は初めてだったのではないかと思うのですが、それでも何か子どもなりに考えたり感じ取るものがあれば良いなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 短冊に込められた思いが届きますように・・。  投稿日:2019/07/19
たなばたまつり
たなばたまつり 作・絵: 松成 真理子
出版社: 講談社
町の広場に七夕祭の笹が置かれました。町のみんなが短冊に願いを書いて、笹に飾っていきます。そして七夕の夜、短冊に書かれた願いの言葉たちは、夜の空に上っていって…。心あたたまる七夕の絵本です。言葉には魂が宿っていると言われる「言霊」がきっとある。言葉の力を信じている私にとって、とても共感できる内容でした。そして、みんなの願いが天に届きますようにと心の中でそっと祈りました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 想像することが楽しくなる絵本  投稿日:2019/07/19
ぼくのニセモノをつくるには
ぼくのニセモノをつくるには 作: ヨシタケシンスケ
出版社: ブロンズ新社
ある日主人公の少年は自分の代わりに嫌なことや面倒なことを代わりにやってもらおうと思い立ち、ロボットを買います。そのロボットは真っ白な状態。まずは僕という人間の特徴や情報をインプットしなくてはなりません。だから自分について教え始めたぼくは…。
自分を知るって面倒だけど、おもしろい!大人なら「そうそう、そんなこと自分も考えたことある!」と共感する部分があったりする。頭の中で想像していたものがイラストとなって、次々と絵本の中に散らばめられていて、笑えます。子どもにとってはすべてが現実にはあり得ない姿、機械の一部になった僕とか・・。想像力を掻き立てられます。ヨシタケシンスケさんの発想絵本はとっても楽しいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵の具で描こう!  投稿日:2019/07/18
まほうのえのぐ
まほうのえのぐ 作・絵: 林 明子
出版社: 福音館書店
林明子さんの絵本はどれも優しいイラストとその年齢の子どもの心に寄り添った心温まるストーリーで親子で大好きです。そして今回読んだ作品でも、お兄ちゃんは絵の具を散らかされるのは嫌で渋々貸してくれたのだけれど、主人公のよしみちゃんの「私も描いてみたい」を形にしたらとても素敵な作品が出来ました。
本当にタイトルどおりの「まほうのえのぐ」だ!と思いました。
森の中の動物たちと楽しくお絵描きするよしみちゃん、娘は動物たちの描く小さく可愛いイラストを食い入るように見て、この絵本を楽しみました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 分かりやすい。改善すべき点が出てきました。  投稿日:2019/07/17
今日から使える読み聞かせテクニック 【CD付き】
今日から使える読み聞かせテクニック 【CD付き】 著: 景山 聖子
出版社: ヤマハミュージックメディア
今の自分の絵本の読み聞かせの仕方で良いのかな?同じ読むにしても、正しく子どもが喜びかつ読み聞かせの良い効果をもたらす読み方をしたいと思うようになり、この本を手に取りました。
読み聞かせの効能と効果、必要な準備と心構え、8つの読み聞かせテクニックも載っています。読み聞かせに関するお悩みの実例、効能・シーン別にまとめられた読み聞かせ絵本一覧もあり、内容十分です。また読み聞かせテクニックなどが収められたCDが付いていて、大変分かりやすいです。早速こちらのテクニックを使った効果的な読み聞かせを意識してみようと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 数字を体で表してみよう。  投稿日:2019/07/17
パンダ かぞえたいそう
パンダ かぞえたいそう 作: いりやま さとし
出版社: 講談社
1は、いちごのたいそう。2は、にわとりのたいそう。3は、サンタのたいそう…と、1から10まで順番に、パンダがからだを動かしながら、いろんなものになりきります。子どもが大好きな「パンダたいそう」の絵本です。
このシリーズの中でも、こちらはお勉強の要素が含まれており、「かず」を同時に学べる絵本です。とはいえ、決して堅苦しくなく
体を動かして数字を体で表現するという発想が遊び感覚で
楽しく数字にも触れられます。
頭と体を同時に動かすというのも良いですね。絵が1つずつ増えていくので、「かず」に初めて触れるお子さんにもお勧めです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 節分の時期にお勧めの絵本  投稿日:2019/07/16
ねこまるせんせいとせつぶん
ねこまるせんせいとせつぶん 作: 押川 理佐
絵: 渡辺 有一

出版社: 世界文化社
ねこまる先生は、町外れのこども園「こざかなえん」の見習いの先生です。なんと本物のトラ猫なのです。今年の節分は、ねこまる先生が鬼の役になって、子どもたちの豆攻撃から逃げ回ります。鬼のお面の下は・・・ねこまる先生の正体が鬼たちにばれた時の緊迫感!ドキドキしながら読みました!豆をまいて、冬を追い払い春がやってくるという季節感が伝わる設定もまた素敵でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 学ぶことが好き。の気持ちが大事。  投稿日:2019/07/16
わたしおべんきょうするの
わたしおべんきょうするの 作: 角野 栄子
絵: 吉田 尚令

出版社: 文溪堂
クリちゃんが「おべんきょうするの」と言い、犬のムムや、ぬいぐるみのブタコさんといっしょに、楽しい学校が始まります。クリちゃんのお勉強は、ちょっとヘンテコで、とってもおもしろい!子どもって本来学ぶこと、知ることが大好き。子どもの中に潜在的にある「やってみたい!」という探求心がこの絵本に表れているように思います。クリちゃんが書いた「お」という字が鏡文字になっているところが可愛らしいです。今の自分に出来る一所懸命さが出ていました。
参考になりました。 0人

978件中 401 〜 410件目最初のページ 前の10件 39 40 41 42 43 ... 次の10件 最後のページ

西日本新聞社オススメの児童書8冊でレビューコンテスト開催!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット