100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット 100にんのサンタクロース 絵本+クレパス12色セット
作: 谷口 智則  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
絵本「100にんのサンタクロース」とクレパスのスペシャルセット!

ぼんぬさんの公開ページ

ぼんぬさんのプロフィール

ママ・40代・北海道、女の子3歳

ぼんぬさんの声

717件中 411 〜 420件目最初のページ 前の10件 40 41 42 43 44 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 仕掛絵本。飛んで行った洗濯物を探すのが楽しいです。  投稿日:2019/03/05
そよかぜさん
そよかぜさん 作・絵: たちもと みちこ
出版社: 教育画劇
こぶたちゃんが洗濯物を干していると、そよそよさわさわ、ひゅるるるるる〜ん。こぶたちゃんのブラウス、どこに飛んで行ったかな?ページが広がる、とってもかわいいしかけ絵本です。絵本を開く楽しみや探す楽しみが詰まっています。 またイラストも可愛いです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 読み手の力量次第  投稿日:2019/03/04
へんしんトンネル
へんしんトンネル 作・絵: あきやま ただし
出版社: 金の星社
「へんしんトンネル」という不思議なトンネルに入ると、何でも変身してしまいます。カッパが「かぱかぱ」と言いながら入ると、ぱかぱかと馬になって出てきたり、言葉遊びの絵本です。読み手がテンション高めに読んで盛り上げて頑張って読めば、クスッと笑う程度でしたので、2歳の子どもにはまだ難しかったかなと思います。
もう少し大きくなって読んだら、また違った反応が見られるかなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お友だちとの関わりに触れる。  投稿日:2019/03/04
クッキー くろくま
クッキー くろくま 作・絵: たかい よしかず
出版社: くもん出版
甘いにおいに誘われて、くろくまくんがドアをノックすると、ピンク色のくまのこが出てきて…。「ぴんくまちゃん」という新しいお友だちに教えてもらいながら、くろくまくんはおっかなびっくり、クッキーを作ります。 おままごと遊びが好きなお子さんにおススメです。一人遊びから友だちと関わる機会が多くなってくるにつれ、友達との関わり方、声のかけ方などこの絵本を通じて触れることも出来ます。これから幼稚園に入園するお子さんや既に保育園や幼稚園に通われているお子さんにもお薦めの1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもに分かりやすく友達との関わり方を教えてくれる本  投稿日:2019/03/04
こんなときってなんていう? ともだちできたよ
こんなときってなんていう? ともだちできたよ 作: たかてら かよ
絵: さこ ももみ

出版社: ひかりのくに
はじめて会ったお友だち。ママがお手本、わたしもつづけ。こんなときってなんていう?おもちゃを見せてあげるときは?自分の思っていることや気持ちの伝え方を、わかりやすく教えてくれる絵本です。 これから友達との関わりが増えていくので、どんなトラブルがあるのか、またそのトラブルをどう解決するのかを、子ども目線でわかりやすく教えてくれます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小さい子にも昔話に触れられる丁度良いレベル  投稿日:2019/03/04
子どもとよむ日本の昔ばなし1 かさじぞう
子どもとよむ日本の昔ばなし1 かさじぞう 作: おざわ としお むらた みちこ
絵: しのざきみつお

出版社: くもん出版
わたしたちの祖先が何世代にも渡り語り継いできた昔ばなし。昔ばなし本来の「語り口」を生かした「かさじぞう」、お話も長くなく、2歳の子どもでも途中飽きずにじっと聞き入っていました。子どもがひとり読み出来るようになったら、同じお話でも自分好みのイラストの絵本を選ぶようになるだろうから、今は「昔ながらの」このシリーズに触れさせてみようと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 実は名医と名看護師さん?  投稿日:2019/03/04
さるのせんせいとへびのかんごふさん
さるのせんせいとへびのかんごふさん 作: 穂高 順也
絵: 荒井 良二

出版社: ビリケン出版
どうぶつ村のお医者さんは、とてもやさしいサルの先生。先生のパートナーは、注射器や胃カメラなど、何にでも変身できるへびの看護婦さん。ある日、鼻づまりのぞうが現れ、先生に診てもらいますが・・・。ずいぶんと荒治療だなぁーと思いつつ、次々サルと看護婦さんのナイスコンビで治していくからスゴイです。
看護師さんという言葉に今は変わっているので、そこは読み替えて読み進めました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 長く使えそう!  投稿日:2019/03/04
プータンいまなんじ?
プータンいまなんじ? 絵: ならさか ともこ
文: わだ よしおみ

出版社: JULA出版局
時計の針が丈夫なので、そう簡単には壊されそうにないので安心して子供に触らせられます。また、長針を動かせば短針も動くため、時計のお勉強にしっかり使えます。時計絵本によっては、何時に何をするという風に決まっているので我が家のスケジュールどおりでない時間について、教える際に限界を感じていました。そんな時、この絵本に出会いました。おかげで最初は時計をぐるぐる子どもに触らせ、次に絵本の時間のとおりに合わせて、それで時間の概念をなんとなく理解できたら、子ども自身の生活リズムに合わせて時間を教えることもできるので、この絵本では様々なパターンに触れて長く使えると思います。
またキャラクターのブータンが可愛いので子どもも楽しく絵本を見ています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい はじめてのおつかい  投稿日:2019/03/04
こぶたのぽんくん
こぶたのぽんくん 文: ますだ ゆうこ
絵: 西村 敏雄

出版社: そうえん社
こぶたのぽんくんは、とっても怖がり。ある日、初めてひとりでおつかいに行くことに。ちゃんとお買い物ができるかな?想像していたより、初めてのおつかいなのに大きなトラブルもなく、ぽんくんはこなしてました。「こぶたのぽんくん」歌の楽譜が付いています。「ケロポンズ」のケロちゃんシリーズです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どもとカードで一緒に歌うのが楽しい。  投稿日:2019/03/01
CD付き英語のうたカード(新装版)
CD付き英語のうたカード(新装版) 出版社: くもん出版
車の中でCDを聴き、自宅ではカードで歌い聞かせができ、英語の歌を通じて、親子で楽しく英語に触れられます。はっきりした綺麗な発音と聞き取りやすいスピードなのが良いです。子どもが好きなうたカードを持ってきて、「歌って〜!」とリクエスト。子どもの選ぶカードで好みの曲がよく分かります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい カバに会いたくなる。  投稿日:2019/02/27
かばくん
かばくん 作: 岸田 衿子
絵: 中谷 千代子

出版社: 福音館書店
日曜日、かばくんのもとに子供たちがやってきます。男の子に連れられて、かめくんもやってきました。かばくんの一日を簡潔に、リズミカルなことばで描かれた絵本です。この絵本を読むと、カバを見に動物園に行きたくなります。英語版も出ているので、合わせて読むとより楽しいです。
参考になりました。 0人

717件中 411 〜 420件目最初のページ 前の10件 40 41 42 43 44 ... 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット