虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
りおらんらんさん 40代・ママ

表情がみえる
虫の写真絵本です。 虫って表情がみえ…

ぼんぬさんの公開ページ

ぼんぬさんのプロフィール

ママ・40代・北海道、女の子3歳

ぼんぬさんの声

864件中 421 〜 430件目最初のページ 前の10件 41 42 43 44 45 ... 次の10件 最後のページ
ふつうだと思う 子どもの興味は引くけれど・・・  投稿日:2019/05/21
マークのずかん
マークのずかん 編: 鈴木出版企画室
出版社: 鈴木出版
道路標識、案内標示、環境を守るマークなどのマークがテーマ別に分類され掲載されています。安全・マナー・思いやり・環境などのマークから、子どもたちの社会へ関心が向くといいと思います。マークが大きく載っているので、小さな子の興味を引くのですが、実際に町の風景のページにそれらすべての標識が登場するわけではないので、せっかく標識を探そうと楽しんでいる娘に「これは載っていないね。」と言わざるを得ず、残念でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 初めて知った乗り物がたくさん登場  投稿日:2019/05/21
おでかけ おでかけ
おでかけ おでかけ 文: フィリス・ゲイシャイトー
絵: デイヴィッド・ウォーカー
訳: 福本 友美子

出版社: 岩崎書店
うさぎの親子は、とっても仲良し。おじいちゃんとおばあちゃんのおうちにおでかけです。乗り物は何かな?バス?それとも飛行機?ママが運転する車で、さあ、いよいよ出発です!
いろんな乗り物が登場してくるので、この絵本を通じて今まで知らなかった気球やキックスケーターなどの珍しいのりものの存在を知った娘はこの絵本を目を輝かせながら見ています。大好きなおじいちゃんとおばあちゃんと過ごすうさぎの子のはしゃぎっぷりも可愛いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 写真もきれい。手元に置いておきたい1冊  投稿日:2019/05/20
ひなにんぎょうができるまで
ひなにんぎょうができるまで 写真: 田村 孝介
監修: 人形の東玉

出版社: ひさかたチャイルド
美しいひな人形は、誰がどんな風に作っているの? 製作の様子を写真で見ながら辿っていきます。一つひとつの人形や道具類についても解説がされています。たくさんの情報がこの1冊に詰まっているので、日本文化への正しい理解と興味が生まれてくる絵本です。上に広げる七段飾りのワイドなページがあり、お雛様を飾っていない時でも、存分に楽しませてもらっています。この絵本は手元に置いておきたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お誕生日って素敵な日  投稿日:2019/05/20
ルラルさんのえほん(6) ルラルさんのたんじょうび
ルラルさんのえほん(6) ルラルさんのたんじょうび 作: いとう ひろし
出版社: ポプラ社
ルラルさんがケーキを焼いています。今日は、ルラルさんの誕生日。甘い香りに誘われて、庭の動物たちがやってきて、みんなで仲良くケーキを食べました。でも、なぜかルラルさんだけがケーキを食べなくて…。その理由がジーンときます。いつかわが子も成長し、お誕生日という特別な日について考え、お誕生日を迎えられること、お誕生日を知っていることが幸せなのだということを知ってほしいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい このシリーズはどれもお勧め!  投稿日:2019/05/20
ざっくん!ショベルカー
ざっくん!ショベルカー 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
大、中、小の3台のショベルカーを毎日乗り換えて仕事をするお兄さん。公園に木を植えたり、街で水道工事をしたり、山の崖崩れを防ぐ工事をしたりと、ショベルカーの活躍する場面は様々です。作業の様子が細かく鮮明に描かれているので、普段なかなかじっくりショベルカーが使われている工事現場で観察できなくても、絵本の中で好きなだけ見ていられるので、子どもも気に入っています。竹下文子さんの働く車のシリーズ本が魅力的なのは、描写が細かく丁寧なだけでなく、これまで描かれた働く車たちが随所に登場するところで、シリーズで楽しめます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 働く車のそれぞれの役割  投稿日:2019/05/20
みんなで!どうろこうじ
みんなで!どうろこうじ 作: 竹下 文子
絵: 鈴木 まもる

出版社: 偕成社
パン屋さんの前の道は、道路が古くてへこんだりひび割れたりしています。危ないので、道路を直す工事をすることになりました。パワーショベル、ダンプカー、マカダムローラー、タイヤローラー…。みんなで道路工事です。 竹下文子さんの「ざっくん!ショベルカー 」と合わせて読みました。それぞれの働く車の役割がよくわかります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 忍者ごっこを始めたくなります。  投稿日:2019/05/20
わんぱくだんのにんじゃごっこ
わんぱくだんのにんじゃごっこ 作: ゆきの ゆみこ 上野 与志
絵: 末崎 茂樹

出版社: ひさかたチャイルド
にんじゃのまねをしていて、がけから転がり落ちたわんぱくだんの3人。気がつくと、昔のおさむらいの時代にやってきていました。お城に閉じ込められたさくらひめを助け出そうと、3人はにんじゃ行動を開始しますが…。 忍者ごっこを楽しむアイテムを身近なものでアレンジして作る方法を知ることができます。これらがあれば忍者ごっこがますます楽しくなりそうです。
空想の世界と現実の世界があることをこの絵本を通じて知れるところもこの絵本の素晴らしいところです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 図鑑への入り口に  投稿日:2019/05/20
どうなってるの こうなってるの
どうなってるの こうなってるの 作・絵: 鈴木 まもる
出版社: 金の星社
図鑑を読んだことがない小さいお子さんへの図鑑への入り口に良い本です。
それぞれの断面図が見えるようになっており、馴染みの食べ物もあれば内部構造が難しそうな機械や車なども載っています。年齢が上がれば徐々に理解出来るものが増えていきそうです。ただこれを一通り理解できれば、より詳しく説明された図鑑であったり、絵本へとシフトして行き子どもの探求心を広げられるようにしてあげたほうが良いかなと思います。こちらの絵本は物の内部を広く浅く知れる図鑑というものへの入り口かと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい これ1冊で深く学べます。  投稿日:2019/05/20
どうなってるの? きかいのなか
どうなってるの? きかいのなか 文: コンラッド・メイスン
絵: コリン・キング
訳: 福本 友美子
監修: 稲見辰夫(元全国工業高等学校長協会理事長)

出版社: ひさかたチャイルド
大きな船がどうして水にうかぶの? 飛行機はどうして空を飛べるの? 機械のなかの仕組みを、95のしかけとともに紹介されています。機械のイラストをめくると、解説と新しいイラストがでてくるしかけで、内部の働きがよくわかるようになっています。幼児から小学生まで長く楽しめると思います。素朴なこれってどうなってるの?に答えてくれる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「しぜんにタッチ」シリーズ面白い!  投稿日:2019/05/20
おすしのさかな
おすしのさかな 監修: 川澄 健(東京すしアカデミー) サンシャイン国際水族館
写真: 古島 万理子 ほか

出版社: ひさかたチャイルド
お皿の上のまぐろも、もとは3mもある巨大な魚。広い海を元気に泳いでいました。群れで移動する魚たちや巨大な魚の大迫力写真も素晴らしいです。色々な魚介類がお寿司になるまでを写真で紹介されています。楽しく知るうちに、食べ物や命への感謝が生まれてくると良いなと思います。このシリーズはどれも面白く、図鑑的要素が主ですが、読み聞かせしやすいよう、説明文も工夫されています。子供の今の興味に合わせて、シリーズで読んでいきたいです。
参考になりました。 0人

864件中 421 〜 430件目最初のページ 前の10件 41 42 43 44 45 ... 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その10 最終回

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット