宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぼんぬさんの公開ページ

ぼんぬさんのプロフィール

ママ・40代・北海道、女の子3歳

ぼんぬさんの声

681件中 431 〜 440件目最初のページ 前の10件 42 43 44 45 46 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 初めてのあいうえお本ならこの1冊!  投稿日:2019/02/20
あいうえおのえほん
あいうえおのえほん 作: よこた きよし
絵: いもと ようこ

出版社: 金の星社
「あ」から「ん」までのひらがなが子どもに見やすいようにページいっぱいに大きく書かれているだけでなく、「ありがとう」や「ごめんなさい」という幼児期に大切な心を育むことばも紹介されているのが素晴らしいです。文字を覚えるだけではなく、心もいっしょに成長できる絵本です。 いもとようこさんの作品が好きなお子さんにおススメしたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 仕掛絵本でなくても楽しい内容  投稿日:2019/02/20
おはなしえほん ペネロペ ゆきあそびをする
おはなしえほん ペネロペ ゆきあそびをする 文: アン・グットマン
絵: ゲオルグ・ハレンスレーベン
訳: ひがし かずこ

出版社: 岩崎書店
今日はお山でゆきあそび。雪だるまをつくったり、雪合戦したりするよ。そりすべりをしていたら、そりから落ちてしまって・・・。子どもはペネロペの雪遊びの手袋をペネロペと一緒に探してみたり、雪だるまに感動していました。小さい子向けかなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぴあのうさぎと一緒に音とことばを楽しんで♪  投稿日:2019/02/19
ぴあのうさぎ
ぴあのうさぎ 作・絵: あきやま ただし
出版社: 金の星社
この絵本の翌年に出版され「ぴあのうさぎとみみおばけ」を先に読み、子どもが大好きになったので、こちらの絵本を読みました。前述の本より、ぴあのうさぎちゃん自身が楽しむ日々の様子が描かれています。今日はお空がきれい。「そ〜ら〜そ〜ら〜」と歌ってみましょう!だなんて、思わずポータブルのピアノを持って、お出かけしたくなります。「ドレミ」がそのまま歌の歌詞になる、読んで歌える、ことば遊びが出来るユーモア絵本です。音階を示したピアノの鍵盤のイラストが付いているのも良いと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 続編を追っていくたび、主人公のさるのキャラクターが確立。  投稿日:2019/02/19
さる・るるる・る
さる・るるる・る 作: 五味 太郎
出版社: 絵本館
さるがのんびりラジオを聴いていると、そこへ2ひきのこざるがやってきた。さるがあわてて家の外に飛び出すと、こざるたちも追いかけてきて…。「る」で終わる動詞だけで展開される「さる・るるる」の続々編で、シリーズの他の本同様、存分に五味太郎さんの世界を味わうことが出来ました。そして子どもも大人もテンポよく読めてストーリーもあるこの絵本が大好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 冬を楽しむ1冊になりました。  投稿日:2019/02/19
このゆきだるまだーれ?
このゆきだるまだーれ? 作: 岸田 衿子
絵: 山脇 百合子

出版社: 福音館書店
雪が降ったので、もみちゃんは森の動物たちとそりすべり。でも、山の上からすべりおりる途中、動物たちは、そりから転げ落ちてしまいます。やっとそりが止まったら、そこには変な雪だるまたちが…。動物たちが転げ落ちるたび、「あっ!」「あっ!」と心配する我が娘でした。子どもたちの冬の外遊びの一場面を見ているような気になりました。イラストも可愛いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ももたろうならこの本!  投稿日:2019/02/19
ももたろう
ももたろう 作: 松居 直
絵: 赤羽 末吉

出版社: 福音館書店
色んなももたろうの絵本がありますが、アニメ風なものより、オリジナルに近いこの絵本に惹かれて読み聞かせしました。「つんぶく、かんぶく」「こっちゃこい」といった昔のことば表現を知ることができます。そして、挿絵も古典的で最近ではなかなかこのような絵本に出会える機会もないので、とても新鮮な気持ちになりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい バーバパパのおかげでみんなハッピー♪  投稿日:2019/02/19
おばけのバーバパパ
おばけのバーバパパ 作: アネット・チゾン タラス・テイラー
絵: アネット・チゾン タラス・テイラー
訳: 山下 明生

出版社: 偕成社
厄介者扱いされて追い出されたバーバパパが、人助けをかって出て一躍街の人気者になり、元のご主人様のところへ戻るお話ですが、手のひらを返したようにWelcomeなご主人にはなんだかなぁと思いましたが、みんながハッピーになれたこと、そして何よりバーバパパ自身が幸せになれたことが嬉しいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 絵本としてのストーリーと日本の文化に楽しく触れる大満足な内容  投稿日:2019/02/18
ひなまつりルンルンおんなのこの日!
ひなまつりルンルンおんなのこの日! 作: ますだ ゆうこ
絵: たちもと みちこ

出版社: 文溪堂
ひなまつりの日にゆずちゃんの家に飾られたおひなさまたち。ゆずちゃんがおでかけしてしまうと、おひなさまは家を飛び出し、大冒険をはじめて…。お転婆なおひなさまのお話や、ひなまつりの由来や料理のレシピ、紙コップを使ったお雛様作りなど掲載されていて、絵本に図鑑の要素がプラスされているこのシリーズは、節分の本に続き満足な1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい うっかり者のうさこvsお化けの駆け引き  投稿日:2019/02/18
おばけのてんぷら
おばけのてんぷら 作・絵: せな けいこ
出版社: ポプラ社
うさこは食べることが大好きです。今日はいっぱい天ぷらをつくることにしました。ところが、うっかりまちがえて…。1歳の頃はお化けが出てくる絵本は目をつぶるほど怖がっていて、読みたい気持ちを押さえていたのですが、2歳になり、絵本のお化けには怖がらなくなったので、ずっと読みたかったせなけいこさんのめがねうさぎ解禁です。鍵穴からすり抜け部屋に侵入してくるお化けは、なかなか賢い!てんぷらをめぐるうっかり者のうさこvsお化けの駆け引きが面白いです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ド天然のうさことお化けのやりとりが面白い!  投稿日:2019/02/18
めがねうさぎ
めがねうさぎ 作・絵: せな けいこ
出版社: ポプラ社
めがねを探しに夜の森へ出かけるうさこ、誰かを驚かせたくてウズウズして標的を待っていたお化け、二人のやりとりが何とも面白いです。うさこにとっては、メガネを探してくれるただの親切な人だし、お化けにとっては、何とかして驚かせてやりたいからメガネを必死に探すし・・・この二人のやりとりの最後のオチは・・・お化けさん、また次頑張ってね!と思わず、苦労を労いたくなります。
参考になりました。 0人

681件中 431 〜 440件目最初のページ 前の10件 42 43 44 45 46 ... 次の10件 最後のページ

『エセルとアーネスト ふたりの物語』レイモンド・ブリッグズさんインタビュー

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット