あかちゃんごきげん しゃかしゃか あかちゃんごきげん しゃかしゃか
作・絵: 新井 洋行 監修: 山口 真美  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
うごくピーズに、赤ちゃんにっこり! 絵本作家・新井洋行さんのラトル絵本!

ぼんぬさんの公開ページ

ぼんぬさんのプロフィール

ママ・40代・北海道、女の子4歳

ぼんぬさんの声

990件中 461 〜 470件目最初のページ 前の10件 45 46 47 48 49 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい お友達を想う優しさが伝わる絵本です。  投稿日:2019/06/27
ネズミちゃんと おまつりのふうせん
ネズミちゃんと おまつりのふうせん 作・絵: バレリー・ゴルバチョフ
訳: なかがわ ちひろ

出版社: 徳間書店
風船で遊ぶのが大好きな娘に、風船をテーマにした絵本はないかなと探してこの絵本に出会いました。おまつりにやって来たネズミちゃんは、おこづかいで、おともだちみんなにいろんな色のふうせんを買ってあげようと思いつきますが…?ねずみちゃんとお友達それぞれの思いやりのある優しい気持ちが伝わってきました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物の大きさが分かりやすい。  投稿日:2019/06/26
もりのてぶくろ
もりのてぶくろ 作: 八百板 洋子
絵: ナターリア・チャルーシナ

出版社: 福音館書店
大きな動物も小さな動物も一つの基準(葉っぱ)を通して、大小を感覚で掴めるようになっています。手を葉っぱに重ねているページでは動物の絵がアップになるのですが、毛並みの描写が大変細かく漫画っぽくないところが気に入っています。
また、文章が繰り返しなので、小さい子にも理解しやすいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 家族の絆で、心温まりました。  投稿日:2019/06/26
ちょっとだけ ちょっとだけ
ちょっとだけ ちょっとだけ 作: きむら ゆういち
絵: まえはら あきこ
企画: アサヒ飲料株式会社
発行: 絵本ナビ

出版社: えほんの杜
「ちょっとだけなら食べても平気だよね」 末っ子・スースーがシチューをひと口食べると、「ポタッ」とテーブルクロスに垂れてしまい…。兄弟みんな、食べ始めます。夕ごはん前のうさぎの兄弟たちの可愛い騒動が始まります。子供たちがそれぞれ散らかった食卓を元に戻せるのか知恵を絞って考えるのです。
家族の絆が感じられる絵本です。 お母さんの子どもたちへの優しい眼差しも素敵でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 作りが面白い!  投稿日:2019/06/26
どうぶつパンやさん
どうぶつパンやさん 作・絵: さとう めぐみ
出版社: ひかりのくに
朝早くからしろくまのパン屋さんが、パンのもとをこねこね…。前から読むと、パンをつくるパン屋さんのお話が、後ろから読むと、パンを買いに来たネコの親子のお話が楽しめ最後ストーリーがつながるという、2度おいしい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大切なメッセージが伝わる絵本です。  投稿日:2019/06/25
しょうぼうじどうしゃじぷた
しょうぼうじどうしゃじぷた 作: 渡辺 茂男
絵: 山本 忠敬

出版社: 福音館書店
ある町の消防署にいる小さな消防車「じぷた」、はご車の「のっぽくん」、高圧車の「パンプくん」、救急車の「いちもくさん」、
みんなそれぞれに活躍できる場所や役割があり、自分にできることをすればいい。今の自分のままでいいんだ。
『しょうぼうじどうしゃじぷた』を読むたび、このようなことを考えます。

誰かに憧れ、その理想に近づけようとすることは自分を成長させてくれることではありますが、その理想に固執すると『こうでなくてはいけない。』と、心を縛りつけてしまうことがあります。

自分という存在を好きであること、自分に誇りと自信を持つこと、この「自己肯定感」を持つことの大切さが短いストーリーの中に書かれています。大人の心にもじんわりと響く絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 子どもと一緒にオムライスを作りたくなりました。  投稿日:2019/06/25
オムライス ヘイ!
オムライス ヘイ! 作: 武田 美穂
出版社: ほるぷ出版
ケチャップごはんを作ったら、たまごを入れるぞ、ジュージューだ! 
オムライスができるまでを、おいしそうなイラストとリズミカルな文章で描かれています。湯気がリアル感を出しています。途中の掛け声「ヘイ!」に子どもが喜んでいました。グループでの読み聞かせにも、食いつきそうな絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 虫たちの世界のお祭り  投稿日:2019/06/25
みつばちみつひめ どどんとなつまつりの巻
みつばちみつひめ どどんとなつまつりの巻 作・絵: 秋山 あゆ子
出版社: ブロンズ新社
夏祭りを前にこの絵本を読み聞かせしました。夏も盛りの蜂の巣城。みつばちひめのみつひめさまは、今日ものんびり御殿の暮らし。退屈したみつひめは、大の仲良しのおっちゃんばちたちと、こっそりお城を抜け出して、夏祭りに出かけますが…。まだ3歳になりたての娘にはお話が少し長かったようですが、イラストがとても凝っていて、虫の描写も屋台の様子や花火の感じが夏祭りの様子が良く出ています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい くすのきだんちは10かいだて  投稿日:2019/06/24
くすのきだんちは10かいだて
くすのきだんちは10かいだて 作: 武鹿 悦子
絵: 末崎 茂樹

出版社: ひかりのくに
もぐらのもぐは、「くすのきだんち」の管理人です。
野原にそびえる10階建てに様々な動物たちが上手く共存しています。新しく生まれた小さな命を守るために、危険から守ろうとする管理人のもぐと住民。
さて、どんな方法で危機を回避するのでしょうか?
動物たちの優しさに触れられるお話です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素晴らしいお話です。  投稿日:2019/06/19
ないた あかおに
ないた あかおに 作: 浜田 廣介
絵: 岩本 康之亮

出版社: 世界文化社
赤鬼は、人間たちと仲間になって、仲良く暮らしたいと思いました。家の前に「どなたでもおいでください」という立て札を立てますが誰も来ません。仲間の青鬼のおかげで、人間たちと友だちになれたのですが…。赤鬼に対する青鬼の思いやりの気持ちはとても素晴らしいものですが、本当にこれで良かったのかな?と少し心が寂しくなりました。ただ何かを得るためには何かを失うこと、大切な誰かのために自分自身を犠牲にしても惜しくないと思える人に出会う時がいずれ訪れるでしょう。この絵本のように、これから子どもたちは自分とは違う価値観を持った人と出会い、多くのことを学んでいってくれると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ページをめくるたび新しい世界に出会えます!  投稿日:2019/06/19
のぞいてごらん
のぞいてごらん 作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ
出版社: イースト・プレス
のぞいてごらん、森のなか。のぞいてごらん、海のなか。たくさんいるね、いろんな生き物。穴の開いたページをめくると、様々な生物がいて、生き物の世界が広がります。
ページをめくる楽しみがあります。小さい子にもお勧めしたいです。
参考になりました。 0人

990件中 461 〜 470件目最初のページ 前の10件 45 46 47 48 49 ... 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット