もったいないばあさん かわを ゆく もったいないばあさん かわを ゆく
作・絵: 真珠 まりこ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
川を舞台に、水の循環、命のつながりをテーマにした絵本です。

ぼんぬさんの公開ページ

ぼんぬさんのプロフィール

ママ・40代・北海道、女の子2歳

ぼんぬさんの声

431件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 小さくたって、活躍できる!  投稿日:2019/04/22
ピピは いっとうしょう!
ピピは いっとうしょう! 文・絵: ヒド・ファン・ヘネヒテン
訳: 石津 ちひろ

出版社: パイ インターナショナル
テントウムシの世界で、4か月に一度開かれる、てんてんオリンピック。陸上、体操、卓球…。ちいさなピピにはむずかしい。そんなピピが大活躍できる競技って? 参加すること、楽しむことが一番!っていうことを教えてくれる絵本です。
2歳の子には少し文章が長くて難しかったけれど、運動が苦手なお子さんや、みんなと同じように出来なくて落ち込んでいる子にぜひお勧めしたい絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 気軽にぱっと広げて見たくなる絵本。お出かけアイテムにも!  投稿日:2019/04/20
ボードブックノンタンあいうえお
ボードブックノンタンあいうえお 作・絵: キヨノ サチコ
出版社: 偕成社
あらあら あかんべ あいうえお かささして かっぱきて かきくけこ と、リズム良く読めて、ノンタンと一緒に「あいうえお」を学べます。どのページからみても楽しめるのがこの本の良いところでもあり、気軽にちょっと見ようかな〜と思った時や、お出かけ、病院の診察待ちの時など、小さくて軽くて丈夫なボードブックなので持ち運びにも便利です。ストーリー性のある絵本だと、どうしても途中で終わることを躊躇してしまいますが、この絵本なら時間を気にすることなく、気軽に見られます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 離れ離れになるのは寂しいね・・。  投稿日:2019/04/20
ゆきだるまのくに
ゆきだるまのくに 作・絵: 白土 あつこ
出版社: ひさかたチャイルド
ある夜、うさぎのホップくんが作った雪だるまのペペがお別れを言いにやってきました。ペペは、雪だるまの国へ帰ることになったのです。別れたくないホップくんは、ペペといっしょに雪だるまの国へ行くことにしますがそこはとーっても寒くて・・。ずっと一緒に居たかったんだよね・・。ゆきだるまの国から帰るとき、一緒になってちょっぴり悲しくなってしまいました。雪だるまの表情、うさぎのホップ君もとても表情豊かなので、絵本の世界に引き込まれます。
娘はこれから大好きなお友達とのお別れを経験するようになるんだろうなぁと考えさせられました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 海の生き物を通じて触れる英語  投稿日:2019/04/20
にじいろの さかな えいごえほん いろ・かず・なまえ
にじいろの さかな えいごえほん いろ・かず・なまえ 著: マーカス・フィスター
出版社: 講談社
タコは何色かな?カニは何匹いるかな?絵本「にじいろのさかな」に登場する、さまざまな海の生き物たちの色・数・名前が英語で紹介されています。カラフルなイラストとともに、「にじいろのさかな」のストーリーの余韻を楽しみながら、読むことも出来るし、この絵本を読んだことのない人にも楽しみながら英単語に触れられるボードブックです。魚の名前の中には馴染みのない英語もありました。きっとこの先英語の教科書でもお目にかかれない言葉もありましたが、それもきっと知っているだけでプラスになることもあると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 目的のために一所懸命がんばる姿が素晴らしい。  投稿日:2019/04/20
ブブのどきどきはいたつや
ブブのどきどきはいたつや 作・絵: 白土 あつこ
出版社: ひさかたチャイルド
こぶたのブブが歩いていると、花屋のリリさんが大きな花束を抱えてやってきました。「のっぽの木」まで、大変なところをたくさん通って配達をすると聞いたブブは、ついていってあげることにしますが…。ブブとリリはとても利口です。ふたりで協力して知恵を出し合い、目的地までなんとかして幾多の困難にも立ち向かい花束を届けに行く姿に感動しました。最後に頑張った二人にも素敵なご褒美があって良かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 普段の何気ない会話にも親子の愛がたっぷり。  投稿日:2019/04/16
あなたのことがだーいすき
あなたのことがだーいすき 作・絵: ヒド・ファン・ヘネヒテン
訳: ひしき あきらこ

出版社: フレーベル館
白い雪の味や、風の冷たさ。シロクマくんは小さいけれど、色んなことを知っています。でも、シロクマくんにもわからないことがあります。「雪はどこからくるの? なぜ白いの?」と、母さんにききました。親子の何気ない会話にも愛が溢れているなぁと感じられた絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ビルってどうやって出来るの?  投稿日:2019/04/16
ビルをつくるじどうしゃ
ビルをつくるじどうしゃ 作・絵: 鈴木 まもる
出版社: 金の星社
古いビルを解体して、新しいビルをつくるまで、そこで活躍するいろいろな作業車が紹介されています。どんな場面でどんな機能をもったショベルカーやトラックが現れるのかがわかりやすいです。鉄くずを回収して再利用することなども説明されていて、とても役立ちます。車が好きなお子さんにぜひお勧めしたい1冊です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夜の動物たち  投稿日:2019/04/16
おやすみゴリラくん
おやすみゴリラくん 作・絵: ペギー・ラスマン
訳: いとう ひろし

出版社: 徳間書店
夜の動物園で管理人のおじさんが、動物たちの檻を見回ります。「おやすみ、ぞうさん」「いいゆめみなね、アルマジロくん」。ところが、いたずらもののゴリラくん、おじさんのカギをこっそり奪って、動物たちの檻を開けてまわったら??人間と動物の会話は少ないのですが、ほのぼのと愛を感じます。
動物好きなお子さんなら、言葉の意味が分からなくても、楽しめると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 色遊びを楽しむ絵本  投稿日:2019/04/16
なんのいろ はる
なんのいろ はる 作: ビーゲン セン
絵: 永井郁子

出版社: 絵本塾出版
赤い色と桃色を組み合わせるとなんの色になるかな? 大人と対話する中で「いろあそび」を楽しみながら、私たちの身の回りの色への関心を高めていくことができる絵本です。 この関心がお絵描きにつながると良いなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい  においを想像する絵本  投稿日:2019/04/16
くんくん、いいにおい
くんくん、いいにおい 絵: たしろ ちさと
出版社: グランまま社
くんくん、焼きたてのいいにおい。すっぱいにおい、あまいにおい。気持ちいいにおい、ぶらんこしたあとの手のにおい。きみのにおい、どんなにおい? いろいろなにおいについての絵本です。
感覚を研ぎ澄ますことってなかなか意識しないとないと思いますが、絵本を通じて、想像することは素敵だなと思いました。
参考になりました。 0人

431件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

『ダム・キーパー』トンコハウス 堤大介さん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット