Sassyのあかちゃんえほん もぐもぐ Sassyのあかちゃんえほん もぐもぐ Sassyのあかちゃんえほん もぐもぐの試し読みができます!
監修: Sassy/DADWAY 絵・文・デザイン: LaZOO  出版社: KADOKAWA KADOKAWAの特集ページがあります!
食べることが大好きになるしかけがいっぱい! 心や脳を育むSassyの絵本
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

カラフル
全ページ試し読みで読みました。 …

ぼんぬさんの公開ページ

ぼんぬさんのプロフィール

ママ・40代・北海道、女の子3歳

ぼんぬさんの声

717件中 681 〜 690件目最初のページ 前の10件 67 68 69 70 71 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい かわいい絵本  投稿日:2018/08/24
パンダ なりきりたいそう
パンダ なりきりたいそう 作: いりやま さとし
出版社: 講談社
パンダの動きも可愛いし、その動きを真似て体操するわが子も見ていて、こちらも楽しくなります。でんぐり返しはなかなか難しそうですが、他の動きはどれも気に入って、体操しよう!と誘うと100%乗ってきます。
1人で立てるようになったお子さんから、幼稚園児さんも楽しめそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 紙芝居2作品目  投稿日:2018/08/24
紙芝居 ごきげんのわるいコックさん
紙芝居 ごきげんのわるいコックさん 作・絵: まつい のりこ
出版社: 童心社
紙芝居「おおきくおおきくおおきくなあれ」に続く第2弾として、こちらの紙芝居を手に取りました。第1弾よりも、面白かったみたいで、やはり顔の表情がころころ変わるところがツボだったようです。言葉として理解できない小さなお子さんでも、表情の変化を見ているだけで、楽しくなるのでおススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 1歳ぐらいにおすすめ?  投稿日:2018/08/24
おべんとうばこのうた
おべんとうばこのうた 構成・絵: さいとう しのぶ
出版社: ひさかたチャイルド
ふきがどういうものか、この絵本で教えてあげられたとの感想を持った方もいらっしゃるのですが、すでにこの歌を完璧に覚えて口ずさんでから、図書館で借りてきて読んだので、新鮮さがなかったのか、それほどの食いつきはなかったです。
まだ歌を知らないお子さんや、覚えている段階なら、絵本を見ながら一緒に歌い楽しむことができると思います。もう少し早い時期に読んであげたかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい このシリーズ気に入ってます。  投稿日:2018/08/24
ボートにのって
ボートにのって 作・絵: とよた かずひこ
出版社: アリス館
同じシリーズの「でんしゃにのって」が気に入ったので、ボートも読んでみました。お父さんと一緒にボートに乗ったのですが、お昼寝を始めたお父さん。寝ているお父さんを気遣ってか、小さな声で歌を歌ってボートへと動物たちを誘います。なんだかほのぼのとした時間の流れを感じます。
子どもは寝ているお父さんの帽子が絵本に描かれているところを気にしていました。笑
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ページをめくるのが楽しい  投稿日:2018/08/24
ドアをあけたら
ドアをあけたら 作: しまだ ともみ
出版社: 東京書店
ページをめくるワクワクがあります。
この本は、字が読めなくてもひとりで見て楽しめるので、手が離せない時など忙しい時に渡すと、自分で広げて楽しんでくれています。
動物が好きなお子さんなら、気に入ってくれそうです。文章を読み終わる前に、ページをめくってます。
絵が鮮やかで親子でお気に入りです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 時代を感じる  投稿日:2018/08/17
ことばのべんきょう1
ことばのべんきょう1 作・絵: 加古 里子
出版社: 福音館書店
こちらのレビューで評価を読んで、図書館で借りました。
昭和の雰囲気を感じました。名前を覚える為の本ではありますが、
今の時代にはもう見かけない物があったりして、子どももなんだかキョトーンとした表情で見ていました。子供向けの生活図鑑は他にもたくさんあるので、そちらを見せようと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい どろんこになるところがツボ  投稿日:2018/08/17
こぐまちゃんのどろあそび
こぐまちゃんのどろあそび 作: わかやま けん
出版社: こぐま社
0〜1歳の頃はこぐまちゃんシリーズを読んでもそれほど反応が無かったのですが、2歳に入ってから気に入って読むようになりました。
こぐまちゃんシリーズではみずあそびが一番のお気に入りのようですが、
親としては泥んこになって遊んでほしいと思って、この本を選びました。
この本によって、泥んこ大好きになるかはわかりませんが、この本は好きみたいで楽しんでくれて良かったです。
しろくまちゃんがくろくまくんと一緒にどろんこになったページが好きで、そのページを開くと、「ふふっ」と笑います。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 全体的に黒のイメージが強い  投稿日:2018/08/16
ちびゴリラのちびちび
ちびゴリラのちびちび 作・絵: ルース・ボーンスタイン
訳: 岩田 みみ

出版社: ほるぷ出版
評価が高かったので、図書館で借りて読みました。
うちの子の好みではなかったです。全体的に暗い色調だったり、
いろんな動物が出てくるのですが、どのページも雰囲気が暗く、
おばけやカラス、暗い部屋が怖い子なので、黒い物=怖い。となるせいかダメでした。
お話の内容は、評価にあるように良いとは思いますが。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 座席を譲る優しさに触れる  投稿日:2018/08/13
でんしゃにのって
でんしゃにのって 作: とよた かずひこ
出版社: アリス館
満員になって、座るところがなくなって、ぞうさんがうさぎさんを膝に座らせてあげたり、うさぎさんが急いで降りようとした女の子が落とした切符を拾って渡してあげたり、思わず心がほっこりするような優しさに触れられる1冊です。
座席を譲ってあげる、座れない人がいたら詰めてあげる、そういう優しさを絵本を通して学べるって素敵ですね。
子どもは切符を落として拾ってあげたり、ヘビが網棚に上るところがお気に入りです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 赤ちゃんという尊い存在、いのちって?  投稿日:2018/08/13
おへそのあな
おへそのあな 作: 長谷川 義史
出版社: BL出版
評価が高かったので、図書館で借りてみました。赤ちゃん(弟妹)の存在、赤ちゃんはおなかの中で何してるんだろう?初めて赤ちゃんという存在に興味を持った時、読んであげたい一冊です。
しかし、赤ちゃんがおへその穴から見ている、臭いを嗅いでいる、と表現しているところについては、成長と共に、この本を卒業して、ステップアップしていかないといけないなと思います。
参考になりました。 0人

717件中 681 〜 690件目最初のページ 前の10件 67 68 69 70 71 ... 次の10件 最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット