つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん つくろう! とびだす きょうりゅうはくぶつかん
作: ジェニー・ジャコビー 絵: マイク・ラブ & ビアトリス・ブルー 訳: 田中薫子 監修: 平山廉  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
トリケラトプス、ティラノサウルスなど、5つのポップアップを自分で作る、ずかん絵本!

ピーホーさんの公開ページ

ピーホーさんのプロフィール

ママ・30代・埼玉県、女の子3歳 女の子1歳

ピーホーさんの声

814件中 761 〜 770件目最初のページ 前の10件 75 76 77 78 79 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おもしろい!!  投稿日:2019/09/22
からすのやおやさん
からすのやおやさん 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
まだちょっと早いかなぁと思いながら、2歳の娘に読みました。娘は、お話を理解するまではいってないもののじっと聞いている様子でした。
そして何より、これは面白い!!と私自身がこの本に魅了されてしまいました。
大学で経営を学び、物を売る仕事に就いた私は、何ともよく出来たお話に感心してしまいました。
どうしたら野菜が売れるのか、お客さんの望みは何なのか。。たえず工夫しながら商売をする様子は、とても大事なことです。
需要と供給が一致するから物は売れます。
子どもが大人になって社会で働く時に、必ず考えなくてはならない経済の基本であると、かこ先生があとがきにお書きになって、それを分かりやすく物語にするすばらしさに感心しました。
娘が、成長したらまた読んで、一緒にいろいろ考えてみたいなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい シンプルだけどおもしろい  投稿日:2019/09/22
いろいろ ばあ
いろいろ ばあ 作: 新井 洋行
出版社: えほんの杜
「いろいろ ばぁ」の掛け声とともに、あか、あお、きいろの絵の具が飛び出します。
とってもシンプルですが、いろいろばぁの繰り返しで、様々な形に飛び出る絵の具が子供の目を惹きつけます。
娘が1歳になった頃読んであげましたが、とても気に入っている様子でした。
2歳8ヶ月の今、また読んであげると「ばぁ」と楽しそうに言っています。色の種類もたくさん覚えて、むらさき、みどり、オレンジもしっかり理解しているのですが、あかやあお、きいろを混ぜたらその色になるというところまでは、まだ理解が難しそうです。
絵の具を使って、実際にやってみないと難しいですよね。
赤ちゃんから絵の具を使い始める頃まで、とってもシンプルな本だけど、長く楽しむことができそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい くだもの大好きな娘  投稿日:2019/09/22
くだもの
くだもの 作: 平山 和子
出版社: 福音館書店
娘が1歳になった頃に読んであげて、とても気に入っていた本です。
2歳8ヶ月の今、また読んであげると「はい、どーじょ」もぐもぐもぐと食べるマネをします。
娘は、果物大好きに育ちました。
特にスイカをあげると、皮まで食べそうな勢いで「そこまで!」と止められるほどにキレイに食べてしまいます。
そんな娘のために、家にもたくさんの果物の木や苗を植えて収穫しています。
りんご、みかん、さくらんぼ、スイカ、メロン、すもも、いちぢく、いちご、ブルーベリー、ラズベリー、レモン、柿。。。
1年通して、旬の果物を楽しんでいます。
果物って、とても豊かな気持ちになって、元気が出ますね。
この本も、そんなステキな本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 運命の出会い  投稿日:2019/09/21
バーバパパたびにでる
バーバパパたびにでる 作: アネット・チゾン タラス・テイラー
絵: アネット・チゾン タラス・テイラー
訳: 山下 明生

出版社: 講談社
元気のないバーバパパが、お医者さんに言われ、バーバママを探しに行くお話です。
世界中探して、宇宙までも行っちゃいます!
なかなか見つからず、仕方なく帰ってくると、なんとお家の庭に!!
そして、バーバの子供たちがたまごを土に埋めて生まれてくるなんて。。ビックリです!
とってもステキな絵の本です。
色使いが独特で、カラフルなんだけど、全てに色が付いているわけではなく、あえて白い部分がたくさんあります。
なので、カラフルなバーバ一家がとても鮮やかに個性豊かに映るのでしょうか。
一家が揃って、この先のお話がとても楽しみになる本です。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 子どもは大ウケ  投稿日:2019/09/21
はなかっぱおおきくなるぞ〜!
はなかっぱおおきくなるぞ〜! 作・絵: あきやま ただし
出版社: KADOKAWA
洞窟の入り口に挟まってしまった怪獣を巨大化して助けるお話です。
シリーズの他の作品のように、仲間と協力するいい話的なものではないです。
ですが、変な怪獣と巨大化しちゃうという要素は、子ども好きですよね!娘も喜んでいました。
大人は、もう少し期待してしまうかもしれませんが、子どもは、大好きなはなかっぱに変な怪獣と巨大化。それだけで、十分大ウケです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい イヤイヤ真っ最中の娘に  投稿日:2019/09/21
いやだいやだ
いやだいやだ 作・絵: せな けいこ
出版社: 福音館書店
娘が1歳になった頃、読んであげていた本です。簡単な文書でらあたたかくかわいい、せな先生の絵本。まだ、娘はいやだいやだと言う年頃ではありませんでしたが、興味深く聞いていました。
そして、ただ今絶賛イヤイヤ期の娘にまた読んであげました。
みなさんやってるように、私もルルちゃんの所を娘の名前に変えて読んでみました。
すると、娘はなにやら困ったような顔をして、ルルちゃんを指差して、妹の名前で呼んでいました。
これは、私ではなく妹だそうです。。
いやだいやだを引き続き読んで、イヤイヤ期が終わる日を待ちたいと思います。
その頃には、下の子のイヤイヤが始まりそうですけど。。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 美味しそうなぶどう  投稿日:2019/09/21
なにをたべてきたの?
なにをたべてきたの? 文: 岸田 衿子
絵: 長野 博一

出版社: 佼成出版社
色鮮やかな果物と綺麗な毛並みのブタ君たちがたくさん出てきます。
果物大好きな娘は、思わず手を伸ばし掴んで食べる真似をしていました。
たくさん食べて来たブタ君、次は何かと期待していると、なんとせっけん!
えぇ?!食べていいの?と娘も興味津々。
やっぱりダメだよね?!の展開も色鮮やかで、とってもおもしろい。
文章の読めない娘も「なにをたべてきたの?」「りんごりんご いただきま?す。」なんて絵を見て一人遊びをしていました。
小さな子でも絵を見て理解できるので、オススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う まさか!  投稿日:2019/09/21
ねこざかな
ねこざかな 作・絵: わたなべ ゆういち
出版社: フレーベル館
ねこざかな?まさか、ねこがさかなにたべられちゃうなんて!
飲み込まれたねこの絵も、ねこざかなになった絵も、とてもユーモラスで魅力的。
まさかの展開を楽しんじゃうねこざかなが、とってもキュート!
まさかこんなに古い本だとは思いませんでした。
古さを感じさせない斬新な展開です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う くろくんがいたからこそ  投稿日:2019/09/20
くれよんのくろくん
くれよんのくろくん 作・絵: なかや みわ
出版社: 童心社
身近な物が勝手に動き出してるお話ってなんだかワクワクしますね。もしかして、私のクレヨンも動き出してるかも!?って。
出番のなかったくろくん。シャープペンのおにいさんかの提案で、みんなの描いた絵の上を黒く塗りつぶしてしまいます。その上をシャープペンのお兄さんが滑って削っていくと、夜空にキレイな花火が浮かび上がります。
くろくんがいたからこそのキレイな花火。
今年の夏、花火ブームだった娘も「花火だぁ?!」と大喜びしていました。
必要のない色などなく、みんなで作ったステキな絵。子どもたちに身近なクレヨンが主人公のステキなお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とってもあたたかな気持ちになります。  投稿日:2019/09/20
あそぶ!
あそぶ! 著: ジェズ・オールバラ
出版社: 徳間書店
言葉は少ないですが、小ざるのジョジョくんのもっと遊びたくて仕方ない気持ちも、ママの気持ちもよ?く伝わってきます。
おさるも人も同じですね。私は、ついつい「もう、ねるよ!」って言っちゃいそうだけど、ジョジョのママみたいにあたたかく見守ってあげたいな。
ジョジョがママの元に戻ってきて、ぎゅってするところや一緒になんねする姿はとっても心があたたまります。なんて幸せそうな表情なんでしょう。
とってもステキな絵本です。
参考になりました。 0人

814件中 761 〜 770件目最初のページ 前の10件 75 76 77 78 79 ... 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット