新刊
ハナペタン

ハナペタン(フレーベル館)

悪い事をするとやってくるというハナペタン…、果たして、敵か?味方か!?

  • 笑える
  • びっくり
新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ

ヒラP21さんの公開ページ

ヒラP21さんのプロフィール

その他の方・60代・千葉県

自己紹介
子どもの通う小学校の読み聞かせをスタートに、絵本の世界に飛び込んだ私ですが、いつの間にか子どもは親離れ。
私だけが絵本の世界に残ってしまいました。
小学校、中学校での読み聞かせをベースに、障害者関連施設、高齢者福祉施設と新境地を開拓中です。

読み聞かせおすすめコーナー

公開

ヒラP21さんの声

8550件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい お金で買えないもの  投稿日:2021/03/05
スマイルショップ
スマイルショップ 作: きたむら さとし
出版社: 岩波書店
ためたおこづかいで初めて買い物をするわくわく感が、失望に変わったとき、この絵本の展開は読めませんでした。
笑顔は人をしあわせにしてくれます。
そんな笑顔をただでくれるお店があって良かったです。
きたむらさとしさんの、心理描写的な絵が印象的です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 初登校の前の夜  投稿日:2021/02/28
あした、がっこうへいくんだよ
あした、がっこうへいくんだよ 作: ミルドレッド・カントロウィッツ
絵: ナンシー・ウィンスロー・パーカー
訳: せた ていじ

出版社: 評論社
初めて学校に行く男の子の緊張感が伝わってきます。
最初は、クマのぬいぐるみが登校するのかと思うほど、クマのウイリーに語りかけていましたが、自分自身に言い聞かせていたのですね。
朝になってからの行動には、男の子にスッキリした様子が見られるので、不安は期待に変わったのでしょうか?
学校から帰ってきたら、どんなお話があるのでしょうね。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい よくよく考えると残酷な旅ですが  投稿日:2021/02/27
シンドバッドと怪物の島
シンドバッドと怪物の島 作・絵: ルドミラ・ゼーマン
訳: 脇 明子

出版社: 岩波書店
シンドバッドの2度目の旅は、危険がいっぱいというよりも、他の人間が殺されたり、食べられたり、何とも残酷な旅でした。
詳細版はちょっと耐えられないかもしれません。絵にしても不気味なものが多いと感じます。
仮想空間ということで、子どもたちが好んで見ている映画と類似する部分なのでしょうか。
私としては、ただ一人生還できたシンドバッドの強運にほっとしました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 戦争という極限状況の中で  投稿日:2021/02/26
戦争と平和のものがたり(5) やわらかい手
戦争と平和のものがたり(5) やわらかい手 編: 西本 鶏介
絵: スズキ コージ

出版社: ポプラ社
【やわらかい手】
空襲の中で離れ離れになってしまった妹への、自責の念に苦しむ兄の姿に、言い尽くせない悲しみを覚えました。
自分自身を守るために、妹を突き放した記憶は、一瞬のことであれ、順二の心に根をはってしまいました。
誰も順二を責めることの出来ない、極限状況のお話です。
第三者ならではのきれいごとは言ってはいけないように思いました。
【ねんどの神さま】
絵本で以前にも読みました。人の心の変貌の嫌な一面を痛感しました。後味の悪い作品ではありますが、大事なことを忘れてはいけないという戒めと受けとりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う あんまり無理しないでね  投稿日:2021/02/23
いいこだもん
いいこだもん 作: カール・ノラック
絵: クロード・K・デュボワ
訳: 河野 万里子

出版社: ほるぷ出版
良い子を「演じる?」のも疲れます。
ロラが良い子でいられるのは、お母さんに認めてもらいたいから。
でも、頑張りきれないこともあるよね。
無理は疲れます。
時々クラッシュしながら、育っていくのですよね。
子どもの成長を優しく、抱擁する気持ちで見守りたいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 見やすい進化の歴史図鑑  投稿日:2021/02/22
クジラが歩いていたころ―動物たちのおどろくべき進化の旅
クジラが歩いていたころ―動物たちのおどろくべき進化の旅 著: ドゥーガル・ディクソン
絵: ハンナ・ベイリー
訳: 橋本 あゆみ

出版社: 化学同人
生物の進化の歴史が細かくグループ分けされた上に、解りやすい説明とともに視覚化されて、楽しい絵本になっています。
知らない生物が多いのですが、こんな本から未来の学者さんは育っていくのでしょうか。
絵を楽しみながら進化についての学習ができる本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パンツのはきかた練習中  投稿日:2021/02/22
パンツのはきかた
パンツのはきかた 作: 岸田 今日子
絵: 佐野 洋子

出版社: 福音館書店
自分でパンツがはけるように練習中の子って、こんな感じなのでしょうね。
今となっては遠い昔になってしまいましたが、単純な着替え行動が、とてもユーモラスに、歌まで加わって、微笑ましく描かれています。
自分ではけるようになった子の、自慢そうな顔が浮かんできます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物だけの音楽団  投稿日:2021/02/22
イヌと友だちのバイオリン
イヌと友だちのバイオリン 作: デイビッド・リッチフィールド
訳: 俵 万智

出版社: ポプラ社
動物たちだけの楽団なんて何と素晴らしいファンタジーでしょう。まずは絵の美しさにうっとりして、彼らの演奏会に気持ちのピークがやって来ました。
バイオリン弾きのヘクターの飼い犬ヒューゴが、実は素晴らしいバイオリンの弾き手だったことに、メルヘンを感じますが、同時にヘクターの嫉妬に現実感を覚えました。
ヘクターの立場に立つと、ラストシーンはあまり満足できるものではないかもしれません。
きっと、また一緒の生活が戻ってくることが一番の望みだと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物たちと目が合うとき  投稿日:2021/02/21
みたら みられた
みたら みられた 作: 竹上 妙
出版社: アリス館
歩いていると犬や猫と目が合い、見つめあう時があります。そんな時、相手は何を感じているのでしょうか。
この絵本、そんな風景を展開しています。
お互いに存在感を意識しあうとこんなイメージになるのでしょうか。
ひょっとしたら、相手の方が先にこちらを見ているのかも知れないし、見られるのが嫌で逃げてしまったりするのでしょうか。
シンプルだけど楽しめる絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんなで元気になれる絵本  投稿日:2021/02/21
ももたろう
ももたろう 作: ガタロー☆マン
出版社: 誠文堂新光社
読み聞かせの会で、最初にお客さんと一緒に、「ました」を発声してもらいました。
子どももお母さんも、お年寄りも一斉に元気よく声を出していると、会の雰囲気が一辺に盛り上りました。
常識はずれの桃太郎に圧倒されますが、元気が出てくる絵本です。
ガタロー☆マンさんの次作品が待ち遠しいです。
参考になりました。 0人

8550件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

2月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット