新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
新刊
PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦

PUI PUI モルカー ネコ救出大作戦(フレーベル館)

大人気の『PUI PUI モルカー』ストーリーブック第3巻!

TOP500

ヒラP21

その他の方・60代・千葉県

  • Line
自己紹介
子どもの通う小学校の読み聞かせをスタートに、絵本の世界に飛び込んだ私ですが、いつの間にか子どもは親離れ。
私だけが絵本の世界に残ってしまいました。
小学校、中学校での読み聞かせをベースに、障害者関連施設、高齢者福祉施設と新境地を開拓中です。

読み聞かせおすすめコーナー

公開

ヒラP21さんの声

9849件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 勇敢な臆病ライオン  投稿日:2022/08/03
らいおんえほん(2) あわてんぼらいおん
らいおんえほん(2) あわてんぼらいおん 作: 八木田 宜子
絵: 長 新太

出版社: 徳間書店
ライオンってそれだけで怖さと強さを感じてしまいますが、溺れている人を助けるかと思えば、注射が怖いと逃げてしまうライオンに、人間味を感じました。
このライオンのような人っていますね。
ナンセンスであることを忘れました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい つるの怨念  投稿日:2022/07/26
つるの家
つるの家 作: 安房 直子
絵: いもと ようこ

出版社: 金の星社
考考えると空恐ろしい物語です。
禁猟であったタンチョウヅルを誤って撃ち殺してしまい、罪を隠すために土に埋めた長吉の行為は、許されることではないのかも知れません。
それにしても、長吉の婚礼の日に、大皿を届けた女性の真意を想像すると、怨念の奥深さには身のすくむ思いです。
長吉と嫁から始まる係累の一人が亡くなるたびに、大皿の上に鶴が登場して、次第に増えていきます。
一族が全員途絶える一歩手前で、事態が急変しました。
大皿が床に落ちて割れたのです。
皿の鶴たちは羽ばたいて舞い上がり、皿は無地に戻りました。
最後に残った孫娘の春子は呪縛から解放されたのです。
祖先が護ってくれたのでしょうか。
長吉が殺めてしまった鶴が、成仏できたのでしょうか。
映画になりそうな童話です。
いもとようこさんの絵に、とても説得力を感じました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい マーシャの知恵  投稿日:2022/07/26
マーシャとくま
マーシャとくま 絵: エウゲーニー・M・ラチョフ
訳: 内田 莉莎子
再話: M・ブラートフ

出版社: 福音館書店
名作の絵本「てぶくろ」のラチョフさんの絵にひかれて手に取りました。
クマの家に迷い込んでしまったマーシャですが、すばらしい思いつきで、家に帰ることができました。
なんとなくクマがロシアとイメージがつながってしまうのは、様々な事情があるからでしょうが、めでたしめでたしで終わる絵本にホッとします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 間違いなく、今世界はあぶないです。  投稿日:2022/07/26
今、世界はあぶないのか? ルールと責任
 今、世界はあぶないのか? ルールと責任 作: ルイーズ・スピルズベリー
絵: ハナネ・カイ
訳: 大山 泉

出版社: 評論社
シリーズタイトルは疑問形ですが、間違いなく、今世界はあぶないことをこの絵本で痛感しました。
ルールがいかに大切か、ルールを守ることの必要性を語ったう上で、ルールを守らなかった時の責任について、子どもにわかりやすく語った本です。
ルールを守らなかった時のために、法律があり、国際法があるとこの本は述べています。
まったくその通りだと思います。
ルールを守らなかった時には、責任を取らなければいけないはずなのです。
では、国際法を守るというルールを反故にされてしまったら、世界はどうすればいいのでしょう。
責任を認めない人にはどうすればよいのでしょう。
世界の一番核になるのは、人の命、その命を取り巻くさまざまな環境だと思うのですが、この本を通して、今の国際情勢を語るすべを私は見つけられません。
せめてできるのは、あんな大人になってはいけないよと伝えること、あんな大人になっていない自分を再確認することぐらいでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 愛情と気高さと闘いと  投稿日:2022/07/25
狼王ロボ
狼王ロボ 原作: アーネスト・トムソン・シートン
絵: 清川 あさみ
訳: 金原 瑞人
写真: 新 良太

出版社: リトルモア
狼王ロボは、少年時代に読んだ記憶がありますが、この作品は縮約版でしょうか。
物語が凝縮されたせいか、清川あさみさんの挑戦的な絵に立ち止まり、文章以上の深みを味わうことになりました。
主人公ロボの愛する狼ブランカに重点を置いたという、写真と絵と様々な手法駆使して、アバンギャルドな世界を展開しています。
人間の策略を嘲笑するようなあざとさ、何者も恐れない気高さを持ったロボでしたが、唯一の弱点はブランカを見捨てることのできない愛情の深さでした。
誇り高いロボに敬意を表しながら、清川あさみさんの魔力に呑み込まれました。
様々な絵本を手がけている清川さんですが、あまりにも多才です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 戦災孤児の悲しさ  投稿日:2022/07/24
命のうた 〜ぼくは路上で生きた 十歳の戦争孤児〜
命のうた 〜ぼくは路上で生きた 十歳の戦争孤児〜 著: 竹内 早希子
絵: 石井 勉

出版社: 童心社
戦争で孤児となった少年が、戦争が終わってからどのように生きてきたのか、実際にあったことだけに、とても生生しく、描かれていて、衝撃的でした。
人の心の醜さも、あらためて実感しました。
戦争はしてはいけないと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 癒やしの絵本  投稿日:2022/07/24
みんなおやすみ
みんなおやすみ  作: はせがわ さとみ
絵: かきもと こうぞう

出版社: 学研
おやすみ絵本ですが、とても癒やしを感じる絵本です。
静まりかえった街、客がいなくなった動物園、仕事を終えたバスの操車場、シャッターを下ろした商店街、どのページを開いても、今日一日の終了を感じます。
一日の行程を終了してクールダウン。
緊張をほぐしてのんびり眺めていると、些末なこだわりなど、とても小さいことのように思えてきました。
柿本幸造さんには、心のササクレを包みこんでしまう魔法があります。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あるある思わずしてしまうこと  投稿日:2022/07/24
おもわず おもわず
おもわず おもわず 作: えがしら みちこ
出版社: あかね書房
子どもが条件反射のようにしてしまうことって、大人とは少し違うかも知れませんね。
自分も子どもの頃を思い出します。
あふれるような想像力、自分を主人公にしての物語、本人飽くなきチャレンジャーだったような。
それが、体力確認だったりげんかつぎだったり、意味ないルーティンだったり、大人げない行動になってしまったのは何故でしょう。
子どもの行動を見ながら、注意力散漫なことも多いかと思ってしまいました。
微笑ましいけれど、見守ってあげたい光景です。
注意も忘れずに。
※駅前の「しるしみたいなこれ」、私も知りたい「これ」です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 変わった名前と変なオニ  投稿日:2022/07/24
ふくろにいれられたおとこのこ
ふくろにいれられたおとこのこ 再話: 山口 智子
画: 堀内 誠一

出版社: 福音館書店
ピトシャン・ピトショという名前が、妙に頭に残りました。
とてもユニークな子どもです。
いきなり大きくなるいちじくも不思議です。
人食い鬼と言いながら、間の抜けたオニもユニークな姿をしています。
堀内誠一ワールドの絵本でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う やさしい心になれる絵本  投稿日:2022/07/24
光の星
光の星 作: 浜田 廣介
絵: メリンダ・パイノ

出版社: 集英社
目立たなくても、心やさしい星のお話です。
不思議な絵の中で、イメージがどんどん膨らんでいくお話です。
天の川の水汲みを日課としている3つの星のお話です。
競い合うわけではありませんが、優しさと思いやりが自分を輝かせるのだと感じました。
参考になりました。 0人

9849件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

20周年記念えほん祭 ベストボロボロ絵本コンテスト受賞者決定!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット