話題
真夜中のキョーフ

真夜中のキョーフ(フレーベル館)

5つの「キョーフ」があなたを襲う!!

  • びっくり
  • その他

ヒラP21さんの公開ページ

ヒラP21さんのプロフィール

その他の方・60代・千葉県

自己紹介
子どもの通う小学校の読み聞かせをスタートに、絵本の世界に飛び込んだ私ですが、いつの間にか子どもは親離れ。
私だけが絵本の世界に残ってしまいました。
小学校、中学校での読み聞かせをベースに、障害者関連施設、高齢者福祉施設と新境地を開拓中です。

読み聞かせおすすめコーナー

公開

ヒラP21さんの声

8445件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい トマトっこ  投稿日:2021/01/04
はずかしがりやのミリアム
はずかしがりやのミリアム 作・絵: ロール・モンルブ
訳: マイア・バルー

出版社: ひさかたチャイルド
恥ずかしがりやは度を越すと、からかいからいじめ対象にまでなるのでしょうか。
顔が赤くなるって、トマトのような子って可愛いと思うのですが、過度の劣等感は辛いですね。
でも、みんな同じだと思えたら、平常心になれることがわかって良かったです。
ミリアムの語った詩は素晴らしいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みんなのおうち探し  投稿日:2021/01/02
くしカツさんちはまんいんです
くしカツさんちはまんいんです 作・絵: 岡田 よしたか
出版社: PHP研究所
だんご、ネギ、きりたんぽとカツのなんとも不思議な串刺しです。
みんな味が違うから、嫌な組合せ。
どうしてそんなことになったのかわかったけれど、串カツさんにしては大迷惑ですね。
それぞれの食べ物のおうち探しがユーモラスでした。
みたらし団子だけは、結構わがままでした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 発想力を鍛える  投稿日:2021/01/02
あいうえおばけだぞ
あいうえおばけだぞ 作: 五味 太郎
出版社: 絵本館
かなり強引なお化け紹介本です。
こんなおばけいるわけないじゃんと思いつつ、あいうえおの五十音一文字にひとつずつ紹介されるおばけに、良く思いついたことを誉めたくなりました。
一つ二つはオリジナルお化けを想像できたのですが、45個もはかなり厳しい。
いろいろ身の回りのお化けを探してみると、頭の体操になりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい インドの虎狩り  投稿日:2021/01/01
セロ弾きのゴーシュ
セロ弾きのゴーシュ 原作: 宮沢 賢治
影絵: 藤城 清治

出版社: 講談社
紙芝居の「セロひきのゴーシュ」を演じました。ところどころに出てくる音楽が知りたくて、手に取った一冊です。
童話の中に、譜面に当たるような箇所は出てこないのですが、ゴーシュという人間像が良くわかりました。
藤城清治さんの影絵は、この絵本に関して言えば、他の作品よりは控え目のような気がしますが、表紙の絵に全力投球しているように思いました。
ゴーシュを奮い起たせたのは、間違いなくネコを相手にした「印度の虎狩り」だと思います。
情感のある絵で文章を包み込んでいる、他の絵にも背景としての趣がありました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 数へのこだわり  投稿日:2021/01/01
5のすきなおひめさま
5のすきなおひめさま 作: こすぎ さなえ
絵: たちもと みちこ

出版社: PHP研究所
何でも5でないと気がすまないお姫さまの、ちょっと矛盾を感じてしまいました。足しても引いても5でないと駄目だとしたら、5の倍数でしか生活出来ません。15の好きな王子さま、20の好きな王子さま、25の好きな王子さま…、と考えていったらはたとひらめきました。王子さまは一人で良いのですか?
数はこうやって遊ぶものです。
もっとも、お姫さまと女王さまの結婚、王さまとお姫さまの結婚、お姫さまとお姫さまの結婚…、と組合せを考えていったら、無理な組合せもあるようです。
人間関係は計算できません。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 小川未明作品の深み  投稿日:2021/01/01
野ばら
野ばら 作: 小川 未明
画: 茂田井 武

出版社: 童心社
「野ばら」や、「月夜と眼鏡」のような、味わいのある既読作品の他は、どれも初読作品ばかり。
幻想的な作品もあるのですが、人情味たっぷりのほのぼのとした作品や、予見できない未来を憂える作品と出合うことが出来て、小川未明の作品の奥深さを感じました。
「からすの唄うたい」、「ある夜の星たちのはなし」、「雪くる前の高原の話」、「雪来る前の高原の話」、「隣村の子」、「おさくの話」、「ゆずの話」、どれもお薦めの作品ですが、「雪来る前の高原の話」、「おさくの話」に特に心を打たれました。
茂田井武さんの挿し絵が、それぞれの作品を包み込んでいて、これもお薦めです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 改めて日本国憲法の理念を考える  投稿日:2021/01/01
井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法
井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法 作: 井上 ひさし
絵: いわさき ちひろ

出版社: 講談社
憲法改正が言われている今、改めて日本国憲法の理念を考えてみると、屁理屈のような解釈と、ごり押しの歪曲化がまかり通っている現代では、胸を張って説明できる自信どころか、学校で習った事が嘘だったような気にもなってしまうのです。
大いに後ろめたさを感じつつ、この本を読んで、政治ってなんと欺瞞に満ちているのかと思ってもしまいました。
子どものための本の体裁ですが、子どもに伝えようとしている大人のための本のように感じました。
改めて9条以外の条文も読んだことも、良かったと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 噂と誤解  投稿日:2020/12/31
あしなが
あしなが 作・絵: あきやま ただし
出版社: 講談社
野良犬たちに大きな誤解をされていた、犬のあしながの正体は、同じ野良犬でとっても良い奴でした。
人の噂って、誤解が知らず知らずに規定事実のようになってしまうのは、人間社会でも同じですね。
事実を知ったケンの行動は、とても良かったです。
これで、あしながはみんなの仲間入りできるかな。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う プレゼントは子猫  投稿日:2020/12/31
こねことサンタクロース
こねことサンタクロース 作: ユッタ・ゴアシリューター
絵: アナトリ・ブーリキネ
訳: 木本 栄

出版社: ひくまの出版
棄てられた子猫が、プレゼントを配っているサンタクロースと出合いました。
サンタクロースとの奇妙な同行が始まります。
やんちゃな子猫のために、いつもと勝手が違うサンタクロースと、自由奔放な猫の行動のちぐはぐさがユーモラスです。
子猫ちゃん、自分ですみかを見つけたようですが、サンタクロースも猫好きな女の子の家だとわかっていたようですね。
ぼんやりとした絵が特徴ですが、あまり好きな絵ではないのが残念なポイントです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 亡くなった人への鎮魂と、遺された命の大切さ  投稿日:2020/12/31
せきれい丸
せきれい丸 作: 田島 征彦 木戸内 福美
出版社: くもん出版
実際にあった出来事をベースにしているので、せきれい丸の無謀な出港を軽く見ることは出来ません。
定員をはるかに越えた乗船客は、終戦直後の混乱と、生きるために必死だった社会で、ある意味必然だったのかもしれません。
物語の中で描かれている、りゅうちゃんとひろしの親友関係は、死んだ者と生き残った者との象徴として描かれています。
りゅうちゃんを助けあげたと思った父親が、人違いだと解ったときの失望はいかほどでしょうか。
そのお陰で生存できたひろしの、りゅうちゃんに対するやましさはいかほどでしょうか。
しかし、そんなことも包み込んで、実際の生活が営まれていくのです。
たくましく生きていこうとするひろしの決意が、眩しく描かれていました。
参考になりました。 0人

8445件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

今月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ

  • ストーブのふゆやすみ
    ストーブのふゆやすみの試し読みができます!
    ストーブのふゆやすみ
    作:村上 しいこ 絵:長谷川 義史 出版社:PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
    村上氏のテンポよい関西弁のお話を、長谷川氏のユーモア満載のイラストで描いた笑える一冊。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット