話題
どうぶつのわかっていること・わかっていないこと

どうぶつのわかっていること・わかっていないこと(小学館集英社プロダクション)

『世界一受けたい授業』で紹介!京大の動物博士監修の「答えのない問いに向き合う力」を育てる新感覚の絵本

  • かわいい
  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ

TOP500

ほかほかぱん

ママ・50代・群馬県

  • Line

ほかほかぱんさんの声

240件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 悪いことばかり、続かないよ  投稿日:2014/02/27
よかったねネッドくん
よかったねネッドくん 作・絵: レミー・シャーリップ
訳: やぎた よしこ

出版社: 偕成社
ネッドくんがある日、パーティーに招待されます。パーティーに行く途中でさまざまな不運に出会いますが、幸運にもそれをすり抜けて無事パーティーにたどり着くというストリーです。
不運と幸運が交互に現れリズミカルに話が進みます。
不運のページは、白黒、幸運のページはカラーになっていて、視覚的にも分かりやすいです。
また、日本語と英語が両方入っています。fortunatelyとunfortunatelyのニュアンスはしかっり分かりますね。
ちょっと嫌なことがあっても、なんとかなるさと明るい気分になれる絵本です。
参考になりました。 1人

なかなかよいと思う 家が主人公!?  投稿日:2014/02/27
イエコさん
イエコさん 作: 角野 栄子
絵: ユリア・ヴォリ

出版社: ブロンズ新社
住人がいなくなってさびしくなた古い家のイエコさん。
最初は、一人暮らし?を楽しもうとしましたが、次々と動物達が、訪ねてきます。強がるイエコさんですが、その動物達を中に入れます。繰り返しで、テンポよくお話が進みます。
パンパンになったある日、だれがのおならで家は、ばらばに!!
一瞬どうなるの?とはらはらしますが、イエコさんは、自分で家をもとにもどします。イエコさんのたくましさに、ホッとします。
最後には、やっぱり賑やかな家がいいな、となります。
まず、家が主人公で、名前もあり、表情もあり、動くというのが、愉快です。
絵は、色彩豊かで、明るい感じです。家や動物達の表情、動きがとても豊かに描かれています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ぼくのこころに寄り添って・・・  投稿日:2014/02/27
雪のかえりみち
雪のかえりみち 作: 藤原一枝
絵: はた こうしろう

出版社: 岩崎書店
大雪の日、ぼくは一人で学校から家に帰ります。
他の子は、お母さんが迎えにきているのに、ぼくのお母さんは仕事できません。
最初は、友達と一緒で楽しい帰り道ですが、最後は一人になり、バスも来ずどんどん心細くなります。
でも、途中で優しい人たちに出会い、なんとか家に着きます。家ではお兄ちゃんが先についていて、ぼくに優しくしてくれます。
後から帰ったお母さんもぼくの話を聞いてほめてくれます。
ぼくの心の変化が、手にとるようによくわかり、切なくなりますが、
最後は、家族のぬくもりに包まれ、ほっとするぼくをみてこちらも
心が温かくなります。ぼくを大きく包み込むお母さんの接し方もとても
いいな、見習いたいなと思います。
途中で出会う大人の存在も大きいと思います。現実の社会でも、周りの大人が子供たちを優しく見守る社会で合ってほしいと切に思います。
優しいタッチの絵が、このストーリーにぴったりです。
雪の降る季節に是非読んで欲しい絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う またやさんのキャラが最高  投稿日:2014/02/27
とてもおおきなサンマのひらき
とてもおおきなサンマのひらき 作: 岡田 よしたか
出版社: ブロンズ新社
またやさんは、買い物が大好き。市場で見つけたとてもおおきなサンマやするめやたいやきを買いますが、どれも逃げられてしまい、食べられません。
もう、大きいものは、「買わん!」と心に誓うのですが、
みるとつい買いたくなってしまいます。
またやさんの憎めないキャラクターと風貌がなんともいえず最高です。
奇想天外な話の展開に「え〜、ありえない」と感じつつも、お話の世界に引き込まれ、楽しくなる絵本です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 自分のいちばんをみつけよう  投稿日:2014/01/21
わたしのいちばん あのこの1ばん
わたしのいちばん あのこの1ばん 作: アリソン・ウォルチ
絵: パトリス・バートン
訳: 薫 くみこ

出版社: ポプラ社
クラスメイトのバイオレットは、1ばんにこだわる。1ばんがすごいと信じている。
わたしは、「すきなこと」がいちばんだと感じている。
ある日、クラスで豆を種をまいた。一番に発芽したのは、わたしとバイオレット。バイオレットは自分が1番だと自慢した。わたしは、バイオレットの鉢に土をかけた。とても嫌な気がした。その日からしばらくバイレットは、学校を休んだ、わたしは、その間バイオレットの鉢の手入れをした。2人の豆が。クラスで1番大きくなった。バイレットは、また自慢した。
でも、わたしは、わたしなりの一番をそだてていこうという気持ちになる。
1番の意味はひとりひとり違ってもいいのだと、勇気を与えられ、こころが温かくなります。
わたしの微妙な心の動きがよくわかり、そのゆらぎにより、彼女自身が成長しているところも素敵です。また、バイオレットもわたしに小さな声で、お礼を言っていて、すこし成長しています。
そのことを、認めてくれる先生も素敵です。
こどもは、日々の他のだれかとのやり取りから学び成長していくんだなと感じました。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい そうだったのか!  投稿日:2014/01/21
うさぎのみみはなぜながい メキシコ民話
うさぎのみみはなぜながい メキシコ民話 作・絵: 北川民次
出版社: 福音館書店
うさぎは、自分が小さくていつも森の動物にいじめられていたので、神様に、もっと大きくしてほしいと頼む。神様は、とらとわにとさるの皮を持ってきたら、かなえてやると言います。
うさぎは、知恵を使い3匹の皮をとり、神様のもとへ。神様は、こんなに頭のいいうさぎを大きくすれば他の動物をいじめるだろうと、耳だけを長くした。というメキシコの昔話です。

小さいうさぎが、知恵と自分の得意なことを生かして大きな動物をつぎつぎ打ち負かしていくところが痛快です。
でも、神様はうさぎとの約束をちゃんとは、守っていないな?と思ったり、うさぎは耳だけ長くしてもらって、納得がいったのか?疑問も残ります。
3回繰り返すところ、ちょっと残酷な所も淡々と事実だけを語るところは、昔話共通でしょうか?興味深いです。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい ぞうが人間と暮らしたら?  投稿日:2014/01/21
ぞうのババール こどものころのおはなし
ぞうのババール こどものころのおはなし 作・絵: ジャン・ド・ブリュノフ
訳: やがわ すみこ

出版社: 評論社
ぞうのババールが町に行き、親切なおばあさんと一緒に暮らす。
何不自由ない生活だったが、時々森の生活が恋しくなった。
そんな時、いとこのぞう2匹が町にやってくる。ババールは2匹とともに森へ帰り、王になる。
森の生活と人間との生活の対比が面白いです。ぞうが車を運転する姿などとてもユーモラスです。もし、自分がぞうの社会に紛れ込んだらどんな行動をとるのかな?と想像すると楽しくなってきます。
いろいろなことに興味を持つババールとその好奇心を満たしてくれるおばあさんとの出会いもとても素敵ですね。
最後には、ババールとセレスト結婚式で、森のみんなが幸せに包まれるのも、いいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 自然の恵みに感謝  投稿日:2014/01/21
小さなたね
小さなたね 作: ボニー・クリステンセン
訳: 渋谷 弘子

出版社: さ・え・ら書房
二人の子供が種をまき、水をやり、収穫し、それを料理して食べる、そしてまた種をまく。というシンプルなストーリー。
土の感触、芽が出たときの感激、開花、収穫の喜び、そして皆で食べたときの美味しさ。
自然と共に生きること、自然への感謝を感じます。
自分の食べているものがどこから、どのようにしてきているのか、わかりにくくなっている現代ですが、時には自分の食べているものについて考えてみるのも必要ですね。
初めのページに、実の絵と種の写真、最後のページに植物を育てるときのポイントなどが書いてあります。

春が来たら、種をまいてみようかなと思いました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 春が待ち遠しくなります  投稿日:2014/01/12
うさぎのおうち
うさぎのおうち 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: ガース・ウィリアムズ
訳: 松井るり子

出版社: ほるぷ出版
春が来て、こうさぎが自分のお家を見つけようと出かけます。いろいろな生き物に出会いますが、どの家もウサギには、ぴったりきません。
どの動物も、春が来た喜びを体全体で感じているようです。早く春がこないかな〜と感じます。
最後にうさぎに出会い、そこに一緒に入れてもらいます。
二匹が巣穴で寄り添う姿がとてもかわいらしいです。
写実的で繊細な絵は、科学絵本の要素も含んでいると思います。背景にいろいろな植物、昆虫などが描かれています。
参考になりました。 4人

自信を持っておすすめしたい 呼吸で元気に!!  投稿日:2014/01/12
すっすっはっはっ こ・きゅ・う
すっすっはっはっ こ・きゅ・う 作: 長野 麻子
絵: 長野 ヒデ子

出版社: 童心社
空気を吸い込んで、吐き出すシンプルなこの動作が呼吸ですね。でも呼吸は、奥が深いです。気持ちが呼吸に表れたり、呼吸から声が生まれ、さらにことばが生まれ…。このようなことを、あらためて実感できる絵本です。
読みながら、一緒にすう〜、はあ〜するとなんだか、元気になってきますよ。
カラフルな絵も、楽しい感じで、元気になれます。
参考になりました。 1人

240件中 31 〜 40件目最初のページ 前の10件 2 3 4 5 6 ... 次の10件 最後のページ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

出版社おすすめ

  • どひょー
    どひょー
    出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    おすもうさんは おどろいた どひょうが いなくなっちゃった! どこいったぁ〜?
  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
    出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…

全ページためしよみ
年齢別絵本セット