新刊
うまうま あーん!

うまうま あーん!(評論社)

食べることがきっと楽しくなる!

  • かわいい
  • 盛り上がる
新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

み〜ゆ

ママ・30代・、女0歳

  • Line

み〜ゆさんの声

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい お月様、べ〜  投稿日:2009/06/22
おつきさまこんばんは
おつきさまこんばんは 作: 林 明子
出版社: 福音館書店
夜の中に浮かぶお月様、眺めているだけで心穏やかになりますよね。
ページごとに動くねこのシルエットもかわいい。
 
完全にわたしの趣味で購入した本でしたが、5ヶ月の娘も気に入ってくれたようです。読んでいるとじーっと見てくれているし、何より大好きなのが背表紙のお月様がベーっとしている絵。「お月様、べー」といって見せると声を上げて笑ってくれます。こんなにうけてくれるとこちらがうれしいです。

ほかの方のレビューをみていると、お話ができるようになっても楽しんでいらっしゃるようなので、これからの成長につれての読み聞かせが楽しみです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい じ〜ん、じわじわ  投稿日:2009/06/10
100万回生きたねこ
100万回生きたねこ 作・絵: 佐野 洋子
出版社: 講談社
妊娠中に書店で何気なく手にして立ち読みしたところ、涙があふれそうになりました。絵本で泣くなんて考えられなかったので妊娠中のホルモンバランスのせいで涙もろくなっているのかと思い、また生まれてくる子にはまだ早いと言うこともあってそのときは購入しませんでした。 
けれどその後もずっときになる絵本で、出産後とうとう購入しました。
自分への絵本です。

読むたびにじわじわとそのすばらしさを感じています。ねこは最後に生き返ることなく死んでしまう。悲しい結末のはずなのに、よかった、、と言う思いもわいてきます。自分以外のものを愛するということの幸せと、失ったときの悲しみを経験したら何度も生きる価値などなくなってしまうのかもしれません。
また、前半の誰のねこでもないことを望む自己の確立したねこも好きです。飼い主のことがきらいなねこだけど、そのねこが大好きな飼い主たちもなんだかかわいらしく思えます。独りよがりの愛だけど。
白いねこはねこのことをどう思っていたのだろう、「そう」「ええ」ぐらいしか言わない白いねこはこちらの想像力を働かせたくなる女性です。

子供にもいつか読んであげたいです。どんな反応を示してくれるか楽しみです。
参考になりました。 3人

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

絵本ナビ編集長『はじめての絵本 赤ちゃんから大人まで』2月24日発売!

出版社おすすめ

  • こどもべやのよる
    こどもべやのよるの試し読みができます!
    こどもべやのよる
    出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
    岩波の子どもの本 最新刊。こどもべやに夜がきました。せかいじゅうで、おきているのは、いっちゃんだけ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット