宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
【本好きな子になってほしい!】と思うママへ。 絵本を毎月お届けします.。まずはチェック。 >>>
桜満開の絵本

入園・入学など、新生活が始まるこの季節を彩ってくれるのは、やっぱり満開に咲きほこる桜の木。
日本の風景や風流にも良く馴染み、昔から象徴的な存在でもありますよね。一年の内のほんのひと時、華やかに咲き乱れ、あっという間に散っていきます。
絵本の中でも、暖かく気持ちの良い春のお花見場面や、時代劇の名脇役など大活躍をしています。また桜の木と共に生まれる感動のお話もあります。
花びらに乗せたそれぞれのストーリーを味わいながら、桜の季節を楽しんでくださいね。

作品一覧を見る

関連するテーマ

編集部おすすめ作品

うさぎのくれたバレエシュ−ズ

  • 絵本

作:安房 直子  絵:南塚 直子 出版社:小峰書店  ISBN: 9784338069113

本体価格: ¥1,300+税

どうしてもバレエが上手にならない女の子。ある日彼女の所にバレエシューズが届きます。送り主は「うさぎの靴屋」・・・。心温まるストーリーの中、満開の桜の中で踊るウサギ達と女の子のシーンが圧倒的に美しく心に残ります。こういった憧れを抱かせてくれるイメージというのは、苦手克服にもとても大切な役目を担っているのでしょうね。

おひさまえんのさくらのき

  • 絵本

作:あまん きみこ  絵:石井 勉 出版社:あかね書房  ISBN: 9784251009463

本体価格: ¥1,200+税

あんなに楽しみにしていた幼稚園。だけど、入園式から帰ってきたたまこちゃんは「行きたくない。」と言い出して・・・。期待と不安ととまどいが入り混じった入園、小さな子ども達にはこの気持ちが整理しきれないのかもしれませんね。おばあちゃんが昔やっぱり泣いていた誰かさんの話をしてあげます。桜の木から力をもらうなんて素敵な話ですね。

あしたもあそぼうね

  • 絵本

作:あまん きみこ  絵:いもと ようこ 出版社:金の星社  ISBN: 9784323002057

本体価格: ¥1,300+税

桜の木の下で、うさぎのぴょんこが一人でままごとで遊んでいると「さくらこ」という女の子が現れます。すっかり仲良くなった二人。一方、くまのくうたの前にも現れて遊ぶ「さくらこ」。ところが桜の花が散る頃になると・・・。ふたりの架け橋になってくれたさくらこが、「また来年ね。」と去っていくこの感じ。満開の桜の花が散る頃のちょっぴり切なくも爽やかな気分にさせてくれます。

たろうのひっこし

  • 絵本

作:村山 桂子  絵:堀内 誠一 出版社:福音館書店  ISBN: 9784834001372

本体価格: ¥900+税

「ぼくじぶんのへやがほしい。」じゅうたん1つ持ってお引越し。最後にお友達みんなが遊べるようにと作ったお部屋は何と桜の木の下。お花見しながらティータイム、何て素敵!発想の転換や楽しみ方をそっと手助けするお母さんもニクイですね。春の楽しさが伝わってきます。

  • 品切れ中

さくらの里の風来坊

  • 絵本

作・絵:川端 誠 出版社:BL出版  ISBN: 9784892386466

本体価格: ¥1,400+税

木を彫らせたら天下一品、風来坊。今時珍しい程の硬派で豪快な時代劇絵本のシリーズです。このお話は怒りの風来坊です。傍若無人の侍に命を奪われたお里さんを想い、行き場の無い怒りにノミをふるうのです。それでも最後の満開の桜が怒り、悲しみ、熱くなった風来坊の心までも包み込んでくれるようです。

じいじのさくら山

  • 絵本

作・絵:松成 真理子 出版社:白泉社  ISBN: 9784592761051

本体価格: ¥1,300+税

 うれしいことがあると、こっそり桜を植えていたじいじ。毎年春になると花を咲かせるさくら山を通して色々な事を教わる孫。「なんも、なんも。」と言葉少なに会話する二人ですが、画面中に咲き乱れる満開の桜を見ていると二人のそれぞれの強い想いが胸にせまってきます。素晴らしい絵の力が感動のシーンを作り出しています。

  • 品切れ中

こぶたのブルトン はるは おはなみ

  • 絵本

作:中川 ひろたか  絵:市居 みか 出版社:アリス館  ISBN: 9784752003298

本体価格: ¥1,300+税

 風情のある絵本が並ぶ中、こんなはちゃめちゃなお花見はいかがでしょう。お花見大好きなだるまのタカサキさん、ブルトンとアンドレを誘って高崎山へ。ところが高崎山は大混雑!事は思うようには運びません。豪華なお弁当、と期待して開くとこれまた・・・。次々とびっくりする展開に花咲き乱れるきれいな景色。読んで楽しい花見である事は間違いないようです。

はなさかじい

  • 絵本

作:松谷 みよ子  絵:瀬川 康男 出版社:フレーベル館  ISBN: 9784577025451

本体価格: ¥1,500+税

 満開の桜といえば昔から伝わるこのお話「花咲かじいさん」。おじいさんが枯れ木に灰をまくときれいな満開の花が咲く、というこのシーンは想像するだけで美しいですね。ただここまでたどりつくストーリーというのはかなり紆余曲折してたりして。色々な絵本で読み比べてみるのも面白いかもしれませんね。

  • 品切れ中

くものすおやぶん とりものちょう

  • 絵本

作:秋山 あゆ子 出版社:福音館書店  ISBN: 9784834021493

本体価格: ¥900+税

 時代劇と桜吹雪・・・何としっくり来るのでしょう。それが例えくものすおやぶんでも。男前の岡っ引き姿に「ふてぇやろうだぜい!」と切れの良いセリフ。木造の橋や家が建ち並ぶ町並み。綺麗どころの娘たちに老舗の店の土蔵。そして背景に舞う桜の花。何だか江戸の町っていうのは桜の花に似合う様計算されているみたい・・・とは言い過ぎ?日本は美しい。(虫だけど。)

  • 品切れ中

さくらいろのランドセル

  • 絵本

作:さえぐさ ひろこ  絵:いしい つとむ 出版社:教育画劇  ISBN: 9784774610832

本体価格: ¥1,000+税

「さくらが さいたら いちねんせい」
「ランドセル しょって いちねんせい」
仲良しの二人の女の子、優しいさなちゃんと元気ならんちゃん。
二人は「さくらいろのランドセル」をお揃いに買おう!と約束しますが・・・。
さくらいろのランドセル!何て素敵な思いつき。

  • 品切れ中

さくらのもりのものがたり

  • 絵本

作:マオアキラ  絵:ささめや ゆき 出版社:小学館  ISBN: 9784097274117

本体価格: ¥1,300+税

”魔法使いが住む”といわれ、近付く人もない「さくらのもり」。この森の妖精たちの声が子どもたちに届くとき、何かが変わり始める…。自然の大切さをファンタジックに描き出します。

ほわほわさくら

  • 絵本

作:ひがし なおこ  絵:きうち たつろう 出版社:くもん出版  ISBN: 9784774317076

本体価格: ¥800+税

春が近づくと、誰もが待ち遠しくなる“桜”。その桜の花びらが、子どもの手のひらに舞い落ちてきました。ほわ ほわ、ふわん、ふるるる、ほろろん…。
風に吹かれた花びらを子どもが追いかけていきます。

  • 品切れ中

さくらとふじお

  • 絵本

作・絵:しもぞの まゆみ 出版社:白泉社  ISBN: 9784592761259

本体価格: ¥1,300+税

おとなりどうしの、さくらとふじお。さくらの頭にはえているのは桜の木。ふじおの頭は富士山の形。二人は毎日一緒に探検に出かけます。でもある日、ちょっとしたことからけんかをしてしまい…。

  • 品切れ中

さくら

  • 絵本

作:長谷川 摂子  絵:矢間 芳子 出版社:福音館書店  ISBN: 9784834024951

本体価格: ¥900+税

お花見といえば桜ですが、そのあとは…葉桜になったかと思うと、葉陰に小さなサクランボ、夏には虫でおおにぎわい…。1本の桜の木の1年のドラマです。長年の観察にもとづく精緻な絵とリズム感のある文が、桜の生命の営みと輝きを感動的に伝えます。

おばけの花見

  • 絵本

作:内田 麟太郎  絵:山本 孝 出版社:岩崎書店  ISBN: 9784265069910

本体価格: ¥1,300+税

「おばけ長屋」に朝がきました。今日はみんなで花見です。あねさんのつまびく三味線にみんなうっとり。お花も満開です。ところが一転急に雷がごろごろとなりだしました。

おたんじょう月おめでとう4月生まれ さくらのさくらちゃん

  • 絵本

作:中川 ひろたか  絵:植垣 歩子 出版社:自由国民社  ISBN: 9784426110543

本体価格: ¥1,300+税

きょうは ひろちゃん いつもと ちがう。かっこいい ランドセル ぴっかぴかだ。……は〜ん、にゅうがくしきかぁ。じゃ、わたしも いってみてこよう。さくらちゃんは さくらのきからひろちゃんの あたまのうえに…

さくら子のたんじょう日

  • 絵本

作:宮川 ひろ  絵:こみねゆら 出版社:童心社  ISBN: 9784494009480

本体価格: ¥1,300+税

さくら子の名前は、山の桜の木からもらったと母さんはいいました。11歳の誕生日の頃…。

しばわんこの和のこころ

  • 絵本

作・絵:川浦 良枝 出版社:白泉社  ISBN: 9784592760962

本体価格: ¥1,400+税

おちゃめな柴犬のしばわんこと、いたずら好きのみけにゃんこが、心なごませる「和」の暮らし方を楽しくご紹介する大人気シリーズが絵本になりました。ふだんの暮らしに取り入れたいおもてなしの作法など、楽しい豆知識がいっぱいの「新・歳時記」。お花見の楽しみ方もたっぷり!

 

作品一覧

表示順:

表示件数:

60件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  次へ→  最後のページ
  • おはなみくまちゃん
  • 花見べんとう
  • きょうはたんじょうび
  • はなびらがとんできた
  • はじめまして
  • おはなみ
  • おたんじょう月おめでとう4月生まれ さくらのさくらちゃん
  • ほわほわさくら
  • さくら
  • おばけの花見
  • さくらとふじお
  • また あえるよね
  • さくらいろのランドセル
  • リサとガスパール にほんへいく
  • はるかぜのホネホネさん
  • さくらのまち
  • 春の主役 桜
  • こぶたのブルトン はるは おはなみ
  • ワンダー民話館 はなさかじい
  • ワンダー民話館 うぐいすひめ
  • ほんとうだよ
  • さがしてあそぼう春ものがたり
  • おひさまえんのさくらのき
  • 義経千本桜
  • 子どもとよむ日本の昔ばなし3 花さかじい

60件見つかりました

最初のページ ←戻る 1  2  3  次へ→  最後のページ

【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その8

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット