新刊
あなたがだいすき

あなたがだいすき(ポプラ社)

大切な人を想う気持ちが、あたたかいイラストと優しい文章で伝わる絵本。愛すること、愛されることの素晴らしさを感じます。

  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  親子のためのおたすけ絵本第二弾!『すききらい、とんでいけ! もぐもぐマシーン』 翻訳家・野坂悦子さんインタビュー

子育て中にこのもぐもぐマシーンがあったらと思いました。

───野坂さんご自身は、苦手な食べ物はありますか?

私はこの「もぐもぐマシーン」のおかげで、好き嫌いはなくなりました(笑)。……でも、もともと、あまり好き嫌いはないんです、豚の脂身くらい? それが単品で出されることはないので……。ただ、息子はゴーヤやニンジンなどが嫌いで、それは今も苦手なままだと思います。子どものころは、細かくして料理の中に入れたりして食べてくれるよう工夫していましたが、そのとき、もし「もぐもぐマシーン」を読んでいたら、我が家にも登場させていたかもしれないですね。

───絵本の後ろに、「保護者の方へ」という、著者で小児心理カウンセラーのイローナ・ラメルティンクさんのアドバイスが載っていますが、お子さんにもやってみたいと思いましたか?

そうですね、子どもたちはもう成人して家を出ているので、今は試せませんが、小さいころだったら、原始人ごっこや、「ポテトフライの日」を決めるなどやってみたらきっと楽しいですよね。それと似ているかはわからないのですが、以前、私が出張で家を空けたとき、子どもたちがお父さんの作った「フルーツごはん」がおいしかったというんです。いったい何かなと思ったら、バナナやブドウ、ミカンなどフルーツだけの夕食だったそうで……。

───お母さんだと、どうしても栄養バランスを考えてご飯を作りますが、お父さんだとそういうユニークな発想のご飯ができちゃうんですね(笑)。

そういう気分転換があるのも、食事を楽しむためにはとても良いと思いました。

───『すききらいとんでいけ! もぐもぐマシーン』の中にも、「原始人ごっこ」をする場面が出てきますよね。

この原始人ごっこの場面は、書いてしまってもいいのかとても悩みました。日本では、落とした食べ物を食べることは、行儀の面からみてもなかなか良しとされませんので。でも、それをしてしまうのが、良い意味で海外のおおらかさというか……(笑)。絵からは楽しそうな雰囲気があふれていたので、それを楽しんでもらえるように文章も工夫しました。


ちょっとお行儀は悪いけれど、やってみたい? 「原始人ごっこ」。

───日本では遠足のときに外で食べるように、レジャーシートを敷いて、食べるのもよいかもしれませんね。

出版社おすすめ



『みそしるをつくる』『おにぎりをつくる』インタビュー
【絵本ナビ厳選】特別な絵本・児童書セット

野坂悦子(ノザカエツコ)

  • 東京に生まれる。オランダ語を中心に、海外の絵本や児童書を数多く紹介している。主な翻訳作品に、 『だいすき そんなきもちをつたえてくれることば』(共訳・金の星社)、『第八森の子どもたち』(福音館 書店)、『きつねのフォスとうさぎのハース』(岩波書店)、『おとうとのビー玉』(大月書店)、 『シェフィーがいちばん』(BL出版)、伝記の翻訳に『かえるでよかった−マックス・ベルジュイスの生涯と仕事−』(セーラー出版)など。2001年、「紙芝居文化の会」の創立に加わり、日本の文化としての紙芝居を 海外に広める活動もつづけている。

作品紹介

すききらいとんでいけ!もぐもぐマシーン
すききらいとんでいけ!もぐもぐマシーンの試し読みができます!
作:イローナ・ラメルティンク
絵:リュシー・ジョルジェ
訳:野坂 悦子
出版社:西村書店
おたすけなみだとおじゃまなみだ
おたすけなみだとおじゃまなみだの試し読みができます!
文:イローナ・ラメルティンク
絵:リュシー・ジョルジェ
訳:野坂 悦子
出版社:西村書店
全ページためしよみ
年齢別絵本セット