そらから ふるもの なんだっけ? そらから ふるもの なんだっけ? そらから ふるもの なんだっけ?の試し読みができます!
文・絵: 岩田 明子  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
まめじゃなくて、こめでもなくて、そらからふるもの、なんだっけ!? さあ、かみなりちゃん、ちゃんとふらせられるかな?
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  子どもから大人まで。手にとって気軽に楽しむ「名画」「おはなし名画」シリーズ 書店員さんインタビュー

───より低年齢向けの「おはなし名画をよむまえに」シリーズは、店頭での反応はいかがですか?

クリスマスの時期は、『名画でメリー・クリスマス』がよく売れました。

おはなし名画をよむまえに(4) 名画でメリー・クリスマス
おはなし名画をよむまえに(4) 名画でメリー・クリスマス の試し読みができます!
構成・文:西村 和子
出版社:博雅堂出版

イエス様の誕生物語を名画で追う画集です。 クリスマスに親子でお楽しみください。

───キリスト生誕のおはなしがわかりやすく文章になっていて、小さい子向けのクリスマス絵本にもぴったりですね。


メディチ家宮殿にある壁画「東方三博士の行列」を中心に、500年以上前に描かれたイタリアの名画10点でキリスト生誕の物語が綴られます。

───絵本ナビでは、今、『ブリューゲルのバベルの塔』が、『対訳・鳥獣戯画』についで人気があります。

おはなし名画をよむまえに(2) ブリューゲルのバベルの塔
おはなし名画をよむまえに(2) ブリューゲルのバベルの塔  の試し読みができます!
出版社:博雅堂出版

博雅堂の子ども向け絵本画集に新シリーズ「おはなし名画をよむまえに」が登場 「おはなし名画」を読むのは、ちょっと早いかなと思ったら、見てみよう! ブリューゲルのバベルの塔にはこんなお話があったんだ

2017年に、ブリューゲルの「バベルの塔」の大きい展示※があり、話題になりましたね!

※ 2017年、上野 東京都美術館、大阪 国立国際美術館で、”ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展”が開催されました。

───24年ぶりの来日ということでしたね。絵本ナビに寄せられたレビューには、実際の絵を見た方が、美術館へ行った後に絵本を読んで、じっくりと見返せて良かったというものがありました。

<抜粋>
あの時、なめるように観たはずの絵でしたが、今回この本のおかげで、見落としていた事を、こうだったのか!そうなっていたのか!そんな背景があったのか!と独り言をいいながら、再び堪能する事ができました。

たれ耳ウサギさん40代 ママ

 class=

確かに、ページごとに絵のみどころがクローズアップして紹介されているので、実際の絵を見たあとも、絵本で新しい発見がありそうです。


ウィーン美術館所蔵「バベルの塔」(部分)。現場を視察するニムロデ王一行の様子。

───絵に合わせて旧約聖書の「バベルの塔」のおはなしが書かれているので、理解も深まりますね。

本物の聖書を読むのは大変だし、絵も足を運ばないと見られないけれど、この一冊で読めるなんてすごくお得ですよね。

───静かな美術館へ子ども連れで行くのは、ハードルが高かったりしますよね。『シャガールのそらとぶふたり』に寄せられたレビューで、「子どもが絵を笑って見ていた。こんなこと美術館だとできないと思った。」というものが印象的でした。

おはなし名画をよむまえに(1) シャガールのそらとぶふたり
おはなし名画をよむまえに(1) シャガールのそらとぶふたり の試し読みができます!
出版社:博雅堂出版

博雅堂の子ども向け絵本画集に新シリーズ「おはなし名画をよむまえに」が登場 「おはなし名画」を読むのは、ちょっと早いかなと思ったらのぞいてみよう! シャガールの愛の国を


シャガールの生涯が、小さい子向けに、語り掛けるようなことばでおはなしになっています。

<抜粋>
アクロバティックなキスシーンや、7本指の自画像など、子どもは笑って見ていました。こんなこと、美術館ではできないな、と思いました。
絵の中の人が、なにしているんだろうと、不思議に思うだけでいいんですね。本物を見る前に、ぴったりの案内書だと思います。

どくだみ茶さん 30代 ママ

 class=

おうちなら声を出してもいいし、素直に反応できますもんね。子どもらしい感想が持てて、そこから美術に興味を持ったり、入り口になってくれたらいいですね。

───「名画」というと大人も敷居が高く感じますが、子どもと一緒に楽しめると、お父さんお母さんも名画がとても身近に感じられそうです。

そうですね。画集を買おうとすると、やはり高額だったりするので、こうやって絵本で見られるのは良いですよね。

───以前、著者の西村和子さんにインタビューさせていただいた際も、「部屋のどこかに転がっているような画集を作りたいと思っていた。読者から『ダイニングキッチンに置いてあります』という声が届いて嬉しかった。」とおっしゃっていました。

装丁もしっかりしているので、長く読めて、家に置いておくのにもおすすめですよ。

───最後に、絵本ナビユーザーへメッセージをお願いします。

本当にいいものに触れる機会というのは意外と少ないと思います。
「おはなし名画」シリーズを気軽に手に取っていただいて、中を見て、まずは触れていただけるといいなと思います。

───ありがとうございました!

絵本や読み物が幅広く揃い、休憩スペースもあって、ゆったりと居心地の良い児童書売り場。
今売れているのは、『そらの100かいだてのいえ』(偕成社)、『ぜったいに おしちゃダメ?』(サンクチュアリ・パブリッシング)、『くろくんとちいさいしろくん』(童心社)だそうです。
読み聞かせの会を定期的に開催されているそうなので、近くにお住まいの方は足を運んでみてください。

BOOKアマノ 三方原店
住所:静岡県浜松市北区三方原町1950-1
電話番号:053-420-1711
営業時間:月〜土曜 9:00〜22:30 日曜・祝日 9:30〜22:30
https://www.amano-t.com/book/shop/mikatabara.html

 class=

インタビュー・文:掛川晶子(絵本ナビ編集部)

撮影:所靖子(絵本ナビ編集部)



※期間内【2018年3月8日から2018年4月4日まで】にご回答いただいた絵本ナビメンバーの方全員に、 絵本ナビのショッピングでご利用いただける、絵本ナビポイント50ポイントをプレゼントいたします。
感想を送る>>

出版社おすすめ



「学校がもっと好きになる絵本」シリーズ刊行記念 くすのきしげのりさんインタビュー
雨にぬれると色が浮き出す♪

作品紹介

おはなし名画シリーズ(7) マネとモネ
おはなし名画シリーズ(7) マネとモネの試し読みができます!
文:小手鞠 るい
出版社:博雅堂出版
おはなし名画シリーズ(10) ピカソ
おはなし名画シリーズ(10) ピカソの試し読みができます!
監修:森田 義之
出版社:博雅堂出版
おはなし名画シリーズ(11) セザンヌとスーラ
おはなし名画シリーズ(11) セザンヌとスーラの試し読みができます!
監修:森田 義之
文:小手鞠 るい・西村 和子 / 文
出版社:博雅堂出版
おはなし名画シリーズ(12) マティス
監修:森田 義之
出版社:博雅堂出版
おはなし名画シリーズ(14) クレー
おはなし名画シリーズ(14) クレーの試し読みができます!
監修:森田 義之
文:小手鞠 るい
出版社:博雅堂出版
おはなし名画シリーズ(15) ミレーとコロー
おはなし名画シリーズ(15)  ミレーとコローの試し読みができます!
監修:森田 義之
文:小手鞠 るい
出版社:博雅堂出版
おはなし名画シリーズ(16) ダリ
監修:森田 義之
出版社:博雅堂出版
おはなし名画シリーズ(17) フェルメールとレンブラント
おはなし名画シリーズ(17) フェルメールとレンブラントの試し読みができます!
監修:森田 義之
文:小手鞠 るい
出版社:博雅堂出版
おはなし名画シリーズ(18) 琳派をめぐる三つの旅
おはなし名画シリーズ(18) 琳派をめぐる三つの旅の試し読みができます!
監修:神林 恒道
文:泉谷 淑夫
出版社:博雅堂出版
おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎
おはなし名画シリーズ(19) 葛飾北斎の試し読みができます!
構成・文:西村 和子
監修:小澤 弘
出版社:博雅堂出版
新・おはなし名画シリーズ(22) 若冲のまいごの象
新・おはなし名画シリーズ(22) 若冲のまいごの象の試し読みができます!
監修:狩野 博幸
文:西村 和子
出版社:博雅堂出版
新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画
新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画の試し読みができます!
監修:辻 惟雄
著:西村 和子
出版社:博雅堂出版
新・おはなし名画シリーズ(24) 対訳 北斎の富士
新・おはなし名画シリーズ(24) 対訳 北斎の富士の試し読みができます!
監修:辻 惟雄
文:西村 和子
出版社:博雅堂出版
全ページためしよみ
年齢別絵本セット