おおきくなったらきみはなんになる? おおきくなったらきみはなんになる?
文: 藤本 ともひこ 絵: 村上 康成  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
卒園・卒業というたいせつな時期の子どもたちへ送る、応援歌(エール)です。
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  「みんいく」絵本『ねこすけくん なんじにねたん?』木田哲生さん、 伊東桃代さん、さいとうしのぶさん インタビュー

「みんいく」の効果とは

───木田先生ご自身は 「みんいく」の効果を実感されていますか?

木田:我々は不登校の子どもたちの現状にずっと悩んできました。朝、なかなか家を出てこられない子どもたちを、何とか学校に来させたいと。睡眠が改善されることが、じつは、中学校の不登校の大きな減少につながっているんです。実際、この3年で、保健室に来る子どもが減っていく。体調がよくなる。小学校のクラス内の立ち歩き問題が減っていくとか、暴力的な子どもが少なくなってくるとか。睡眠が改善され、子どもたちの体調が改善されることで、小中学校での子どもたちの「つまずき」みたいなものが少なくなっていくんです。現場での実感はとても大きいです。

───具体的に「みんいく」ではどのような活動をしてこられたのですか。

木田:最初は、ポスター作りからはじめました。“はよねるデー”※を作り、家族みんなで早く寝る日を一日作ろうと。周知につとめるために、学校のPTAグループで“みんいく”や“はよねるデー”のTシャツを作ったり、養護教諭さんチームや幼稚園チームは保健室で使う指導グッズを作ったり。それぞれグループで活動しつつ、年5回くらい定期的に集まって、「みんいく」を地域に根付かせる活動をしています。年度の最後には1年間の活動報告をしあって交流しています。
小中学校では、睡眠チェックシートを配布し、睡眠時間を毎日記録したり、『「みんいく」ハンドブックー小学1・2・3年すいみんのひみつー』(学事出版)という睡眠教育の教科書のようなハンドブックを作って、小中学校の子どもたちに1人1冊もってもらって授業や面談を重ねました。

※はよねるデー…毎月10日は「はよねるデー」として、家族そろって早く寝ようと呼びかけた、「みんいく」地域づくり推進委員会の取り組み。


はよねるデーのポスター(左)と、みんいくのポスター(就学前の子ども・保護者向け)(右)

さいとう:実は絵本の背景にも「はよねるデー」や「『みんいく』のすすめ」のポスターを描いているんですよ。印刷するときに絵の画像全体をちょっと上にあげたので、ポスター部分はほぼ見えなくなってしまったんですけど。

───数字などの変化はありましたか?

木田:変化がいちばん大きかったのは、不登校の改善ですね。平成27年度から「みんいく」に取り組んでいる中学校では、平成29年度は不登校者数が全体で37パーセント減になっています。個別に見ると、新入生の減少がいちばん大きいんですね。次は2年生。不登校の子の減少の背景には、小学校からの睡眠改善があります。

───取り組みの効果が出つつあるんですね。

木田:平成27年度というのは、今、中学1年生の子が、小学5年生のときです。仮に何も活動をしなかったとすれば、従来だと0時以降に寝る子が低学年からだんだん増えて、小6ではかなり増えていたと思うんですけど、現状は半分以下の数値にとどまっている。それが中学1年生になっても持続しています。
絵本ができたことで、未就学児から小学校、中学校卒業時まで「みんいく」を伝えていく連携ができたなと思っています。

夜更かし、睡眠不足を続けると、どうなるの?

───絵本の巻末にある「夜更かし、睡眠不足を続けると、どうなるの?」チェックリストが、とても参考になります。大人もあてはまることがありそうですね。

さいとう:やっぱり、スマホやパソコンのブルーライトがよくないみたいなんですよ。コンピューター関係の仕事の人はとくに注意しないと。

木田:睡眠不足の症状が出ていないか、大人自身がまずは意識することで、子どもの生活も変わってくると思います。子どもだけに「寝なさい」だけじゃないですよね。

───絵本の中で、ゲームやスマートフォンなどが睡眠によくないんだよ、とはっきり書かれているのが、子どもにもわかりやすいですよね。


描かれている絵本は…『あっちゃんあがつく』や『ろばのシルベスターとまほうの小石』(評論社)!

さいとう:私も睡眠のことで悩んで、いろいろ勉強したことがありました。絵本を描くときにその視点も生かされているかなと思います。実は睡眠障害って身近な問題で、悩んでいる親御さんもいらっしゃるかもしれませんよね。

───あとがきに、もともと生体リズムが乱れやすい子どももいることや、近年の研究では発達障害と睡眠障害の関係も示唆されているので、決して1人で悩まずに専門家に相談してください、と書かれているのも心強いです。

木田:そうですね、困ったときには窓口もありますので、相談してみてほしいなと思います。 これまでは保護者への啓発活動が中心だったのですが、『ねこすけくん なんじにねたん?』という絵本があたらしくできたことで、子どもたちにたいして直接伝えることができるなと思っています。

───24時間営業のコンビニ、テレビやゲーム、パソコンやスマートフォン……。塾や習い事もあるし、子どもにとっても、今の日本は夜型社会ですものね。『ねこすけくん なんじにねたん?』のような絵本が必要な時代になっているのかもしれませんね。
最後に『ねこすけくん なんじにねたん?』をどんなふうに読んでほしいか、絵本ナビ読者へメッセージをいただけますか?

木田:読むときはできるだけ楽しく、子どもが安心して楽しめるように、愛情や優しさをもって読んであげてほしいですね。子どもの教育のスタートのひとつとして、ぜひ一度は読み聞かせしてほしいなと思います。

伊東:子どもたちが、ねこすけくんを身近に感じてくれたらいいなと思っています。自分もねこすけくんかな?と思ったら、友だちと一緒に、がんばりすぎないで「何とかなる」と気楽に考えて、ここに書いてあることを試してみてほしいなと。うさちゃんみたいな子は、元気のないお友だちに声をかけられるような子でいてほしいなと思います。そして、親御さんには、しんどくならない程度に、真摯に受け止めてもらえたらいいなと思っています。

さいとう:絵の中の園の様子や、先生たちの様子にも着目してほしいなと思います。子どもが近寄ってきたときに「どうしたん? 何もってきたん?」とやさしく聞いてくれる先生がいたり、自分たちを認めて受け入れてくれる場所があれば、子どもも親も安心できると思うんです。この絵本の中には、息子が通っていた園の思い出がいっぱいつまっています。

───ありがとうございました!

インタビュー:掛川晶子(絵本ナビ編集部)

撮影:所靖子(絵本ナビ編集部)
編集協力:大和田佳世(絵本ナビライター)

堺動画チャンネル さいとうしのぶさんインタビュー&読み聞かせ動画公開中!



※期間内【2018年4月5日から2018年5月2日まで】にご回答いただいた絵本ナビメンバーの方全員に、 絵本ナビのショッピングでご利用いただける、絵本ナビポイント50ポイントをプレゼントいたします。
感想を送る>>

出版社おすすめ



いろんな場所へ旅する楽しい乗り物のしかけ絵本
MOE&kodomoe雑誌バックナンバー

木田哲生(きだてつお)

  • 堺市効率中学校保健体育科教諭として勤務し、現在、堺市教育委員会。平成28年度読売教育賞最優秀賞受賞、平成28年度国際学会「Higher Education Forum」Best Paper Award(2位)受賞など。著書に『睡眠教育のすすめ―睡眠改善で子どもの生活、学力が向上するー』『眠育ハンドブック』(共に学事出版)など。

伊東桃代(いとうももよ)

  • 学校法人常磐会学園常磐会短期大学付属いずみがおか幼稚園教諭。現在、主幹保育教諭として勤務しながら、担任としてクラス運営も行う。子育て認定講座や幼児教育指導者養成研修を修了し、幼児教育推進リーダーとして活躍中。後進に対する研修マネジメントや、「幼稚園における預かり保育」に関する実践発表なども行っている。

さいとうしのぶ

  • 堺市に生まれる。嵯峨美術短期大学洋画科卒業。テキスタイルなどのデザイナーをへて、インターナショナルアカデミー絵本教室に学ぶ。
    作品には、『あっちゃんあがつく』(原案・みねよう)『しりとりしましょ!』『おしゃべりさん』『おかしなおかしなおかしのはなし』『へんてこかぞえうた 1ちゃんいちにち』『どっきりかぞえうた ちょっぴりこわいぞ』(うた・高木あきこ)『きしわだのだんじりまつり』(作・なかむらしょうこ)『たべものかるた』(原案・みねよう)─以上リーブル
     『ぎゅうって』『よーい よーい よい』『あぶくたった』『おべんとうばこのうた』─以上ひさかたチャイルド『たこやきようちえん』(ポプラ社)『べべべんべんとう』(教育画劇)『おいしい おと なぁに?』(あかね書房)『まほうのでんしレンジ』(原案・たかおかまりこ ひかりのくに)『てんとうむしのはじめてのレストラン』(アリス館)『まんまるおつきさん』(作・ねじめ正一 偕成社)『おはなし だいどころ』『おはなし きょうしつ』(以上PHP研究所)『十二支のかぞえうた』(佼成出版)『子どもと楽しむ行事とあそびのえほん』(産経児童出版文化賞ニッポン放送賞受賞 のら書店)など多数。

作品紹介

ねこすけくん なんじにねたん?
編著:木田 哲生 伊東 桃代
絵:さいとう しのぶ
監修:三池 輝久
出版社:リーブル
全ページためしよみ
年齢別絵本セット