そうべえときじむなー そうべえときじむなー そうべえときじむなーの試し読みができます!
作: 田島 征彦  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「じごくのそうべえ」シリーズ、7年ぶりの新刊!今度は琉球へ
人気絵本をスマートフォン・タブレットで!絵本読み放題サービス♪【プレミアムサービス】
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  大人も子どもも学べて楽しい! 絵本のような図鑑『寿命図鑑』『失敗図鑑』制作者インタビュー

やっぱりあった!? 『失敗図鑑』の失敗ーシャチの目はどこにある?ー

───『失敗図鑑』を作っていて楽しかったことはなんですか?

河北:ネタを調べて文章を書く制作スタッフが加わってくれたおかげで、大好きな企画を考えたり、世界観を作ったりする作業に集中することができて、すごくよかったです。mugnyさんにイラストをお願いするときは、しっかりイメージラフを描くのですが、自分で0から「失敗ワールド」のイメージを作る作業は、難しかったけれど楽しかったし、完成度の高いものができたのがうれしかったですね。特にカバーはすごく気に入っています。

───カバーイラストを外して広げると、1枚の絵になっているんですね。

本田:『失敗図鑑』のカバーイラストは、失敗したモノたちが「失敗ワールド」に入っていくまでの道のりが描かれているんですよ。

河北:そうなんです。「失敗ワールド」への入りかたはふたつあって、ひとつは涙と汗の川を大船に乗って渡ってくる方法、もうひとつは、涙型のガラス玉にはいって上から落ちてくる方法です。でも魚とか水辺の動物は、普通に川を泳いでやってきます。

───おもしろいですね! 世界観を作るときに、心がけていることはありますか?

河北:ありがとうございます。そんな風に見てもらう人に楽しんでもらえるような、「変だな、これ!」と思ってもらえたらいいかなと思っています。あとは、mugnyさんが持っている画力や魅力を消さないように、うまくマッチングしていけたらと考えました。

本田:僕は、大きい分から制作してイメージを全員で共有し、それぞれ反映していくということですね。

───失敗博士は、『寿命図鑑』に出てきた神様のような存在ですね。

河北:そうです。博士の存在自体は、構想時にあったんですが、具体的にどういう絵にするのかが決まっていませんでした。そうしたら、本田さんがラフを描いてくれたので、即採用に(笑)。

本田:博士は、失敗を経験しまくって卓越しているというのがポイントです。僕がラフで適当に描いたカエルを、mugnyさんが拾ってくれたおかげで、図鑑のあちこちに博士とカエルが登場することになりました。ですから、読むときに「博士とカエルはどこにいるのかな?」と探して遊んでもらえると、うれしいですね。

───遊び心がきいていて、図鑑の楽しみがまた広がりますね。『失敗図鑑』で紹介されている失敗の中で、お気に入りのエピソードはなんですか?

河北:「恋愛の失敗」のアンデルセンです。彼は、好きになった女の子に、ラブレターがわりの自伝を贈る癖があったんです。でも自伝という都合上、初恋が実らなかった悲しさまで書いていたので、当然、女の子からは大不評。フラれっぱなしだったというエピソードなんですが、「私、この人好き」って思いました(笑)。自伝もらったら「変な人〜」と思って、すごく気になるなって。

本田:僕はルイ14世です。「歯はすべての病気を引き起こす」という医者の話を信じて、12回の手術で、自分の歯をすべて抜いてしまったというエピソードです。なんといっても、mugnyさんのイラストがいいんですよ! 歯が抜けた跡の歯茎の描きかたが、すごく気に入っています。

───スタッフみんなで作り上げた『失敗図鑑』を、改めて見直してみていかがですか?

河北:そうですね……。客観的に見て、私たちが失敗だと思ったエピソードを載せていますが、ひょっとしたら、本人は失敗だとは思っていないかもしれない。失敗かどうかは、本来は誰にも決められるものではないのかもしれません。だからあとがきで、「失敗しても不器用でも、一度きりの人生。自分らしくせいいっぱい生きることが、私たちの成功ではないか」と書きました。失敗も含めて、後悔のないように自分らしく生きればいいよねというメッセージを込めて。

本田:僕も同感です。学校で教えてもらえないことが、ちゃんと一冊の本になっているなと思いました。今後も、こういう企画を続けていけたらいいなと思っています。

───最後に『失敗図鑑』の失敗を教えてください!

河北:みなさん、シャチの目がどこにあるか知っていますか? 実は最初に描いたイラストで、mugnyさんが「シャチの目は白い模様の部分」だと勘違いをなさっていて(笑)。

間違っていることをお伝えしたら、自分の失敗を気に入ったmugnyさんが、シャチの目の位置を説明しているイラストを、カバーにこっそり描き込んでくださっていて、笑ってしまいました!

本田:個人的には、スケジュールが思っていたよりも、タイトだったことです。スタッフ全体としては、「原稿が長いから」とお正月返上で短くしたテキストを、「やっぱり物足りない」という理由で、再び長いものに戻したことだと思います。

河北:そんなこともありましたね(笑)! でも、何度も読み直したことで、全ページの文章がより頭に入ったので、結果的に良かったと思っています。

───まさに『失敗図鑑』らしい失敗でしたね。ありがとうございました!

インタビュー・文:中村美奈子(絵本ナビ編集部)
撮影:所靖子(絵本ナビ編集部)



※期間内【2018年4月5日から2018年5月2日まで】にご回答いただいた絵本ナビメンバーの方全員に、 絵本ナビのショッピングでご利用いただける、絵本ナビポイント50ポイントをプレゼントいたします。
感想を送る>>

出版社おすすめ



さがして、あそんで、ちょっとまなべる地図絵本
懐かしくて、思わず口ずさんじゃう♪

作品紹介

寿命図鑑
絵:やまぐち かおり
出版社:いろは出版
失敗図鑑
失敗図鑑の試し読みができます!
絵:mugny
編集:いろは出版
出版社:いろは出版
全ページためしよみ
年齢別絵本セット