ナージャの5つのがっこう ナージャの5つのがっこう ナージャの5つのがっこうの試し読みができます!
著: キリーロバ・ナージャ 絵: 市原 淳  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
どんな教室だったらたのしいと思う? 読んでみよー、考えてみよー!
スマホでサクサク!お買い物♪絵本ナビショッピングアプリができました!
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  「あかちゃんがよろこぶ しかけえほん」シリーズ中央大学文学部心理学研究室教授・山口真美先生、絵本作家・ひらぎみつえさん インタビュー

山口さんとひらぎさんの解説つき、シリーズ各巻紹介!

───シリーズの中から何冊かピックアップして、人気のヒミツを探っていきたいと思います。

あかちゃん みーつけた!
作:ひらぎ みつえ
出版社:ほるぷ出版

おサルの母さんが腕をのばすと子ザルが「ばあ!」。ライオンの父さんが一声ほえると子どもが飛び出し、ゾウの母さんが鼻をゆらすと子ゾウがかげからあらわれます。かわいい動物の親子のかけあいが楽しい、あかちゃんがよろこぶしかけえほん。

ひらぎ:『あかちゃん みーつけた!』も、実際にあかちゃんの反応が良かった一冊です。

───しかけから、動物のあかちゃんがでてくる、とてもかわいい絵本ですね。


しかけをひっぱると、たまごからかわいい小鳥のあかちゃんが!

山口:なかったものが出てきたり、逆にあったものが消えたり、というしかけは、0歳以下のあかちゃんも面白いと感じます。出たり消えたりするのが、あかちゃんにもわかりやすいですね。

あーおいしい!
作:ひらぎ みつえ
出版社:ほるぷ出版

クマがベロをペロリ、アイスクリーム食べちゃった。サクサクサクサク、ねずみがクッキー食べちゃった。チューチューチュー、ウサギがジュース飲んじゃった。しかけを動かすと食べものがなくなっちゃう! あかちゃんがよろこぶしかけえほん。 2018年6月発売

───『あー、おいしい!』も、いろんなしかけの動きで食べものがなくなるのがとても面白いです。

山口:この絵本も、たくさんあったものが消えてしまうしかけがいいですね。小さいあかちゃんにはストーリーよりも、なくなってしまったという見た目の変化が、おどろきの世界なんです。「なくなったね」「あるね」というのは、あかちゃんの視覚にとって大きな刺激です。



おいしそうなクッキーが…、


なくなっちゃった!

───ページをめくって絵が変化するより、しかけを使って同じ画面で絵が変わるほうが、あかちゃんにとっては面白いのでしょうか。

山口:そうですね。大人はページをめくればその前後がつながっているという決まりは知っているけれど、あかちゃんはそのつながりがまったくわかりません。めくればまた別の世界と認識します。だからこそ、同じ画面で変化が作り出せるしかけ絵本は面白いんだと思います。

ひらぎ:食べるということに興味を持つのは、もう少し大きくなってからだと思いますが、食べ物がなくなるという面白さは、鉄板かなと思っていたので、スライド型のしかけで食べ物が減っていくアイディアは、最初から考えていました。あかちゃんにとっては、「なくなる」ことが単純に面白いんですね。

山口:食べたからなくなる、ということは分からない年齢でも、消えちゃった! ということが、あかちゃんにとっては魔法ですね。年齢があがると、食べたからなくなるということに気付いていきます。

ひらぎ:段階をふんで、年齢ごとに違う楽しみ方をしてもらえるといいなと思います。

でんしゃガタゴト
作:ひらぎ みつえ
出版社:ほるぷ出版

ひっぱると電車がのびて出発! 電車と車がぐるぐる走り、車窓の景色がくるくるかわり、最後は車庫に入ってまた明日。男の子が大好きな電車をテーマにした、あかちゃんがよろこぶしかけえほん。

───『でんしゃガタゴト』は、表紙がこんなに大きくのびるなんて! と驚きました。



電車が駅を出発! 大きく飛び出すしかけです。

山口:形が大きく変わるのも、0歳から楽しめるしかけです。伸びたり縮んだり、劇的に大きさが変わるのは、面白いですね。

───景色が動いて変化したり、電車を楽しむしかけもたくさん入っていて、長く読めそうです。

ブルブルブルドーザー
作:ひらぎ みつえ
出版社:ほるぷ出版

ガーガー、ショベルカーが地面をほります。ザザザー、ダンプカーが土をおろします。グルグルグル、ミキサー車がコンクリートをまぜます。しかけを動かすと工事の車が動きだす。あかちゃんがよろこぶしかけえほん。2018年6月1日発売

───働く車がテーマの絵本。いろんな車両が登場しますね。

ひらぎ:ブルドーザーが土をならしたり、クレーン車が伸びたり、ショベルカーが土をごっそりすくい取ったり、工事車両の働く様子をしかけにしています。

山口:この絵本も、土がぱっとなくなる感じのしかけが面白いですね。あかちゃんは、回転する動きも好きなので、回転しながら土がなくなるしかけも喜ぶと思います。ミキサー車のしかけのグルグルもあかちゃんは大好きです。


かっこいいショベルカーのアームが…


ぐるんと回転して土をすくい上げます。


しかけを回すと、ミキサー車が「グルグル グルグル」

───あかちゃんの好きなものがたくさん入っていますね。ひらぎさんはどうやってこのしかけを考えたのですか?

ひらぎ:2・3歳の子で工事車両が好きな子が本当に満足するものにしたいという思いがありました。本当に回ったり、土が動いたりする様子をしかけでどうやって体感してもらえるかを考えました。

───2・3歳の子どもが好きな部分をつきつめていくと、クレーンが伸びて形が変わったり、回ったり、あかちゃんが反応するところと共通するものがあるかもしれないですね。

山口:1歳半くらいの男の子がどんなものを見ているのか調べたら、親が「この子は車が大好き」と思っていた子が、実は車のタイヤしか見ていなかった、ということがありました。タイヤの金のホイールや、自転車の車輪がグルグルまわっているのを、ひたすらじっと見ていたんです。

ひらぎ:全体より部分的なものに注目しているということですね。

山口:動くもの、とくに回転しているものが大好きで、キラキラ動いているものが大好きなんです。小さいときから確かに男の子は車や機械が好きかもしれないけれど、動く部分から入って好きになるんですね。

───のりものが好きとひとくちで言っても、分解していくと面白いですね。回っているから好き、動いているから好きとか。

ひらぎ:絵本を作るときに、ブルドーザーやショベルカーのそれぞれどんなところが面白いか追究して、この形にしているので、それが、あかちゃんの好きなこと「なくなること」「回転」と繋がっていたことがうれしいです。突き詰めると、結局みんな同じところが面白いのかもしれないですね。

サンタさん どこにいるの?
作:ひらぎ みつえ
出版社:ほるぷ出版

今日はクリスマス。サンタさんはどこかな? ページをめくってしかけを動かすたびに、サンタさんがあらわれるよ。あかちゃんがよろこぶしかけ絵本。

山口:この絵本のしかけも、0歳から楽しめるしかけがいろいろありますね。それからクリスマスって派手なのがいいんです。いろんなものがあって、カラフルで。プレゼントや飾りや、ワクワクする刺激がいっぱいあって、クリスマスの絵は、あかちゃんも楽しいんです。


「ここじゃよ!」 隠れていたサンタさんが出てくるしかけ

───大人は、クリスマスがテーマだからもうちょっと大きくなってからかな、と思ったりするけれど、0歳から楽しめる要素がたくさんあるんですね!

ひらぎ:このシリーズを作るときに、はじめは子どもたちが飽きないように、しかけのバリエーションをたくさん作ることを工夫していました。でも途中で、それは大人の考えだったと気づきました。それよりも、絵がどっちの方向へ動くか、どこに隠れるか、そういうことに知恵を絞るほうが子どもたちは喜ぶんだと、こだわるポイントを変えたんです。

───あかちゃんが自然と注目してしまうしかけは、そのこだわりから生まれているんですね。

出版社おすすめ

  • かえるがみえる
    かえるがみえるの試し読みができます!
    かえるがみえる
    作:松岡 享子 絵:馬場 のぼる 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    かえるがみえる、かえるがかえる、「える」の変化だけで愉快なお話が生まれます!言葉の手品みたいな絵本


>絵本エイド ―こころにひかりを―
MOE&kodomoe雑誌バックナンバー

山口真美(やまぐちまさみ)

  • お茶の水女子大学大学院人間文化研究科人間発達学専攻修了後、ATR 人間情報通信研究所・福島大学生涯学習教育研究センターを経て、中央大学文学部心理学研究室教授。博士(人文科学)。日本顔学会、日本心理学会理事。新学術領域「トランスカルチャー状況下における顔身体学の構築―他文化をつなぐ顔と身体表現―」領域長。
    著書に、「赤ちゃんの視覚と心の発達」(東京大学出版会)、「赤ちゃんは顔をよむ」(紀伊国屋書店)、「自分の顔が好きですか?――「顔」の心理学」(岩波ジュニア新書)、「発達障害の素顔 脳の発達と視覚形成からのアプローチ」(講談社ブルーバックス)など。

    http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~ymasa/
    http://kao-shintai.jp/index.html

ひらぎみつえ

  • 1977年石川県金沢市生まれ。東京大学文学部卒業後、広告制作会社勤務を経て絵本作家に。
    あかちゃんがよろこぶしかけえほんシリーズ『お?かお!』『あー おいしい!』『でんしゃ ガタゴト』『サンタさん どこにいるの?』(ほるぷ出版)など。絵本に、洗濯バサミが冒険するお話『せんたくばさみの サミー』(鈴木出版)などがある。

作品紹介

あーおいしい!
作:ひらぎ みつえ
出版社:ほるぷ出版
どうぶつダンス
作:ひらぎ みつえ
出版社:ほるぷ出版
ブルブルブルドーザー
作:ひらぎ みつえ
出版社:ほるぷ出版
あかちゃん みーつけた!
作:ひらぎ みつえ
出版社:ほるぷ出版
でんしゃガタゴト
作:ひらぎ みつえ
出版社:ほるぷ出版
お?かお!
作:ひらぎ みつえ
出版社:ほるぷ出版
クリスマスパーティーはじまるよ!
作:ひらぎ みつえ
出版社:ほるぷ出版
サンタさん どこにいるの?
作:ひらぎ みつえ
出版社:ほるぷ出版
全ページためしよみ
年齢別絵本セット