なつのもりの かぶとむし なつのもりの かぶとむし
文: 谷本 雄治 絵: サトウ マサノリ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
夏がきた!夏の絵本、虫の絵本、カブトムシ絵本の新ていばんが出来ました!
小学生からの【読みもの】もあります。楽しく読書習慣を。 絵本ナビの「絵本クラブ」がお手伝いします。>>>
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  かこさとしさんから子どもたちへの最後の贈り物『みずとは なんじゃ?』 鈴木まもるさんインタビュー

子どもたちに「水」を伝える

───かこさとしさんの作品には、デビュー作の『だむのおじさんたち』(福音館書店)をはじめ『かわ』(福音館書店)、『あまいみず からいみず』(絵:和歌山静子/童心社)など、水にまつわる絵本を数多く出版されています。

鈴木:『かわ』は、ぼくが子どもの頃に、かこ先生の絵本ではじめて出会った作品です。山の頂上から川へつながって、ページをめくるごとに世界が広がっていって……。本当によくできた絵本だなと思います。僕にとっては大きい存在の絵本の1冊です。 


───水について、かこさんがお話されていたことで印象に残っていることはありますか?

小林:かこ先生は化学研究所に勤められていたとき、日々の研究で水の持つ力を利用されていたので、水の特異性と大切さを実感されていたのですね。
「水はすごく不思議な性質をたくさん持っているんだけれども、みんな気がつかずに当たり前のように使っているんだ」と何度も何度もおっしゃられていたのが記憶に残っています。私も、小さい子向けの「水」の絵本ということで、気体とか液体とか、変身するのが楽しいんだよ、というぐらいのつもりでいたら、「水は、固体から液体、液体から気体と何度繰り返しても、不純物が出ない。他の物質は何度も形が変わると不純物が生まれる。でも水はそれがないんだよ。」というお話をされたり。先生から、どんどん水の専門的なお話が出てくるので、絵本にどこまで盛り込むかというのがとても難しかったですね。

───たくさんの知識のなかから、絵本に載せる内容を絞り込んでいったのですね。

小林:どんな年齢の子に何を伝えるか、最初に手に取ってもらう水の絵本として、子どもたちに最低限何を知ってもらいたいかということを、先生は強く意識されていらっしゃったなと感じます。


男の子・女の子・幼児の3人を登場させるのは、かこさんの指定でした。

───鈴木さんは初めて原稿を読んだときどう思われましたか?

鈴木:生き物のために水が大切なのはもちろん身近な感覚だけど、大きな地球という規模で見ても、水がこんなに大切なものなんだということを、僕は知らなかったです。例えば、絵本の後半にあるように、水のおかげで、地球の温度が上がりすぎたり下がりすぎたりせず、命が守られているということも知りませんでした。
この絵本でも、日常に当たり前にある「水」を、こういう視点まで広げて見せてくれる。やっぱり、かこ先生はすごいなと思いましたね。
実は、ずいぶん前ですが、僕も水の絵本を描こうとしたことがありました。ラフの段階でお蔵入りしていたものを、そういえばと思い出してひっぱり出してみたんです。僕の絵本は涙の水からはじまって、水が海にいって、また雨になって……、という構成でした。もちろん先生の絵本とは違いますし比べるのは恐れ多いのですが、かこ先生の絵本には涙としての水は出てこないので、僕と先生の違いを感じて面白かったですね。

小林:そのラフを見せていただいてびっくりしました。水が空を昇って落ちて植物や命を育むというところは、かこ先生の描いたものととても似た雰囲気を感じて。やはりかこ先生と鈴木さんは、子どもたちに伝えたいことや思いが共通しているんだなと感じました。

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記
【絵本ナビ・夏の読書】記憶に残る本と出会おう!

鈴木まもる(すずきまもる)

  • 1952年、東京都生まれ。東京芸術大学中退。「黒ねこサンゴロウ」シリーズ(偕成社)で赤い鳥さし絵賞を、『ぼくの鳥の巣絵日記』で講談社出版文化賞絵本賞を、『ニワシドリのひみつ』(岩崎書店)で産経児童出版文化賞JR賞を受賞。 主な絵本作品に『ピン・ポン・バス』『がんばれ!パトカー』(偕成社)、『せんろはつづく』『つみきでとんとん』(金の星社)、エッセイに『バサラ山スケッチ通信』(小峰書店)などがある。また鳥の巣研究家として 『日本の鳥の巣図鑑 全259』(偕成社)、『鳥の巣いろいろ』(偕成社)、『鳥の巣の本』『世界の鳥の巣の本』『ぼくの鳥の巣コレクション』(岩崎書店)、『鳥の巣みつけた』『鳥の巣研究ノート』(あすなろ書房)などの著書があり、全国で鳥の巣展覧会を開催している。

作品紹介

みずとは なんじゃ?
みずとは なんじゃ?の試し読みができます!
作:かこ さとし
絵:鈴木 まもる
出版社:小峰書店
全ページためしよみ
年齢別絵本セット