新刊
すきなこと にがてなこと

すきなこと にがてなこと(くもん出版)

「すき」と「にがて」でつながる世界を描く絵本。

  • 泣ける
  • 学べる
  • ためしよみ
新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  絵本紹介  >  8月の注目の新刊&おすすめ絵本 〜人気シリーズ最新刊〜

連載

2021年8月の新刊&おすすめ絵本

連載トップへ

長年愛されているロングセラーシリーズから人気急上昇中の新シリーズまで、8月に刊行された人気シリーズ最新刊6冊を紹介します。

早くも2冊目が刊行された「ねこと王さま」シリーズは、王さまがお金を稼ぐために、いろんな仕事にチャレンジするおはなし。でも王さまなので、できることが限られていて……王さまの挑戦を通じて、生活に必要な仕事についても考えられる1冊になってします。

『ぱったんして』は、画家・松田奈那子さんによる、子どもがはじめてふれるアートの絵本も2冊目ですが、子どもはもちろん、大人もアートしたくなる魅力的な絵本になっています。

「アニマルバス」シリーズは、レビアニメが原作の絵本ですが、放送が終了しても女の子や大人女子を中心に、キャラクター人気が高まっています。同じくテレビ番組から生まれた「INSECT LAND(インセクトランド)」シリーズも、安定の人気作。

そして親世代も親しんできた「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけ」シリーズの最新刊は、なんと44巻目! 今作は女の子のおばけソッチのおはなし。いつ見てもかわいい小さなおばけたちの活躍に、胸を躍らせながら読んでみてください。

最後は、サイン本が瞬く間に売れてしまう大人気作「いつつごうさぎ」シリーズの最新刊。夏らしい爽やかな青の表紙が目を引きます。

さて、あなたが気になっていたシリーズの最新刊はみつかりましたか? シリーズものは、巻を追うごとに世界の秘密やキャラクターについていろんなことがわかったりして、より深く本の世界を楽しめるのが良いところです。1冊読んで気に入ったら、ぜひシリーズ通して読んでみてくださいね。

 

 

王さまにピッタリの職業ってなあに? 王さまとネコのゆるーいお仕事探しがおもしろい『ネコと王さま しごとをさがす』

  • ねこと王さま しごとをさがす

    出版社からの内容紹介

    『ねこと王さま』(第66回青少年読書感想文全国コンクール小学校中学年の部課題図書)の続編。

    お城がもえてしまった王さまは、
    友だちのねこといっしょに、
    町で楽しくくらしていました。

    ところが、ねこは金庫のお金を数えて、
    ため息をついてしまいました。

    請求書のお金をはらったり、
    バスに乗ったり、
    買い物をしたりするには、お金がかかります。

    そこでふたりは、
    新しいしごとをさがすことにしますが…? 

    すぐにしごとをクビになる王さまと、
    かしこいねこのゆかいで楽しい物語。

前作はこちら

イヌやパンダ、ウサギがバスになった人気キャラクターの絵本『アニマルバスと くものうえ』

  • アニマルバスと くものうえ

    出版社からの内容紹介

    ここは、動物でもあり乗りものでもあるふしぎな生きもの、アニマルバスが暮らす村。
    今日は見習いバスの仲間たちがピクニックに出かける日です。でも空はあいにくの雨模様。そのとき……ぽてん! 突然空からもふもふした生きものが降ってきた!?
    もふもふをお家に返すため、ウサバスのラビィは耳をぷるぷる回して……。
    自分だけの特技を生かして、あまえんぼうのラビィが大奮闘! シリーズ第5弾。

    ◆◆「アニマルバス」とは?◆◆
    「しずくちゃん」や「おじぱん」、「ばなにゃ」を生み出した、株式会社クーリアによって制作されたキャラクター。動物でもあり、乗りものでもある不思議な仲間たちが、一人前のバスになるために大奮闘! テレビ東京系列の子ども向けバラエティー番組「きんだーてれび」で、アニメーションにもなりました。

この書籍を作った人

あさの ますみ

あさの ますみ (あさのますみ)

1977年秋田県生まれ。2007年、『おひさま』(小学館)主催第13回おひさま大賞の童話部門最優秀賞を受賞。『ぼくんちに、マツイヒデキ!?』(学研)が初の絵本作品。児童書の作品に『ウルは空色魔女@ はじめての魔女クッキー』(角川書店)がある。また、浅野真澄の名前で声優としても活躍、多数の出演作をもつ。

「アニマルバス」シリーズはこちら

『INSECT LAND(インセクトランド)クワガタのラファエル、あばれんぼうのひみつ』を通して子どもの困りごとを知るきっかけに

  • INSECT LAND(インセクトランド)クワガタのラファエル、あばれんぼうの ひみつ

    出版社からの内容紹介

    今日は昆虫たちが、森でタネ拾いゲームをしています。
    森に落ちている、さまざまなタネをみんなが次々と拾うなか、クワガタのラファエルはうまく見つけられません。そして焦りがつのって、とんでもない行動に出てしまいます。どうして、そんなことをしてしまったのでしょう。

    実はラファエルには、みんなに言えなかった、ひみつがありました。

    楽しい森に起こった、ちょっとした波乱。昆虫たちは、どんなことをするでしょうか。

    発達段階の子どもは、自分の気持ちをうまく表現することができません。
    頭ごなしに否定するのではなく、どうやって成長を促していくのか、
    社会としてどのように包摂していくのか。それを読み解くヒントが、本書に書かれています。
    いまあらゆる場で必要とされている、インクルーシブ教育や合理的配慮について知る、考えるきっかけとなる1冊です。

「INSECT LAND(インセクトランド)」シリーズはこちら

やっぱり遠足のお弁当って特別♪『おばけのソッチ ぞびぞびどうぶつえん アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ(44)』

  • おばけのソッチ ぞびぞびどうぶつえん アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ(44)

    出版社からの内容紹介

    ★『スパゲッティがたべたいよう』(1979年)に始まり、親から子へ、さらに次の世代へと読み継がれている幼年童話のロングセラー「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけシリーズ」は、角野栄子氏がひとり読みを始めた子どもたちのために、ライフワークとして取り組み続けているシリーズです。第44巻は、あめ屋さんに住む女の子のおばけ、ソッチのお話。

    ★おばけのソッチは、小学校の1年生。遠足で動物園にいくことになりました。ところが、前の夜のお天気は大あれ。でも、てるてるぼうずが、かみなりさまにたのんで、晴れにしてくれました。おばあちゃんの作ってくれたおべんとうをのぞくと、いつものおにぎり。ソッチはがっかりしますが……。小さなおばけのソッチが大活躍。そして、胸がじーんとするお話。

この書籍を作った人

角野 栄子

角野 栄子 (かどのえいこ)

1935年東京都生まれ。早稲田大学教育学部英語英文科卒業。日本福祉大学客員教授。1984年に路傍の石文学賞を受賞。「おおどろぼうブラブラ氏」(講談社)でサンケイ児童出版文化賞大賞、「魔女の宅急便」(福音館書店)で野間児童文芸賞と小学館文学賞を受賞。絵本に「ケンケンとびのけんちゃん」(あかね書房)、「ぼくびょうきじゃないよ」(福音館書店)、童話に「ちびねこチョビ」(あかね書房)など作品多数。

この書籍を作った人

佐々木 洋子

佐々木 洋子 (ささきようこ)

1952年、青森県生まれ。女子美術大学卒業。「小さなおばけ」シリーズ、「ぴょんぴょんえほん」シリーズ(ともにポプラ社)で、角野栄子さんと長年コンビを組んでいる。自作の絵本に、「くまくんのあかちゃんえほん」シリーズ、『おもちおばけ』(ともにポプラ社)などがある。

「小さなおばけ」シリーズはこちら

ぽったんとたらしてぱったんするだけ!オノマトペも楽しい『ぱったんして 』

  • ぱったんして

    出版社からの内容紹介

    【はじめてふれるアートの絵本】

    あかいてんと あかいまる
    ぱったんしたら なにができる?

    実際に絵本をぱったんしながら読んでみてください。
    うつくしい色彩、ふくらむ想像力。
    読んだらきっと絵をかきたくなる!

    【おうちでぱったんしてみよう!】
    おうち遊びや、保育や図工の時間に楽しめるお絵かき遊びの解説付き。

この書籍を作った人

松田 奈那子

松田 奈那子 (まつだななこ)

1985年、北海道生まれ。画家。絵本作家。2009年に札幌大谷大学短期大学部専攻科美術専攻を卒業。2011年、多摩美術大学大学院美術研究科 修士課程 絵画専攻 修了。絵本制作のほか、雑誌、広告、映画など様々な媒体で活動。個展、グループ展にて作品を発表し、子ども向けの造形教室やワークショップも開催している。

前作はこちら

うちの街にも来て欲しい!うさぎの喫茶バスで海に行くおはなし『いつつごうさぎとうみのほうせき』

  • いつつごうさぎとうみのほうせき

    出版社からの内容紹介

    お店とお家が一緒になったトラックで、愉快に旅するいつつごうさぎ。今日は海辺で開店です。
    トウモロコシ、じゅうじゅう焼いて。
    氷はけずってふわふわに。
    焼きトウモロコシに、かき氷、おまたせしました!
    ちょっと休憩、海で遊ぼう。波打ち際でシロが拾ったのは、キラキラ輝く宝石!?

    『いつつごうさぎのきっさてん』待望の続編!

この書籍を作った人

まつお りかこ

まつお りかこ (まつおりかこ)

1989年大分県生まれ。東京都育ち。女子美術大学版画コース卒業。見る人の気持ちをあたたかくする絵を描く。喜怒哀楽の表情が豊かな動物が特長。作品に『あめのひえんそく』(岩崎書店)、『おふろだいすき! しろくまきょうだい』(教育画劇)、『いっしょにあそぼう いない いない ばあ!』『ねんねのじかん ねてるこ だあれ?』(共に永岡書店)がある。

前作はこちら

< 2021年7月新刊&おすすめ絵本

> 2021年9月新刊&おすすめ

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。


「はじめての」シリーズ累計発行100万部突破記念 てづかあけみさんインタビュー
2022年度カレンダー、続々入荷してます♪
全ページためしよみ
年齢別絵本セット