話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ
新刊
この まちの どこかに

この まちの どこかに(評論社)

2019年ニューヨーク・タイムズ最優秀絵本賞受賞作!

  • ギフト
  • その他
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  制作日記  >  『しろうさぎとりんごの木』ができるまで

《スペシャルコンテンツ》制作日記

2013.09.10

『しろうさぎとりんごの木』ができるまで
石井睦美さん×酒井駒子さん 往復書簡

一覧を見る

2013.09.10

第1回 石井睦美さん→酒井駒子さん

絵本ナビユーザーの皆様こんにちは。文溪堂編集部のOです。今秋〜クリスマスにかけて、文溪堂が自信を持ってお薦めしたい作品のご紹介です。

以前より石井睦美さんの作品を拝読しながら、こんなきれいな文章、こんな世界観の作品に、酒井駒子さんの絵がついたらきっと素敵な絵本になるだろうなぁ、と思いました。そこで、石井さんにお目にかかり、酒井さんとの絵本を作りませんか? とご相談してみました。石井さんも、酒井さんの絵が大好きで、いつか一緒にと思っていた、とのことで、ご快諾いただきました。

そして、この「しろうさぎとりんごの木」のテキストが私の所に届きました。
この作品を一読して、私はすっかりその世界観のとりこになりました。
本当に美しい文章で、静かで、優しい世界がそこにあったのです。
すぐに、酒井さんにご連絡をし、お目にかかりました。
酒井さんはすぐに、そのテキストを気に入ってくださって、これまたご快諾をいただきました。

そして、月日は満ちて、お二人の絵本「しろうさぎとりんごの木」が、いよいよ10月上旬に発売になります!

この絵本をお二人がどういう思いで作られていたかを、往復書簡という形で全8回に渡って掲載する予定です。今回は第1回目。石井さんから酒井さんへのメッセージです。


いかがだったでしょうか?
石井さんの書いた「うさぎの子」は、酒井さんの手で、どんな絵になるのでしょうか・・・。
ワクワクします。
第2回目をお楽しみに!

(文溪堂編集部:O)

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • おおかみのはなし
    おおかみのはなしの試し読みができます!
    おおかみのはなし
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ことば遊び絵本『はやくちこぶた』の三びきのこぶたとおおかみが繰り広げる楽しいお話


2月の新刊&オススメ絵本情報

石井 睦美【いしいむつみ】

  • 神奈川県生まれ。
  • 『五月のはじめ、日曜日の朝』(岩崎書店)で毎日新聞小さな童話大賞と新美南吉児童文学賞。駒井れん名義『パスカルの恋』(朝日新聞社)で朝日新人文学賞、絵本の翻訳『ジャックのあたらしいヨット』(BL出版)で産経児童出版文化賞大賞、『皿と紙ひこうき』(講談社)で日本児童文学者協会賞。
  • 作品に「わたしはすみれ」シリーズ(偕成社)、『しずかな しずかな クリスマス・イヴのひみつ』(BL出版)、『ビックバンのてんじくネズミ』(文溪堂)、『兄妹パズル』(ポプラ社)、『愛しいひとにさよならを言う』(角川春樹事務所)、『都会のアリス』(岩崎書店)など多数。

酒井 駒子【さかいこまこ】

  • 兵庫県生まれ。
  • 『ゆきがやんだら』(学研)はオランダで銀の石筆賞を受賞。『きつねのかみさま』(ポプラ社・作:あまんきみこ)で日本絵本賞。『金曜日の砂糖ちゃん』(偕成社)でブラティスラヴァ世界絵本原画展金牌賞。『ぼく おかあさんのこと...』(文溪堂)では、フランスでPITCHOU賞、オランダで銀の石筆賞を受賞。
  • 絵本に『よるくま』(偕成社)、『ロンパーちゃんとふうせん』(白泉社)など多数。

スペシャルコンテンツメニュー



全ページためしよみ
年齢別絵本セット