宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

はなくそ」 いちこうさんの声

はなくそ 著:アンジェール・ドロノワ
絵:カロリーヌ・アメル
監修:守本倫子
訳:たかのゆう
出版社:竹書房
本体価格:\1,500+税
発行日:2017年11月02日
ISBN:9784801912199
評価スコア 4.44
評価ランキング 8,841
みんなの声 総数 40
  • この絵本のレビューを書く
  • 4歳になる子供も、どれだけ言っても鼻くそを食べる、鼻水をなめるをやめられなかったので、これは効果があるかも?と半信半疑で購入してみました。

    一回読んだら、「もう読まないで!」とひとこと。
    そして、ティッシュのところへ行き、鼻を拭きました。
    いつもはついつい指を鼻に入れてしまうのをやめていました。
    すごい。そんなに即効性あるの!?
    と、じっくり本を開こうとしたら「ダメ!読まないで!」と念を押されました。

    ただし、数時間後にはまた鼻に指を突っ込んでいたので、持続性はなさそうです。
    間隔を開けて何回か絵本を読んでいきたいと思いました。
    子供へのインパクトは強かったようです。

    投稿日:2018/02/28

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「はなくそ」のみんなの声を見る

「はなくそ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / いないいないばあ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ノラネコぐんだん パンこうじょう / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かわうそモグ
    かわうそモグの試し読みができます!
    かわうそモグ
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    モグとアオメは、カワウソの兄弟。ウナギを食べようと女の子に変身したモグですが…。


【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記

みんなの声(40人)

絵本の評価(4.44)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット