注目の作品!

【偕成社】イチ押しの作品をご紹介

    全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • オオイシさん

    オオイシさん

    作:北村 直子
    出版社:偕成社

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    どうろこうじに、すもうのけいこ、 こなのあらびき、つけものいしと、 おおいそがしの オオイシさん。 あるひ、いがいな しごとに さそわれます。 『ワタナベさん』につづく、ほのぼのユーモア絵本。

  • だれも知らないふしぎな石を、女の子が調べはじめると……。

  • そらからきたこいし

    そらからきたこいし

    作・絵:しおたに まみこ
    出版社:偕成社

    • ためしよみ

    あるとき、女の子はほんのすこしだけ地面から浮いている小石を見つけました。不思議に思ってしらべはじめますが、誰に聞いても、本を読んでも、「うかぶ小石」のことはわかりません。でも、女の子がよく探すと、うかぶ小石はいろんなところですこしずつ見つかって……。木炭と鉛筆による緻密なタッチの絵で、女の子の小石への思い、小石が集まってからおこったとくべ...続きを読む







ユーザーレビュー

  • 古典をベースにした物語競演

    5.0

    「古典から生まれた新しい物語」という響きに惹かれて手に取った本に四つの短編が収録されています。 内容とタイトルから原作を想像するには、知っている物語でないと解らないのですが、それぞれに楽しめました。 「三びきの熊」は、そのまんまではありますが、その後の女の子の事にもふれ、素敵なメルヘンになっています。 一番気に入ったのは標題にもなっ...続きを読む

  • ファーストブックの定番!

    5.0

    0歳児の絵本としては一番有名なのでは、というくらい定番の絵本。 プレゼントで頂きました。 タイトルの通り、じゃーじゃー、びりびり、わんわん、かんかんなど擬音語続きの絵本です。 我が家は低月齢の頃はあまり絵本に関心をもたなかったのですが、 1歳くらいから好きで読んでいて、3歳になった今でもたまに自分で読んでいます。 ○○ちゃんのえ...続きを読む

  • 頑張れ〜!!

    5.0

    我が家の小学校3年生の娘がとっている某通信教育の国語の読解問題に、こちらにお話の一部が載っていました。 おばあちゃんの手術のお話です。 無事に。。。と思いながら。 小学校中学年くらいのお子さんの読書にぴったりな1冊に思いました。...続きを読む

  • お話も挿絵も素敵

    5.0

    馬を大好きな6歳の娘が、夢中になって読んでいました。 冒険要素の強い不思議なお話ですが、星の入った水や、ガラスあめ、ガラスのうまなど美しいものも沢山出てくるので、キラキラしたものが好きな女の子の心もガッチリ掴んでくれます。 林明子さんの挿絵がお話にピッタリ合っていて、思わず読むのを止めてしばらく見惚れてしまいます。...続きを読む

  • 帽子の中には

    5.0

    どうして帽子をとらないのかな?恥ずかしがり屋さんなのかな?と読み進めていくと、その理由はなんとも可愛くてびっくりなことが起こります。とてもテンポよく、優しい口調で読めるお話でこの赤ちゃんわらべうたシリーズは大好きです。...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット