出版社エディターブログ

荒井良二さん新たな傑作「きょうはそらにまるいつき」

2016年10月4日 16時40分  

ふと見あげた空に、まんまるいお月さまを見つけると、なんだかとってもうれしい気持ちになりませんか? そんな、ささやかなよろこびを夜の情景のなかに描いた荒井良二さんの新刊絵本です。
公園の祭りの明かり、暗い海でしぶきをあげるクジラ、暮れた街に映えるあたたかな光…どの見開きもうっとりするほど美しく、奥深く、そしてどの夜空にもかがやくまんまるのお月さまが、幸せな気持ちにさせてくれます。

荒井良二さん新たな傑作「きょうはそらにまるいつき」

出版社おすすめ

  • ねんどのむにゅ

    ねんどのむにゅ

    作・絵:新井 洋行
    価格:¥700+ 税

    ねんどの「むにゅ」はいろんな形になるのがとくい。今日もころころころがって、ぴょーんととんで、あそびます。さいごにはちゃんとおともだちも見つけました。さまざまに形を変えていく面白さを目で味わえる一冊。

  • はらぺこあおむし 日本語版40周年記念限定版

    世界中で愛されている絵本『はらぺこあおむし』は今年、日本語版刊行40周年をむかえました。本書は、装幀をシルバーに変えた40周年記念限定版。中に、作者カール氏からのメッセージが印刷されています。作品をより深く楽しめる冊子つき。冊子には、作者のプロフィール、『はらぺこあおむし』が誕生したときのエピソード、コラージュ(貼り絵)の作り方や、実際につくって遊べる素材などを収録しています。







注目の作品!

【偕成社】イチ押しの作品をご紹介

    かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた

  • すうじかるた 100かいだてのいえ

    すうじかるた 100かいだてのいえ

    作:いわい としお
    出版社:偕成社

    大人気絵本『100かいだてのいえ』からうまれた、数字であそべるあたらしいかるた! ・数字で取る、絵でも取れる! 絵札と読み札がそれぞれ100階分。読み札にも絵がついているので、まだ数字がわからない子でも楽しくあそべます。 ・いつのまにか100まで数えられるように! 絵本「100かいだてのいえ」 シリーズには、「100まで数...続きを読む

  • レトロ&近未来 奇天烈ワールドへようこそ! 楽しさいっぱい、遊べる絵本

  • しょうてんがいくん

    しょうてんがいくん

    作:大串 ゆうじ
    出版社:偕成社

    「たかし、しょうてんがいくんまで おつかいにいってくれる?」「うん、いいよ!」 こうして、たかしくんははじめてのおつかいに行くことになりました。行き先は「しょうてんがいくん」。たくさんのお店があって、どんなものでも売っています。たかしくんはお母さんのメモにしたがって、さっそくおかいものをはじめたのですが……。まちがいさがし、あみだくじ、...続きを読む

ユーザーレビュー

  • こぶたになっちゃう!?

    4.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    妖精フーカからこぶたになっちゃう!?チョコレートをもらったジュン。それは間違いで、何も知らずにそのチョコがクラスメイトの男子の手に渡ってしまい!? バレンタインのお話でもありますけど、主人公の子はバレンタインデーなんて関係ない、って感じの女の子。一人称も「ボク」で外見も男の子みたい。 こんなジュンもいつかは恋をするのかなーとも思います...続きを読む

  • 終わりがあっさり

    5.0

    読む前からストーリーの予想はつくのですが・・・。 意外とディテールが凝っていたり、動物園の中の説明が長かったり、なかなか読み応えのある絵本でした。 一番いいなぁと思ったのは終わりがすごくあっさりしていること。 動物園が楽しかったとか、残念だったとか、そういうことが一切ありません。 大人はついつい反応を気にしてしまうけど、子供は...続きを読む

  • あるある!

    4.0

    さかながすごい迫力ですね〜。 こんなに大きいわけがないんだけど、子供たちにとってみたら、これぐらい巨大に見えるはず。 ただ焼いて食べて・・・というだけなのですが、実体験に基づいているだけあって、すごく臨場感があります。 魚がつるんと逃げて「ふふふ・・・」と笑っているあたり、確かにこういう顔に見えますよね? あるある、とうなずき...続きを読む

  • わくわく

    4.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    ひと目、絵を見て、「かおるだ!」とこども。本を読んでみたら、やっぱりかおる。 「ふしぎなふしぎなながぐつ」の子と同じ子ですよね?こどもはそれも嬉しかったようです。 おおきなきがほしい、と理想の木像を語ってくれるかおる。具体的でイメージのはっきりした様子に感心すると同時にわくわく感がありました。 実際にこんなおおきなきがあったらなーと...続きを読む

  • キイチゴって、こんなに種類があったんだ。

    4.0

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    「しぜんとともだちになろう みつける・たべる・そだてる」のシリーズの1冊で、イチゴを特集したものです。 イチゴの中でもお店で見かける栽培されているイチゴではなく、野原に咲くキイチゴに焦点を当てています。 子どもの頃は、その辺に咲いているキイチゴをとって洗って勝手に食べたこともありますが、最近の関東地方の住宅地できいちごを見かけることは...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット