注目の作品!

【偕成社】イチ押しの作品をご紹介

    0歳からのあかちゃん絵本!あかちゃんの耳が喜ぶ楽しいリズム

  • ぐにゃぐにゃ わんわん

    ぐにゃぐにゃ わんわん

    作:ナカオマサトシ
    絵:fancomi
    出版社:偕成社

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    「ぐにゃぐにゃぐにゃぐにゃ?」「わんわん!」 ページをめくると、ぐにゃぐにゃした線がぴーんとなって、かわいい絵に変わります。 「ぐにゃぐにゃぐにゃぐにゃ?」とリズミカルに読むと、赤ちゃんがしぜんと笑顔に! たのしい語感と絵の変化を、親子でいっしょにたのしめる、手軽でかわいいボードブックです。

  • ことわざが絵でつながる!? 異色の絵本

  • むげんことわざものがたり

    むげんことわざものがたり

    作:大串 ゆうじ
    出版社:偕成社

    • ためしよみ

    「犬も歩けば棒に当たる」からはじまり、ことわざがどんどんつながって、物語が動き出す! ぐうぐう寝てばかりで大きく育った子どもがついに起き、おばあさんとおじいさんの家へたからものを届けることになりました。さて、道中にはどんなできごとがまっているでしょうか? 口に出して気持ちいい、何度見ても楽しめる、ことわざ・慣用句だけでお話がつづい...続きを読む

\全文が回文でできた絵本『よるよ』発売記念キャンペーン!/

本文が回文(さかさ言葉)でできたユニークな絵本、『よるよ』(コジヤジコ 作/中山信一 絵)。この絵本の発売を記念した、X(旧Twitter)でのキャンペーンを実施中です。

「よるよ」にちなみ、「よるくるよ」「よるくまくるよ」といった、「よる○○○るよ」の回文を考えてください! 優秀者3名様に、『よるよ』サイン本(ご希望のお名前入り)、ご応募いただいた回文入りのオリジナルステッカーシートをプレゼントいたします。




出版社おすすめ

  • ちいさな木

    ちいさな木

    作:角野 栄子
    絵:佐竹 美保
    税込価格:¥1,430

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

     町はずれの寂しい道に、ポツンと1本の木が生えていました。もう何年もそこにいましたが、ずっと小さいままでした。あるとき、1匹のみすぼらしい犬がやってきました。「ぼく、家出したんだよ。これから、じぶんのすきなところへ行くんだ。きみも、いっしょに行こうよ」。そういわれた木は、初めて根っこを「よっこらしょ」と土から引き抜いてみました。すると、なんと歩けるようになったのです! さあ、ここではないどこか、「じぶんがすきなところ」をもとめて、冒険の旅に出発です!

     とちゅうで岩と沼も加わり、歩みもバラバラな異色の4人が、山あり谷ありの道を一歩ずつ進んでいきます。スタンスタン、イッポイッポ、ゴロンチョゴロンチョ、ポチョンチョポチョンチョ。

    はたして、みんなの「じ…続きはこちら >>>

  • かこさとし童話集(1) 動物のおはなしその1

    2018年に逝去したかこさとし氏は、240余りの小さなお話の原稿を残し、自ら編んで、さまざまなお話の種類に分類していました。「動物のおはなし」「日本のむかしばなし」「生活のなかのおはなし」「世界のおはなし」です。まだ本にしていないお話や、雑誌に掲載されたり、紙芝居としてかかれたお話を、亡くなる直前まで手を加えたり挿絵を描いて、童話集として編集をしていたのです。どの巻も、文字を読み始めた小さな子から小学生くらいの子どもたちに向けて、どこから読んでも楽しめるおもしろいお話をいっぱい収録しています。1巻は、3冊あるうちの「動物のおはなし<その1>」。からすのカンタくんの成長のお話「おむすび山のカラスちゃん」から始まり、お寺の境内でありんこたちが大きなお菓子を見つけて大騒ぎする「こってりチョコ菓子じ…続きはこちら >>>







イベントカレンダー

ユーザーレビュー

  • 音の響きが楽しい!

    5.0

    • ありゅさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子2歳、女の子1歳

    0歳の時から楽しんで読んでいました。はっきりとした色遣いの絵に、シンプルな単語と擬音語。子供って繰り返す言葉好きですよね。「わんわん」「かんかん」「ぶーんぶーん」一緒になって言おうとしてくれます。 ハードカバーなので折れにくいのも良いです。次のページをめくる本の楽しさを教えてくれたのもこの絵本です。 人気な理由が分かります。...続きを読む

  • 歌えないけど

    4.0

    保育園で読んでもらったことがあるようで、息子はこの絵本が大好きです。 エリック・カールさんの独特の色使いで描かれた動物たちが出てくるたび、息子は「ヤマアラシ!」「キツネ!」と叫びながら、楽しそうに聞いていました。 息子はさやいんげんがわからないようで、なかなか覚えられず、「月曜日は何やった?」と繰り返し聞いてきたのが印象に残りました笑...続きを読む

  • 優しい小人たち

    5.0

    熱を出して寝ている子どもにしか見ることのできない小人たち。 寝込んでいる主人公の女の子にも、見ることができました。 小人たち、優しいですね。 熱があると分かると解熱の装置で介抱したり、女の子が眠ったと分かると小声で話したり。 そして、いつの間にかいなくなる。 見返りを求めないその姿に、好感が持てました。...続きを読む

  • 17冊目

    4.0

    このシリーズはまだ続いています。 ありがとうがテーマです。 あいさつがテーマのお話は好きですが、 ありがとうは特にいいですね。 ありがとうを言った人も言われた人も うれしいなという文章がありました。 まさにその通りで気持ちのいいものですね。 感謝するということはとても大事です。 絵本を通じて...続きを読む

  • 大好きだよ

    4.0

    大好きな相手を抱きしめる。 嬉しそうな顔をしたり、 恥ずかしそうな顔をしたり、 それぞれのリアクションの違いが 楽しめます。 ゆうちゃんが全員を抱きしめる時、 片足をあげてさらに囲い込む様子が かわいいと思いました。 ...続きを読む

注目の作品!

【偕成社】イチ押しの作品をご紹介

    0歳からのあかちゃん絵本!あかちゃんの耳が喜ぶ楽しいリズム

  • ぐにゃぐにゃ わんわん

    ぐにゃぐにゃ わんわん

    作:ナカオマサトシ
    絵:fancomi
    出版社:偕成社

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    「ぐにゃぐにゃぐにゃぐにゃ?」「わんわん!」 ページをめくると、ぐにゃぐにゃした線がぴーんとなって、かわいい絵に変わります。 「ぐにゃぐにゃぐにゃぐにゃ?」とリズミカルに読むと、赤ちゃんがしぜんと笑顔に! たのしい語感と絵の変化を、親子でいっしょにたのしめる、手軽でかわいいボードブックです。

  • ことわざが絵でつながる!? 異色の絵本

  • むげんことわざものがたり

    むげんことわざものがたり

    作:大串 ゆうじ
    出版社:偕成社

    • ためしよみ

    「犬も歩けば棒に当たる」からはじまり、ことわざがどんどんつながって、物語が動き出す! ぐうぐう寝てばかりで大きく育った子どもがついに起き、おばあさんとおじいさんの家へたからものを届けることになりました。さて、道中にはどんなできごとがまっているでしょうか? 口に出して気持ちいい、何度見ても楽しめる、ことわざ・慣用句だけでお話がつづい...続きを読む


全ページためしよみ
年齢別絵本セット