注目の作品!

【偕成社】イチ押しの作品をご紹介

    全ページ立ち読み公開中! はたらく石のオオイシさん♪

  • オオイシさん

    オオイシさん

    作:北村 直子
    出版社:偕成社

    • ためしよみ
    • ‘全ページためしよみ

    どうろこうじに、すもうのけいこ、 こなのあらびき、つけものいしと、 おおいそがしの オオイシさん。 あるひ、いがいな しごとに さそわれます。 『ワタナベさん』につづく、ほのぼのユーモア絵本。

  • だれも知らないふしぎな石を、女の子が調べはじめると……。

  • そらからきたこいし

    そらからきたこいし

    作・絵:しおたに まみこ
    出版社:偕成社

    • ためしよみ

    あるとき、女の子はほんのすこしだけ地面から浮いている小石を見つけました。不思議に思ってしらべはじめますが、誰に聞いても、本を読んでも、「うかぶ小石」のことはわかりません。でも、女の子がよく探すと、うかぶ小石はいろんなところですこしずつ見つかって……。木炭と鉛筆による緻密なタッチの絵で、女の子の小石への思い、小石が集まってからおこったとくべ...続きを読む







ユーザーレビュー

  • みんなでね○○したの

    5.0

    じゃーじゃーびりびりでお馴染みのまついのりこさんのあかちゃん絵本です。 朝起きてから、夜眠るまでの一日について、 みんなでね、まんまたべたの。 みんなでね、すべったの。 など、みんなでね、○○したの、という繰り返しが小さな子にも覚えやすいようで、 確か2歳手前頃によくこの絵本を娘が覚えて読んでいたのを思い出しました。...続きを読む

  • なんて夢のあるお話

    5.0

    とても夢があるお話ですね。 パパ、お月さまとって!とはすごい。 いくら愛する娘のお願いとはいえ、それは無理だわ!と普通は思ってしまうところを、そうは言わないのが、エリックカールさんです。 長い長いハシゴを持ってきて、空高く空高く登っていき、本当に月まで行ってしまうなんて、私のかたい頭では絶対に出来ない発想です。 長い部分や高い部分...続きを読む

  • 「え、本当にいるの?」

    4.0

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    アストリッド・リンドグレーンの『みまわりこびと』と似ていますが、 雰囲気が違います。 こっちのほうが、 より静寂で、大人っぽい感じの雰囲気です。 読み終わった後、 あとがきを見ていると、 8歳児が 「え、本当にいるの?」 と聞いてくるので、 あとがきを少し読んであげました。...続きを読む

  • 「やまなし」の世界

    3.0

    このお話は、「小さな谷川の底を写した二枚の青い幻燈です」 という一文から始まります。 青さとスライドのようなイメージが先だってしまうので、遠山さんの、軟らかい絵に、どうしても違和感を覚えてしまいます。 先に田原田鶴子さんの絵を見てしまったからでしょうか。 それだけ、宮沢賢治の中に、写実と幻想感のある、自身の絵が既存する物語だと思い...続きを読む

  • 斬新な言葉遊びの絵本

    5.0

    • るらはママさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子4歳、男の子2歳

    歯医者さんにやってきたわにと、わにを患者さんに迎えてしまった歯医者さんが、同じ言葉で違う意味と気持ちを語る、これまでに読んだことのないタイプのお話でした。 とてもおもしろかったです。 何より、わにさんと歯医者さんが無事に治療を終えられて良かったです。...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット