話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

話題
お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう

お金の使い方と計算がわかる おかねのれんしゅうちょう(学研)

4歳からできる、金銭教育!新聞やTVで話題の幼児ドリル♪キャンペーン対象

雪の女王」 てんぐざるさんの声

雪の女王 原作:アンデルセン
文:ナオミ・ルイス
絵:エロール・ル・カイン
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1981年
ISBN:9784593501427
評価スコア 4.25
評価ランキング 18,638
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • もしかしたら“ゆばーば”のモデルはこの人?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    多くの人が知っているアンデルセンの有名なお話です。
    とわいえ、私はこの年になるまで、絵本では一度も読んだ記憶がありませんでした。でも、お話は知っているので、たぶん子どもの頃子ども向けのアニメで見たのだと思います。

    この絵本の絵は、私のだい好きなエロール・ル・カインですが、
    カイを探しに一人旅に出たゲルダに優しく声をかけた魔女(雪の女王とは別人)!この顔どこかで見たことがある!なんか知ってるぞ。と、しばらく考えていて気づきました。
    宮崎駿アニメの『千と千尋』に登場する“ゆばーば”にすごく似ていました。
    もしかしたら、宮崎駿さんは、この絵本から、ゆばーばのイメージをもらっていたのかもしれませんね。

    エロール・ル・カインの絵はとても丁寧できれいなのに、
    なぜかカイとゲルダの顔は平たくてあまり可愛いと思える顔だちをしていませんでした。
    (他のお話の主人公はいつもたいていきれいに描かれているのに、不思議です)
    ゲルダのカイを訪ねる旅は意外と長くて、いろいろなところに立ち寄ったりします。1ページに書かれている文は多くて細かい字でした。
    読み聞かせに使うには聞き手も、読み手もつらそうです。

    投稿日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「雪の女王」のみんなの声を見る

「雪の女王」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】第5回「怪奇漢方桃印」シリーズ 桃さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット