出版社おすすめ

  • 蝶の目と草はらの秘密

    人には見えないものを見ることのできる生物とは何か?泡のなかに身をかくす昆虫とは何か?ただ一つの生き物をのぞき、ほかの生き物たちすべてに有毒な植物とは何か?リズミカルな詩句による≪なぞかけ≫と、科学の知識をユニークに組み合わせた絵本から、草はらの隠れた世界を見つけてみよう!

ユーザーレビュー

  • 原題は「The Three Little Wolves and the Big Bad Pig」。 そう。 3匹のこぶたならぬ、3匹の小さなオオカミと、悪い大ブタのお話です。 悪い大ブタは、小さなオオカミたちの家を、次々に襲撃するのですが・・・。 とにかくぶっとんでます。 レンガの家をハンマーでたたき壊し、コンクリー...続きを読む

  • 予想外のラスト

    2.0

    • げがんさん
    • 30代
    • ママ
    • 奈良県
    • 女の子5歳、男の子2歳、男の子0歳

    きかんぼの、「ちいさいふるいじどうしゃ」は、運転手のおじさんが「待っていろ」と言ったのに勝手に走り出してしまいます。道にいたカエルやウサギなどが、ひかれないように「いまどくからちょっと待って」と言うのにおかまいなし!構わず進んではね飛ばしたりする、なんともやんちゃなじどうしゃです。ところがラストは意外な展開になり、びっくりしました。「じど...続きを読む

  • かわいく思えてくる

    4.0

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    「隣の芝は青い」 まさに、その通りですね。 息子たちも相手の持っている本やおもちゃの方が よく見えるようで、 毎日おもちゃの取り合いをしています。 ペチューニアは、おばかさんだけど、 ここまで突き抜けておばかさんだと かわいく思えてくるから不思議ですね。...続きを読む

  • 面白い!

    5.0

    3びきのこぶたのパロディということでずっと気になっていました。 読み終えて、皆さまの高評価に納得!とても面白かったです。 こぶたとオオカミの立場が逆転し、とんでもなく弱々しくてかわいい3びきのオオカミと、とんでもなく凶悪なオオブタの攻防戦が笑えます。 お家がだんだんハイテクになっていくんですが、最後はそうきたかって感じで、ラストは色...続きを読む

  • 毎ページたのしいびっくり!

    5.0

    • ミュさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子2歳

    クリスマスに、と選んだ一冊。 サンタさんからの贈り物の野菜が、サンタさんから教えてもらったおまじないで別の物に早変わり! 色やモノの名前が覚えられるし、野菜から他の物に変わるアイディアがおもしろくて、切り絵を詳細に確認してしまったり。 最後に全てのアイテムが大集合するページはおみごとの一言。 2歳の息子は嫌いな野菜にも...続きを読む

注目の作品!

【冨山房】イチ押しの作品をご紹介

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

  • 子供から大人までそれぞれの感性
    で理解して受けとめるみんなの本

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット