出版社おすすめ

  • 蝶の目と草はらの秘密

    人には見えないものを見ることのできる生物とは何か?泡のなかに身をかくす昆虫とは何か?ただ一つの生き物をのぞき、ほかの生き物たちすべてに有毒な植物とは何か?リズミカルな詩句による≪なぞかけ≫と、科学の知識をユニークに組み合わせた絵本から、草はらの隠れた世界を見つけてみよう!

ユーザーレビュー

  • 冒険物語

    5.0

    最近、映画にもなりましたね。昔、大学の授業で読んだことがあって、面白い絵本だったと記憶していたので、映画化にも納得しました。そして、母となって自分の子どもにこの絵本を読む日がくるなんて、本当に感無量でした。 絵本の男の子のやんちゃさが、全ての子どもに備わっているのではないかと、個人的には思っています。だから子ども心をくすぐるんじゃないか...続きを読む

  • 素敵な絵本

    5.0

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    本当に素敵なバニーのお母さん。 大きな愛で息子を包み込み、どんなあなたでも大好きよ。と息子に直接伝えるその言葉を聞いていると、私もそう思っていたんだ。と気づかされます。 毎日寝ているほっぺにちゅっとキスしていたり、抱きしめていた小さかった日を思い出し、反省とともにあたたかい気持ちになりました。 息子の、○○らしいってどういうこと?と...続きを読む

  • じっくり味わいたい名作

    4.0

    昔に読んだことあったような・・・ でも、自分からは手を出さなかったような・・・ この絵本、読書推進支援講座で 「子どもと良書をつなごう!A」で 講師の先生が読みきかせしてくださった絵本です 「こういう本を是非、読んでほしい」 と、力説 なかなか子どもからは手には取らず 絵も遠めが効かないので 大人数での読みきかせ...続きを読む

  • 新鮮

    5.0

    「かぜ」はよく知っていると思っていたけれど、ジルベルトをとおしてかたられる「かぜ」に、何度もはっとしました。 知らなかったかぜの姿を教えてもらえたようで、新鮮な思いがしました。 風がふくたび、思い出しそうな絵本です。...続きを読む

  • 意外や意外がおもしろい

    5.0

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    3匹のおおかみがレンガの家を建てている冒頭の部分から、3匹のこぶた逆バージョンだな。と予想して読み進めていったのですが、まさかまさかの展開です。 レンガで建てた家はブタに吹き飛ばされ、コンクリートで建ててもドリルでくだかれ、鉄で作ってもダイナマイトで吹き飛ばされ…。これ以上丈夫な家なんてない!とオオカミと一緒に先を心配していると、なんと...続きを読む

注目の作品!

【冨山房】イチ押しの作品をご紹介

    読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

  • 子供から大人までそれぞれの感性
    で理解して受けとめるみんなの本

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット