出版社おすすめ

  • 蝶の目と草はらの秘密

    人には見えないものを見ることのできる生物とは何か?泡のなかに身をかくす昆虫とは何か?ただ一つの生き物をのぞき、ほかの生き物たちすべてに有毒な植物とは何か?リズミカルな詩句による≪なぞかけ≫と、科学の知識をユニークに組み合わせた絵本から、草はらの隠れた世界を見つけてみよう!

ユーザーレビュー

  • 楽しい1冊。

    5.0

    なかなか船と共に生活する環境にはないので、こういう絵本は面白く楽しく日常とはまた違った味わいを感じられるな〜と多いました。 「これに乗ってみたい!」「この船が好き!」など読み手の子供達からの声が聞こえてきそうですね(笑)。...続きを読む

  • 動物達と。

    5.0

    農場体験ってそう簡単にはなかなかできないので、こういう絵本はいいな〜と思いました。 動物とのふれあいはもちろんですが。人間もこういう動物達によって生かされているという食育の学びにもなるかも知れません。 イラストもとてもよかったです。...続きを読む

  • 壊し方が迫力ありますね

    4.0

    ダイナマイトや電気ドリル、ハンマーでお家を壊してしまうところが衝撃的でした。最後はお花のお家でこわいおおぶたちゃんの心が改められるのですが、平和なお話がどちらかというと好みの私にはなんだか怖い絵本でした。このくらいインパクトがあると子どもたちにも好かれるとは思いますが…個人感ですね。...続きを読む

  • 今のまま

    5.0

    「今のままでいいんだよ」ってこの言葉、お母さんから言われるって子どもにとってとても大きな言葉じゃないかなと思います。子どもにとって1番の存在の親に認められるって、すごく大切だと思っています。息子がいろいろなことがわかってきたら読んであげたいです。...続きを読む

  • 不思議で惹かれてしまう

    5.0

    以前、テレビでもおすすめの絵本で紹介されていました。私も幼い頃何度も読んでもらいました。怖いけどなんだか気になって「もういっかい」と読んでもらいたくなる不思議で惹かれてしまう絵本です。息子用に新しい絵本を購入したので、この絵本のよさにいつか気づいてくれたら嬉しいです。...続きを読む

注目の作品!

【冨山房】イチ押しの作品をご紹介

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

  • 子供から大人までそれぞれの感性
    で理解して受けとめるみんなの本

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット