出版社おすすめ

  • 蝶の目と草はらの秘密

    人には見えないものを見ることのできる生物とは何か?泡のなかに身をかくす昆虫とは何か?ただ一つの生き物をのぞき、ほかの生き物たちすべてに有毒な植物とは何か?リズミカルな詩句による≪なぞかけ≫と、科学の知識をユニークに組み合わせた絵本から、草はらの隠れた世界を見つけてみよう!

ユーザーレビュー

  • 子どものやってみたい欲求を満たす

    4.0

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    よくお薦めされていたので 何回か図書館で借りて読むのですが、 正直、そんなに面白いとも思えない。 でも、子どもたちはミッキーが裸になって ケーキの中に入るだけで楽しみ、 生地をこねて飛行機を作り、 牛乳の中に入ったり、 子どものやってみたい欲求を満たすのでしょうね。 洋書を読んで、短い訳のうまさに感心しました。...続きを読む

  • インパクトのある絵

    5.0

    マーシャ・ブラウンの絵にひかれて、読んでみました。氷の家がとけるまでは、表面的に仲良くできていたうさぎときつね。困った状況になった時、本当の友達かどうかわかるのかもしれません。リズムよく展開されるくりかえしと、インパクトのある絵が良かったです。...続きを読む

  • かっこよさ、力強さ

    4.0

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    洋書も読んでみましたが、 マザーグースの元ネタもよくわからず、 なんだこの話はというのが感想です。 でも、よくはわからないけれど、 「劣悪な環境の中でどう生き延びるか」というテーマも 読んだ後知ったのですが、 不気味な話や絵の中で、 最後に一緒に暮らしている様子にほっとします。 大人だったら、問題を議論するだけで ...続きを読む

  • 学校での読み聞かせに

    4.0

    小学二年生の読み聞かせの時間に持って行きました。「三びきのこぶた」が出てくるものだとばかり思っていた子供達は、タイトルを聞いただけで「え?!」と驚いてくれます。その後も、悪い大ブタのあまりに悪い行動の数々に、みんな良いリアクションを見せてくれ、盛り上がりました。 ただ、割と長めなお話で、13分?15分くらいかかると思います。私の場合は、...続きを読む

  • 逆転の発想

    5.0

    とてもおもしろいお話でした。 設定は、「3匹のこぶた」の逆バージョン。小さな3匹のオオカミを、大きなブタが攻撃します。 3匹のオオカミが家を建てるたびに大きなブタがやってきて、壊します。強固な家を作れば作るほど、ブタの攻撃は過激になっていきます。 これからどうなるの? そう思ったとき、お話は意外な展開になります。 なんだか、トラ...続きを読む

注目の作品!

【冨山房】イチ押しの作品をご紹介

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

  • 子供から大人までそれぞれの感性
    で理解して受けとめるみんなの本

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット