出版社おすすめ

  • 蝶の目と草はらの秘密

    人には見えないものを見ることのできる生物とは何か?泡のなかに身をかくす昆虫とは何か?ただ一つの生き物をのぞき、ほかの生き物たちすべてに有毒な植物とは何か?リズミカルな詩句による≪なぞかけ≫と、科学の知識をユニークに組み合わせた絵本から、草はらの隠れた世界を見つけてみよう!

ユーザーレビュー

  • ママが赤ちゃんの世話で忙しくて 話も聞いてくれない マーチンは家でします 「自分の話を聞いてくれる誰かを捜して」  しかも変装して・・・・ ここからのお話の展開が かわいい マーチンが出会ったのは 年寄りのうまと すずめ ねこ うまも 遠いところへいきたかったのです・・・・ お互いに 気持ちが分かるもの同士 でも とお...続きを読む

  • ロビン

    4.0

    • イヨイヨさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    絵本ナビのランキングにいつも入っていてこの本を知りました。こういうかんじの本はいくつかあるけれど、ロビン スポワートさんの絵がとても印象的で好きだったのでこちらをお迎えしました。 おはなしがはじまる前のページに、窓がかいてあり、 わたしたち みんなに とあります。この窓の絵がとても気に入っています。...続きを読む

  • おともだちができたら

    5.0

    • イヨイヨさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子4歳、女の子2歳

    むすこに、おともだちができたら我が家にお迎えしようと思っていた絵本。年少のむすこくん。大好きなおともだちができ、たくさんあそび、言い合いもしたり、競ったりしはじめたので、とうとうこちらをお迎えしました。 かわいいおはなしー!っと喜んでいます。かたくなったこころが、ほどけていく感じの絵本です。...続きを読む

  • おおブタ怖すぎ!

    5.0

    作者のユージーン・トリビザスは犯罪学者。 悪いおおブタ、見るからに相当悪そうな顔してます。 おおブタが使うものは「ハンマー」「ドリル」「ダイナマイト」と悪のレベルが高い。 結構文字数が多いので読み聞かせるには時間がかかるけど、ブラックユーモアがわかる小学生以上が読むと楽しい絵本だと思います。 個人的には、これでもかというくらい...続きを読む

  • 詩を見る

    4.0

    ことばあそびのパフォーマーでもあるはせみつこさんが編んだ詩集。 詩ですから、声に出して耳で楽しむのが基本ですが、 題名に「みえる」を盛り込んでいるところが、本編の特徴でしょうか。 漢字を分解したり、文字を介して体感する世界があるような気がします。 それでも、ジャンルやインパクトは順不同。 頭はフル回転です。 漢字が好きな私にと...続きを読む

注目の作品!

【冨山房】イチ押しの作品をご紹介

    読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

  • 子供から大人までそれぞれの感性
    で理解して受けとめるみんなの本

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット