出版社おすすめ

  • 蝶の目と草はらの秘密

    人には見えないものを見ることのできる生物とは何か?泡のなかに身をかくす昆虫とは何か?ただ一つの生き物をのぞき、ほかの生き物たちすべてに有毒な植物とは何か?リズミカルな詩句による≪なぞかけ≫と、科学の知識をユニークに組み合わせた絵本から、草はらの隠れた世界を見つけてみよう!

ユーザーレビュー

  • 異文化体験

    5.0

    昨年、絵本・文学関連の博物館の子ども向け図書コーナーで見つけました。12月でしたから、クリスマス関連の絵本がディスプレイしてあったのです。その中で見たことがない表紙でしたので手に取りました。 エッツの作品で、40年以上前に出版されたものなのに、今まで存在を知らなかったのが不思議なくらい良い絵本でした。 世界各地でそれぞれの土地の宗...続きを読む

  • アフリカの昔話

    5.0

    アフリカの昔話だったので、図書館から借りてきました。 ワ二が虫歯が痛いので、虫歯を抜いてもらおうと頼んだのですが 空からウミワシが、「ワ二の言うことなんか聞くんじゃないよ。」と、 忠告するものだから、お人よしもダチョウ以外は、みんな逃げて 行ってしまいました。ダチョウは、ワ二の口の奥に入っていった時 に、ワ二...続きを読む

  • 子どもがたまらなくかわいく思えてきます。

    4.0

    良い意味で「ママのための絵本」だな、と思いました。 読んでいると、子どもがたまらなくかわいく思えてきます。 この絵本を読んだあとの気持ちがずっと続けば良いのですが、なかなかそうはいきません… 残念な限りです。。 娘はあまり気に入らなかったようですが、私自身のために、たまに読みたい絵本です。...続きを読む

  • 子どもの世界や感情も表現

    5.0

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子4歳

    ちょっと長いけれど、洋書で読んで面白かったので、 子どもにも読んであげたくなり、図書館で借りて読みました。 メキシコの文化って、お手伝いさんや、鳥を売る人など、 日本ではあまりなじみがないのですが、 ピニャータを割る映像はテレビで見たことがあったので 少しイメージしやすかったです。 アヒルと同じように冷たいお風呂に入り...続きを読む

  • イラストもレトロ感があって素敵です!!

    5.0

    イラストもとても素朴で温かみがありレトロ感がありいい味を出していて素敵で、文章も短くわかりやすいです。 小さいお子さん向けの安心して読める1冊に思います。 短い文章の中にうも主語述語、起承転結があるような文面が、またいいな〜と思いました。...続きを読む

注目の作品!

【冨山房】イチ押しの作品をご紹介

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

  • 子供から大人までそれぞれの感性
    で理解して受けとめるみんなの本

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット