出版社おすすめ

  • 蝶の目と草はらの秘密

    人には見えないものを見ることのできる生物とは何か?泡のなかに身をかくす昆虫とは何か?ただ一つの生き物をのぞき、ほかの生き物たちすべてに有毒な植物とは何か?リズミカルな詩句による≪なぞかけ≫と、科学の知識をユニークに組み合わせた絵本から、草はらの隠れた世界を見つけてみよう!

ユーザーレビュー

  • 三文字

    4.0

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    「ふたり」に始まり、「にやり、きらり、ばさり、にたり・・・」と 最後に「り」の付く言葉だけが、 大きく三文字で書かれているだけです。 でも、たったそれだけの言葉でも 絵と一緒に見ると それがどんな場面かわかります。 子どもたちも、一緒に言ったり、 5歳児は「これは〜だね」と解説してくれたり しながら絵本を楽しみまし...続きを読む

  • なるほどなるほどのへびたいじ

    4.0

    へびはへびでも毒へびのがらがら蛇です。 怖くて気味の悪いへびを退治するのだから、読むのにちょっと緊張しましたが、最後にはホッとできました。 こんなやり方でガラガラどんが退治できたのだから、本当はただの大食いなのでしょうか。...続きを読む

  • 新しいクリスマス絵本

    5.0

    これは新しいタイプのクリスマス絵本ですね。 けんちゃんという男の子のもとに、沢山の野菜とサンタさんからの手紙が届きます。 手紙に書かれているように、いち、に、さんた!と唱えると、 野菜がパッと切り絵になり、全く別のものに変身! 問題形式になっているので、きっと読み聞かせでは盛り上がること間違いなしだと思います。 クリスマスのお話...続きを読む

  • 何度も伝えたい

    4.0

    3歳の娘に選んで読みました。いつも、大好きよと伝えているのですが、幼稚園などで離れると少し不安になるようでこういった本を使って、気持ちを伝えるのもいいかなと思いました。いいこってどんな子?難しい質問ですが、どんなときでも愛しているよ、と伝えていきたいなと思いました。...続きを読む

  • ほほえましい

    4.0

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、男の子5歳

    私も小さい頃タオルケットがお気に入りだったようで、 切れ端のようなものが残っていますが、 しおりぐらいの大きさになっていて、 何度も洗ったり、引きずったりしたんだろうなと ほほえましいです。 息子たちはこれと言ってあまりお気に入りのものがなく、 いろんなものに興味が引かれ、 その都度持ち歩くものが変わっていたので それ...続きを読む

注目の作品!

【冨山房】イチ押しの作品をご紹介

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

  • 子供から大人までそれぞれの感性
    で理解して受けとめるみんなの本

  • もうなかないよ、クリズラ

    もうなかないよ、クリズラ

    作:ゼバスティアン・ロート
    訳:平野 卿子
    出版社:冨山房

    がちょうのヨランテとかめのクリズラは大のなかよし。本をよんだり、スポーツしたりなんでもはなしあう、とびっきりのともだちです。ところがある日、クリズラのすがたがみえなくなってしまいました・・・・「クリズラ、なんでいなくなっちゃったの?

全ページためしよみ
年齢別絵本セット