どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃん どんどこ ももんちゃんの試し読みができます!
作: とよた かずひこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
わが子にそっくり!何回よんでもママもパパも楽しいロングセラー絵本
☆うさこ☆さん 30代・せんせい

まっすぐに進む先には…
ももんちゃんシリーズの1作目ということ…

マタギに育てられたクマ」 レイラさんの声

マタギに育てられたクマ 作:金治直美
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年12月
ISBN:9784333023523
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,015
みんなの声 総数 3
「マタギに育てられたクマ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 自然との共存としてのクマ狩り

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子15歳、男の子13歳

    読書感想文全国コンクール小学校高学年の部課題図書。
    自然との共存について考えさせられるノンフィクションです。
    世界遺産でもある青森県白神山地のマタギ(伝統的なクマ狩りをする人々)について
    書かれてあります。
    まずは、表紙と巻頭の、かわいらしい子グマの姿に惹き付けられます。
    題名にもあるように、熊の湯旅館の吉川さんはクマを2頭飼っているのです。
    立派なツキノワグマ。
    なぜ、そうなったのかを読み進めるうちに、
    吉川さんのマタギとしての生活、そして、さらに祖父までさかのぼって
    マタギの伝統的な狩りの様子が描かれます。
    たくさんの神聖な儀式をこなしていくことで、その精神が伝わってきます。
    まさしく、自然との共存の姿があります。
    クマ狩りを含めて、山の恵みをいただくことへの感謝の念。
    その精神が脈々と代々伝えられているそうです。
    いのちというものの根源について考えさせられます。
    子どもたちにも様々なことを考えさせてくれるように思います。
    クマのこともよくわかりました。
    この本をきっかけに、椋鳩十さんの『月の輪ぐま』、シートン動物記等も読んでほしいですね。

    投稿日:2009/06/06

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「マタギに育てられたクマ」のみんなの声を見る

「マタギに育てられたクマ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



カエル親子の陽気な会話で繰り広げられる成長と気づきの物語

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット