出版社エディターブログ

あまーいバナナ、じょうずにむいて、めしあがれ

2016年9月8日 14時26分  2歳10ヶ月の息子はバナナが大好き。バナナのあたまのところに少し切れ目を入れて「はい どうぞ」と渡すと、真剣な顔でよいしょよいしょとむいて嬉しそうにほおばります。栄養満点で、手軽で、食べやすい甘い味。バナナは離乳食のときからお世話になっている、そんなママも多いのではないでしょうか。

「おいしい ともだち」シリーズ第11作は、ついにばななくんが主人公。
3人いっしょにお散歩に出かけたばななくんたち。ぽき〜んと離れた拍子に転んでしまった2人の皮を、ばななくんがむいてあげました。するとばななくんが、「あの〜 ぼく ひとりに なっちゃったんで」…。読者の子どもたちがばななくんの皮をむいてあげる、という楽しい展開。

息子は初めて読んだときから、最後のページの3本とも手にとって食べるという食いしんぼうぶりを見せてくれました。大好きなバナナともっと仲よしになれたようです。

あまーいバナナ、じょうずにむいて、めしあがれ

注目の作品!

【童心社】イチ押しの作品をご紹介

    来年も福がいっぱいの一年になりますように。

  • 十二支のおもちつき

    十二支のおもちつき

    作:すとう あさえ
    絵:早川 純子
    出版社:童心社

    今年ももうすぐおしまいです。おじいさんとおばあさんは餅つきの準備をしています。そこにお腹を空かせたねずみが訪ねてきたので、おじいさんとおばあさんは、お米をわけてあげました。次の日の朝、ねずみが「お礼に、餅つきを手伝います」と一緒につれてきたのは……十二支たち。はじめて季節の行事に出あう子どもたちに、「お正月」「お餅つき」「干支」に親しみを...続きを読む

  • おいもとつなひき、おいもほり!

  • さつまのおいも

    さつまのおいも

    文:中川 ひろたか
    絵:村上 康成
    出版社:童心社

    • ためしよみ

    人間に食べられてばかりのおいもにだって、少しは考えもある。土の中で体をきたえ、さあ逆襲だ。

出版社おすすめ

  • ばななくんがね・・

    ばななくんたちは三人でくっついたまま、おさんぽへ出かけます。
    けれどよろよろ、もたもた歩きにくいので…。
    読者の子どもたちが、ばななくんの皮をむいてあげる場面もあります。
    最後はたくさんほおばって、めしあがれ。

  • 紙芝居 たべられたやまんば

    山寺の小僧がおばあさんの家に遊びに行くと、おばあさんは栗をたくさん煮て小僧を待っていました。お腹がいっぱいになった小僧を泊めたおばあさんは、夜中になるとやまんばになって…。
    日本民話「さんまいのおふだ」がダイナミックな紙芝居になりました。

ユーザーレビュー

  • 大津波

    4.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    母子家庭で登校拒否中の少年、一弥。 大津波により、一変する世界。 母親への後悔等が目立ちます。思ったときには遅い…って辛いですよね。 ほかにも過去を振り返る人続出。 「生きる」っていうのは難しくもあるけど、尊いことでもあるのでしょう。...続きを読む

  • 3-1の転校生

    4.0

    おじゃる丸の女の子バージョン?と思ったらさにあらず。 平安時代そのままの転校生少女、たかこのおはなし。 何と十二単に扇というビジュアルに、平安言葉。 それが、小学校生活の中に不思議と溶け合っているのが、新鮮な光景です。 圧巻は学級遠足。 突然の雹(ひょう)に見舞われますが、たかこの十二単で無事クリア。 さりげなく奥ゆかしい着物...続きを読む

  • いろんなかたちのしかく

    5.0

    息子が二歳の時のお気に入りNo1の絵本です。保育園に置いてあって、保育士さんから、息子がこの絵本を好きなことを教えてもらいました。園にあるから自宅になくても良いだろうと思っていたら、買ってほしいとねだられたため、購入しました。購入後は待ちきれなかったらしく、書店から家に帰る前に読まされ、その後も何度も何度も読みました。 しかくが集まって...続きを読む

  • くもも頑張って生きている

    5.0

    得田さんの虫のイラストは図鑑のような本格的なものからアニメっぽいものまで、すごく幅がありますね。 これはちょうど中間ぐらい。 たぶん虫嫌いな人も安心して(?)読めると思います。 くもがくもの巣をはる、というすごーくシンプルなテーマです。 でもそこに得田さんのくもへの愛情が感じられる絵本。 私自身はあまり虫が得意ではないけれど...続きを読む

  • みんなうつらうつらとしてしまう光の中

    5.0

    しっているのは だれでしょう、、、という文章で つながってゆく きれいな絵本です。 ねずみのちーちーから、ゆらめくカーテンへ カーテンから、またたくお星さまへというふうに 愛らしい絵がつながってゆきます 途中から、詩というよりは、かわいいお話が展開してゆきます。 南仏の絵のようなきれいな色。 バラの花、赤いドア、揺れるカーテ...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット