出版社エディターブログ

ちょっぴりこわくてユーモラス かわいいサイズで登場!

2017年6月21日 13時23分  


せなけいこおばけえほんが、ちいさめの新装版サイズで登場しました!代表作『ばけものづかい』は落語をもとにした名作です。人づかいの荒いおじいさんがばけものが出るというやしきに引っ越してきました。やってきたのはひとつめこぞうにろくろくび…。おじいさんどうする?
怖すぎないのが人気のひみつ。せなけいこさんのユーモアも満載です。夏にどうぞ!

ちょっぴりこわくてユーモラス かわいいサイズで登場!

注目の作品!

【童心社】イチ押しの作品をご紹介

    自分じゃ気がつけない、すてきなところ【絵本テキスト大賞受賞作】

  • マスク

    マスク

    作:福井 智
    絵:林 なつこ
    出版社:童心社

    「これで、はなをかくそうっと」ブタくんが、見つけたマスクをかけようとしていたら、ともだちが次々やってきて、さきにマスクをかけてしまいます……自分のすてきなところを発見するお話。

  • 敬老の日に・・・おばあちゃんってすごい!

  • おばあちゃんがおばあちゃんになった日

    おばあちゃんがおばあちゃんになった日

    作:長野 ヒデ子
    出版社:童心社

    かわいい赤ちゃんがうまれて、おかあさんは大忙し。お姉ちゃんになったあこちゃんのおむかえには、おばあちゃんがきてくれます。あこちゃんのおばあちゃんは、いつから「おばあちゃん」になったのかな?あこちゃんとおばあちゃんの心の交流、そして赤ちゃんをむかえた家庭のあたたかさを描いた物語です。

出版社おすすめ

  • でんしゃがきました

    でんしゃがきました

    作・絵:三浦 太郎
    価格:¥1,300+ 税

    でんしゃはガッタンふみきりカンカン。あれあれなんだかいいにおい。ねずみさんのまってるえきに、チーズのろめんでんしゃがきました。らいおんさん、ぞうさんのまってるえきには、どんなでんしゃがくるかな?

  • 紙芝居 たべられたやまんば

    山寺の小僧がおばあさんの家に遊びに行くと、おばあさんは栗をたくさん煮て小僧を待っていました。お腹がいっぱいになった小僧を泊めたおばあさんは、夜中になるとやまんばになって…。
    日本民話「さんまいのおふだ」がダイナミックな紙芝居になりました。

ユーザーレビュー

  • ももんちゃんの作家さんの紙芝居

    5.0

    ももんちゃんのだ! と思い、素早く図書館で借りました。 小さい子に親しみやすい絵柄、そしてお話がなんとも独特。 機関車と車がおいかけっこして、ブランコに乗る。 という、夢のような、でも幼児なら夢で見てそうな物語です。 とよたかずひこさんらしいなー。 なんて思いました。 我が家の1歳も4歳も楽しそうに見てくれます。...続きを読む

  • 怖いのがくせになる?

    5.0

    たまにはちょっと怖そうな紙芝居を読んであげようかな、とこちらを図書館で選びました。 4歳の息子用と考えていたのですが、思いのほか1歳の下の子に大ヒット。 1回読んだら3回は連続しないと気がすまないようです。 ちょっと怖い感じに読んであげているのですが、怖くないのかな…? 真剣な顔で見ているので雰囲気は伝わってるんじゃないかな?...続きを読む

  • むしがいっぱい

    4.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    こちらのシリーズがけっこう好きな子に読みました。 今回もむしがたくさんでよかったです。 このむしはどれ?と私に聞いたり、自分でさがしたりしながら楽しんでいるようです。 エダシャクが枝に擬態しているシーンがお気に入り。...続きを読む

  • アドバイス

    5.0

    お互いに確認が足りなくて約束の場所を間違えてすれ違ってしまった二人ですが、たかおじさんのアドバイスで仲直りすることが出来てよかったと思いました。「明日、その子に謝ればいいよ。電話やメールじゃなくて、会って、目を見て、話すべきだね」と、アドバイスしてくれたことは、本当に大切なことだと思いました。水彩画も絵もとてもマッチしていて素敵でした。...続きを読む

  • 上質のユーモアです

    3.0

    さつま弁?おすもうさんの言葉? を語るさつまいも。 言葉が、絵と似あっていて、とても面白いです。 子どもたちに大うけです。 こういう、おおらかな絵本、いいですね。 芋ほりの季節には、毎年読んで楽しみたい1冊です。...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット