出版社エディターブログ

ももんちゃんの新しいおはなし、冬のももんちゃん

2017年11月8日 9時30分  

今回はシリーズ初となる冬のおはなしです。雪の中でも元気にあそぶももんちゃん。みんなで一緒に作ったゆきだるまにおそろいの帽子やてぶくろをつけると・・・?冬が来るのが楽しみになる1冊です。クリスマスプレゼントにもどうぞ。

ももんちゃんの新しいおはなし、冬のももんちゃん

注目の作品!

【童心社】イチ押しの作品をご紹介

    プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

  • うまれてきてくれてありがとう

    うまれてきてくれてありがとう

    作:にしもとよう
    絵:黒井 健
    出版社:童心社

    「ぼくは、ママをさがしているの。かみさまが、 『うまれていいよ』っていってくれたから・・」 クマくんやぶたくん、ほかの動物たちはみんなママと一緒です。 ぼくのママは、どこにいるの? 「あなたは、世界でたった一人のかけがえのない存在。 うまれてきてくれて、ありがとう。」絵本を通じて、親から子へメッセージを伝えることで、子どもの自己肯定感を育...続きを読む

  • にんじんさん、どんな風に育つのかな?

  • にににん にんじん

    にににん にんじん

    作:いわさ ゆうこ
    出版社:童心社

    土の中、ほそーいねっこがだんだん太くなって、にんじんに! むらさき色のにんじん、長いにんじん……いろんなにんじんがあるよ。

出版社おすすめ

  • でんしゃがきました

    でんしゃがきました

    作・絵:三浦 太郎
    価格:¥1,300+ 税

    でんしゃはガッタンふみきりカンカン。あれあれなんだかいいにおい。ねずみさんのまってるえきに、チーズのろめんでんしゃがきました。らいおんさん、ぞうさんのまってるえきには、どんなでんしゃがくるかな?

  • 紙芝居 ころころじゃっぽーん

    「やまから ころころ やーまいも」おいものわらべうたをもとにした、リズミカルなかみしばい。あかちゃんも、いっしょにうたいます。

ユーザーレビュー

  • 村人の知恵

    5.0

    高齢者向けの紙芝居を探していて見つけた作品です。 洪水で橋を流されてしまった村人が役人に陳情しますが、さすがお役所仕事です。いつ認めてもらえるか分かりません。 業を煮やした村人の発想が笑えます。 それを許したお役人の度量には感心しました。 とんちの効いたお話で、利用者さんたちにも喜んでもらえそうです。...続きを読む

  • カミイのやりたい放題

    4.0

    あくまで自分の道を行くロボット・カミイが幼稚園(保育園)に行ったらどうなるのでしょう。 劇をめちゃくちゃにして、妙な喜ばれ方をして、なんだか得意になっているカミイの勘違いに、困ってしまったたけしくんとようこちゃんです。 これだけたくましいカミイのめげない心が、素晴らしいような気もしました。...続きを読む

  • どどどどど

    4.0

    どんどこ、どんどこと、ももんちゃんはいそいでどこかへ向かっています。 絵がかわいらしいです。 子供に読み聞かせていたら、クマとの対決シーンやどどどどどと転がるシーンで喜んでいました。 子供が喜んでいる時、私はなぜクマさん通せんぼしたんだ!とツッコミをしながら読んでいました。 何度か読みましたが、何度もでてくる「どんどこ」より、「ど...続きを読む

  • みんなで大合奏

    5.0

    とむくんのたいこから始まって、次々といろんな楽器が参加して、楽しい大合奏始まります。 何だかうきうきしてくる紙芝居です。 子どもたちと一緒に楽しみたいと思います。 絵がとてもシンプルなのも、楽器と音に集中できて良いと思います。...続きを読む

  • 野菜たちの特徴をうまく使ったかけっこ

    5.0

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子18歳

    ひろかわさえこさんの年少向け紙芝居シリーズです。 8場面です。 年少向けと、銘打ってありますが、シリーズのほかの作品に比べると、ややテキストが長く、ストーリーも複雑なような気もします。 かけっこ(運動会)の様子がとても楽しそうですが、野菜たちの特徴がうまく使われているかけっこなので、 もう少し野菜の特徴などを理解できる年頃、年長さ...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット