出版社エディターブログ

ちょっぴりこわくてユーモラス かわいいサイズで登場!

2017年6月21日 13時23分  


せなけいこおばけえほんが、ちいさめの新装版サイズで登場しました!代表作『ばけものづかい』は落語をもとにした名作です。人づかいの荒いおじいさんがばけものが出るというやしきに引っ越してきました。やってきたのはひとつめこぞうにろくろくび…。おじいさんどうする?
怖すぎないのが人気のひみつ。せなけいこさんのユーモアも満載です。夏にどうぞ!

ちょっぴりこわくてユーモラス かわいいサイズで登場!

注目の作品!

【童心社】イチ押しの作品をご紹介

    よいしょ、よいしょ・・・「そち何をしておる!」さて誰がやってきた?

  • バスていよいしょ

    バスていよいしょ

    作:重松 彌佐
    絵:西村 繁男
    出版社:童心社

    学校から帰ってきたら、しんごくんの家と古いお屋敷の真ん中にバスていが立っていました。しんごくんがバスていを動かそうとしていると、駕籠かき、浪人者、お姫さまが通りかかります。そして大名行列がやってきて。

  • たのしいこといっぱい!特別な日

  • おとまりのひ

    おとまりのひ

    文:中川 ひろたか
    絵:村上 康成
    出版社:童心社

    「ピーマン村」シリーズ、11年ぶり待望の新刊です!今日は園のおとまり会。おとうさん、おかあさんとはじめてはなれて泊まります。みんなで大きなおふろに入ったあとは、浴衣にきがえて、花火とすいか!おやすみまえには、園長先生の“こわ〜い”話も。子どもたちが胸ふくらませる、夏の楽しいことがいっぱいです。

出版社おすすめ

  • でんしゃがきました

    でんしゃがきました

    作・絵:三浦 太郎
    価格:¥1,300+ 税

    でんしゃはガッタンふみきりカンカン。あれあれなんだかいいにおい。ねずみさんのまってるえきに、チーズのろめんでんしゃがきました。らいおんさん、ぞうさんのまってるえきには、どんなでんしゃがくるかな?

  • 紙芝居 たべられたやまんば

    山寺の小僧がおばあさんの家に遊びに行くと、おばあさんは栗をたくさん煮て小僧を待っていました。お腹がいっぱいになった小僧を泊めたおばあさんは、夜中になるとやまんばになって…。
    日本民話「さんまいのおふだ」がダイナミックな紙芝居になりました。

ユーザーレビュー

  • 勉強になった!

    4.0

    まるいナスや白いナス、長いナスなど、いろいろな形のナスが出てきて、どれもつやつやで本物のナスを見ているようでした。ナスの種類がこんなにあるなんて知りませんでした。ピーマンやトウガラシがナスの親戚になるということがでてきて、うちの子もびっくりしていました。...続きを読む

  • おもしろい お話でした 王様が贅沢し 無駄遣いばかりして  アヒルにお金を借りるという    お話がおもしろい展開に でも・・・王様はお金を返してくれません アヒルは 王様にお金を返してもらいに行くのですが・・・・・ キツネにであって 王様お金返してくれるかな? アヒルのお腹に入って一緒について行くのです ♪「があ があ があ...続きを読む

  • おんぶおばけ♪ こんな歌があったように思うのですが こんな赤ちゃんの昔話があったのですね むかし 暗い森があって こわ〜い 声がした 「おんぶしてえ」・・・・・ みんな怖くて逃げてくるんですが   あるとき ひとりのおばあさんが 夜に森に行ったら あんのじょう 「おんぶしてえー・・・・・・ こわかったんですが おばあさんは おん...続きを読む

  • 自分の欲望に忠実なタイコさん。

    5.0

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    体が動くうちが華、したい事は全部しようと思わせる絵本でした。タイコさんくらい欲望に忠実だと、人生が、いや、もとい魚生が物凄く楽しいだろうな。オチが秀逸でした。確かに仲間のあんな姿を見たら、海の中に帰りたくもなりますね。...続きを読む

  • 出会えてよかった

    4.0

    まじめなお話です。 外見が、みなと違うからと言って、いつもいつもいじめられ続けた女の子。 ひどい呼ばれ方をして、自分の本当の名前すら、もう忘れてしまい、 いじめられるたびに、とげがますます長くなってゆくという悪循環、 やりきれないですね。 でも絶体絶命の時に、体当たりで助けてくれたのが、 初めての味方、ヤマアラシの男の子でした...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット