クリスマスのおばけ クリスマスのおばけ クリスマスのおばけの試し読みができます!
作・絵: せな けいこ  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
クリスマスの日、おばけのこどもはどうしているのかな? おばけのこどもを思いやる女の子の、かわいくてたのしいお話。

リーかあさまのはなし」 ヒラP21さんの声

リーかあさまのはなし 文:中村 茂
絵:小林 豊
構成:斎藤 千代
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年11月30日
ISBN:9784591136461
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,479
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く
  • 閉ざされてきた話

    かなり衝撃的な絵本でした。
    かつてらい病とも言われたハンセン病の患者は、伝染するとの強い風評被害の基に、忌み嫌われ閉ざされた社会の中で封印されてきたのです。
    今では偏見は無くなったとは思うものの、表に出ることのなかった史実に光を当てた作品です。
    戦前の日本に、宣教師としてイギリスから来日したコンウォール・リーが、ハンセン病の患者たちに献身的な活動をしたことを知り、衝撃を受けました。
    偏見だけではなく、戦争という時代の流れに埋もれた活動。
    現実を知るというところで、このような絵本はとても貴重だと思います。

    投稿日:2014/02/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「リーかあさまのはなし」のみんなの声を見る

「リーかあさまのはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / うずらちゃんのかくれんぼ / だるまさんが / はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット