注目の作品!

【福音館書店】イチ押しの作品をご紹介

  • キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    作:角野 栄子
    画:佐竹 美保
    出版社:福音館書店

    わたし、魔女になりたいってわかるのかな? 人間の男の人オキノさんと、魔女のコキリさんのあいだに生まれた女の子、キキ。将来、魔女として活躍するキキが、赤ちゃんから10歳の女の子に成長していくまでを、黒猫の相棒ジジとの関わりを中心に描きます。魔女の娘として育ったキキは、どのように、魔女になる決意をするのでしょう。はたしてジジは「魔女猫」...続きを読む

  • おうさま

    おうさま

    文・絵:ディック・ブルーナ
    訳:まつおか きょうこ
    出版社:福音館書店

    恋する娘のために冠をはずした王さまのお話。 昔、ガラスでできたお城に、ちいさな王さまが住んでいました。王さまは、庭師の娘に恋をします。「君が女王さまになってくれたらいいと思うんだけど」でも、おつきの者たちは大反対。そんな娘はいけません、その子は冠を持っていません! と。そこで王さまは考えました。「そうだ、僕が王さまをやめればいいんだ...続きを読む

出版社おすすめ

  • ぐりとぐらの絵本7冊セット

    なかよし野ねずみのぐりとぐらが、野原や山を元気いっぱいかけまわる楽しいお話。シリーズ初作『ぐりとぐら』以来、全作品が常にトップセラーを続け、日本中のみならず世界の子どもたちに親しまれてきました。7冊を愛蔵セットとしてお届けします。

  • 子どもへのまなざし

    子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。

ユーザーレビュー

  • いいお話

    4.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    パンのかけらを貧しい男から盗んだちいさなあくま。ところがほかのあくまたちに怒られ、罪を償うことになります。ここのあくまたちはいいもの…?なんだか一般的なあくまのイメージとは違うなと思いました。 いいものわるものがはっきりしたお話でわかりやすいです。 いいお話ですね。...続きを読む

  • チェコのわらべうた

    4.0

    イギリスやアメリカの英語圏でのわらべうた、マザーグースは有名です。 日本を含め、どこの国でも。その土地、土地の風土に合った、わらべうたが、伝承されているのですね。 これは、チェコのわらべうたの絵本です。 とても、リズムがよくて、おすすめです。...続きを読む

  • よく分かりました。

    4.0

    すずめはいつもどうやって何を 食べているんだろうと考えたことも ありませんでしたが、 この絵本を読むとそうだったのかと 思います。 すべてのすずめということではないですが、 そうやって生きているすずめも いろんだろうなと思いました。...続きを読む

  • 地域に密着したお寺で

    5.0

    • てんぐざるさん
    • 50代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子22歳、女の子17歳

    白と黒だけの世界で描かれていました。 この手法はなんというのでしょうか。線をひっかいて描かれている印象があります。版画絵っぽいです。(ちょっと違うのかな) 地域に密着した小さなお寺の「除夜」の鐘つきの様子を描いた作品です。 しっとりじっくり描かれていて、とても素敵でした。 パパとぼくとのなんてことない1つ1つの会話も、このお参りの...続きを読む

  • 二つ目はお気に入り

    5.0

    男の子に 薔薇もよう。 何とかして このセーターを捨てようと 悪戦苦闘するハリーがとても面白いです。 そんな時に限って だれもが見つけて追いかけてくるものなのですね。 予期しない時に、ハリーのセーター問題は解消しますが ハリーがこのセーターの行き先を知っていたのが驚きでした。 そして薔薇の編み込み模様が再現されていたのは? ...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット