注目の作品!

【福音館書店】イチ押しの作品をご紹介

  • キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    作:角野 栄子
    画:佐竹 美保
    出版社:福音館書店

    わたし、魔女になりたいってわかるのかな? 人間の男の人オキノさんと、魔女のコキリさんのあいだに生まれた女の子、キキ。将来、魔女として活躍するキキが、赤ちゃんから10歳の女の子に成長していくまでを、黒猫の相棒ジジとの関わりを中心に描きます。魔女の娘として育ったキキは、どのように、魔女になる決意をするのでしょう。はたしてジジは「魔女猫」...続きを読む

  • おうさま

    おうさま

    文・絵:ディック・ブルーナ
    訳:まつおか きょうこ
    出版社:福音館書店

    恋する娘のために冠をはずした王さまのお話。 昔、ガラスでできたお城に、ちいさな王さまが住んでいました。王さまは、庭師の娘に恋をします。「君が女王さまになってくれたらいいと思うんだけど」でも、おつきの者たちは大反対。そんな娘はいけません、その子は冠を持っていません! と。そこで王さまは考えました。「そうだ、僕が王さまをやめればいいんだ...続きを読む

出版社おすすめ

  • ぐりとぐらの絵本7冊セット

    なかよし野ねずみのぐりとぐらが、野原や山を元気いっぱいかけまわる楽しいお話。シリーズ初作『ぐりとぐら』以来、全作品が常にトップセラーを続け、日本中のみならず世界の子どもたちに親しまれてきました。7冊を愛蔵セットとしてお届けします。

  • 子どもへのまなざし

    子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。

ユーザーレビュー

  • 春におすすめ

    4.0

    イラストは、くっきりした色つかいで、まるでインテリアのデザインのようです。通して読むと、春の喜びに満ちていて、元気をもらう感じがします。 色やデザインの持つ、力を感じます。 おはなし会では、お花がわらった、の手袋人形との相性がいいです。...続きを読む

  • わらべうた絵本

    4.0

    いっしょに歌って遊べる、わらべうた絵本です。 いもむしごろごろは、私たちの年代では、よく知られたわらべうただと思いますが、若い人たちは、知らない人が多いようです。 赤ちゃんをだっこして、揺らしながら歌うのに、とてもいいうたなので伝えたいですね。 絵は、木版画で温かみがあります。...続きを読む

  • まつぼっくりの不思議

    4.0

    まつぼっくりが、湿度のよって開閉するとは… 大人の私も知らなかったです。 身近にあるものので、クリスマスツリーの工作などにうってつけの、まつぼっくり。考えてみると不思議な形で、おもしろいですね。 瓶入りのまつぼっくりは実際に作ってみました!...続きを読む

  • 日本のハロウィン?

    4.0

    面白い風習だと思って読みました。 芋名月という言葉も初めて知りました。 どこかハロウィンに似ているような風習に思えましたが、どこで行われているのでしょうか。 まだ、続いているのでしょうか。 妙に懐かしい日本の姿を見ているような気になりました。...続きを読む

  • 沖縄の昔話で、絵は版画です。怠け者のじらぁですが、年とった両親のことを考えているなあとその点は感心しました・・・・・・・年とってからの子どもにはとくに親でもじいさん・ばあさんのように甘えて育てるような気がしました。可愛い一人息子の為に、方々からお金を借りてほしがるしらさぎを与える。理由を聞いても教えてくれなくても息子を信じているし、息子可...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット