注目の作品!

【福音館書店】イチ押しの作品をご紹介

  • キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2

    作:角野 栄子
    画:佐竹 美保
    出版社:福音館書店

    わたし、魔女になりたいってわかるのかな? 人間の男の人オキノさんと、魔女のコキリさんのあいだに生まれた女の子、キキ。将来、魔女として活躍するキキが、赤ちゃんから10歳の女の子に成長していくまでを、黒猫の相棒ジジとの関わりを中心に描きます。魔女の娘として育ったキキは、どのように、魔女になる決意をするのでしょう。はたしてジジは「魔女猫」...続きを読む

  • おうさま

    おうさま

    文・絵:ディック・ブルーナ
    訳:まつおか きょうこ
    出版社:福音館書店

    恋する娘のために冠をはずした王さまのお話。 昔、ガラスでできたお城に、ちいさな王さまが住んでいました。王さまは、庭師の娘に恋をします。「君が女王さまになってくれたらいいと思うんだけど」でも、おつきの者たちは大反対。そんな娘はいけません、その子は冠を持っていません! と。そこで王さまは考えました。「そうだ、僕が王さまをやめればいいんだ...続きを読む

出版社おすすめ

  • ぐりとぐらの絵本7冊セット

    なかよし野ねずみのぐりとぐらが、野原や山を元気いっぱいかけまわる楽しいお話。シリーズ初作『ぐりとぐら』以来、全作品が常にトップセラーを続け、日本中のみならず世界の子どもたちに親しまれてきました。7冊を愛蔵セットとしてお届けします。

  • 子どもへのまなざし

    子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。

新着情報

新刊

みどころ紹介

ユーザーレビュー

  • 言葉はいらない

    5.0

    「かわ ー もりにうまれ、うみにむかう。」 この言葉だけが標題紙裏に書かれた、文字のない写真絵本です。 でも、川の源泉である森の神秘的な風景に始まって、写真からせせらぎの音が聞こえてくるような気がしました。 小さなせせらぎは次第に大きな川となって、海を目指します。 一連の写真の流れの一つ一つから、様々な物語が聞こえてきました。 ...続きを読む

  • トマトさんの迫力!

    5.0

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    なんとなく知っていたものの表紙のトマトさんの顔におののいて手に取っていなかった絵本です。おすすめされたので読んでみました。 とてもおもしろかった!自分で転がれないトマトさんがみんなに助けてもらうお話です。がんばれがんばれと応援する気持ちになり、トマトを見る機会が多い夏に読むと、よりおもしろいかもしれません。...続きを読む

  • 春の野原で

    3.0

    ぐりぐらのコンビの作者さんの作品。 シロツメクサが咲く春の原っぱの出来事です。 お友達と気のままに遊んでいると、変身遊びをしだします。 その合言葉がチチンプイ。 子供たちは蝶になったり、みつばちになったりと色々なものに変身したように想像して遊びだします。 ただ、これ普通に読んでいるだけだと全然子供がチンプンカンプンで何のことやら...続きを読む

  • 子供から見ると大人のものが気になるよね

    5.0

    日本ではなんだかパッとしな杖だけど、イギリスとか?海外だと素敵なステッキをおしゃれとして持っているイメージがあります。この絵本でもおじいちゃんが杖としてではなくおしゃれとして持ち歩いている素敵なステッキが登場します。 孫のぼうやはいっつも見ていて、触りたいし持ち歩きたい気持ちがいっぱいだったようです。うちの息子もおじいちゃんのお仕事...続きを読む

  • かみなり兄弟の話

    4.0

    五つ子の雷様の子供達がお父さんやお母さんが雷を起こして雨を降らしている仕事を手伝いたいと言い出します。 お父さんもそろそろいいかとやらせてみますが、いかんせん子供なので大きな雷たまを落とすことができません。5人で雪だるまのように丸めて巨大な雷たまを作ることができました。あまりにも大きすぎて子供たちは地上に落ちちゃいました。 それを...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット