注目の作品!

【福音館書店】イチ押しの作品をご紹介

  • クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ

    クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ

    文・絵:樋勝 朋巳
    出版社:福音館書店

    ついに登場! クネクネさんシリーズ第三弾 第一作『きょうはマラカスのひークネクネさんのいちにちー』刊行当初から幅広い年代のファンを獲得した樋勝朋巳さんの「クネクネさんシリーズ」の第三弾がいよいよ登場。今回は、なんとクネクネさんの職業が明らかになります。もちろんフワフワさんやブティックシマさんなど、おなじみの仲間たちも登場(登場人数は...続きを読む

  • おうさま

    おうさま

    文・絵:ディック・ブルーナ
    訳:まつおか きょうこ
    出版社:福音館書店

    恋する娘のために冠をはずした王さまのお話。 昔、ガラスでできたお城に、ちいさな王さまが住んでいました。王さまは、庭師の娘に恋をします。「君が女王さまになってくれたらいいと思うんだけど」でも、おつきの者たちは大反対。そんな娘はいけません、その子は冠を持っていません! と。そこで王さまは考えました。「そうだ、僕が王さまをやめればいいんだ...続きを読む

出版社おすすめ

  • ぐりとぐらの絵本7冊セット

    なかよし野ねずみのぐりとぐらが、野原や山を元気いっぱいかけまわる楽しいお話。シリーズ初作『ぐりとぐら』以来、全作品が常にトップセラーを続け、日本中のみならず世界の子どもたちに親しまれてきました。7冊を愛蔵セットとしてお届けします。

  • 子どもへのまなざし

    子どもにとっての乳幼児期は、人間の基礎をつくるもっとも重要な時期です。児童精神科医の著者が、臨床経験をふまえて乳幼児期の育児の大切さを語る、育児に関わる人の必読書です。

ユーザーレビュー

  • 表情がない

    3.0

    表情がないうさこちゃん絵本。 だからなのか、文章の力なのか、なぜかとてもほんわかするのは私だけでしょうか。 作中ににんじんのごちそうが出てくるのですが、それを 「おおごちそう」と表現しているのが面白いな、と思いました。...続きを読む

  • 絵が素敵でした

    5.0

    • じっこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子2歳

    チムが偶然に航海に出てしまい、嵐にあって、九死に一生を得るお話です。大冒険です。 子どもを持つ親からすると、こんな子どもがこっそり旅に出るなんてあり得るの?!そして、働かせちゃうの?!という感じもしましたが、絵本ですし、おおらかでいいと思います。何より夢があります。しかし、危なかった!とにかく、チムが助かってよかったです。...続きを読む

  • 遊ぶ様子がかわいい

    4.0

    どうぶつたちの絵がとてもかわいくて、 ばらばらで遊んでも楽しくないと言うことがわかって 最後には、みんなが工夫して、全員で楽しく遊ぶと言うお話で 良かったと思うのですが、 発端が、ものがなくなっていると騒ぎ出して、みんなで探しに行くと言うものだった割に、見つけたときの、リスたちの対応は?でした。 勝手にもってきちゃってごめんなさ...続きを読む

  • 優しさの連鎖

    5.0

    9歳長女に借りてきました。とても繊細な優しい絵に魅かれて借りてきました。 ろばのナポレオンはマーラという女性とその子供に飼われていたのですが、マーラが病気になったことから、ナポレオンが売られてしまうことに。でも実はみんなが嫌がるカラスに、ナポレオンは自分の餌の中からほしくさを少しずつあげていたのです。 ナポレオン、マーラ、カラ...続きを読む

  • わかりやすかったです

    5.0

    6歳の長女に読みました。 体調の変化のこと、特に小さい子がよく発症する下痢や嘔吐についてとてもわかりやすく描かれていました。 このような絵本は貴重な存在だなと思います。 読んで以来、娘なりに体調が悪くなると「ママ、ゲーかも」とちゃんと訴えるようになりました。...続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット