新刊
さかなくん

さかなくん(偕成社)

水の外の小学校に通うには、準備がいります。

  • かわいい
  • ためしよみ
話題
日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?

日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?(童心社)

テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?

  • ためしよみ

マンゴーとバナナ まめじかカンチルのおはなし」 てんぐざるさんの声

マンゴーとバナナ まめじかカンチルのおはなし 作:ネイサン・クマール・スコット
絵:T.バラジ
訳:なかがわ ちひろ
出版社:アートン
税込価格:\1,650
発行日:2006年04月
ISBN:9784861930324
評価スコア 4.3
評価ランキング 18,880
みんなの声 総数 9
「マンゴーとバナナ まめじかカンチルのおはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 「カラムカリ」という技法で描かれた絵本

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子15歳

    「アジア・アフリカの絵本シリーズ」というシリーズの1冊です。
    インドネシアに伝わる民話の“豆じか・カンチル”のおはなしが、とっても素敵な本になっていました。
    この作品はインドの画家T.バラジが、インドの伝統的な染色「カラムカリ」という技法で描かれています。
    (何と、この染色技法には牛の糞が使われていました!)
    絵本の最後のページにはこの技法で絵描く工程などが写真付きで説明してあって、おはなしの内容とは別に面白いです。

    また、訳者の後書きのページには本物の『まめじか』の写真が載っていて、想像していた『まめじか』とは雰囲気が全く違うことに驚きました。
    顔だけ見ると、鹿よりもねずみ系の動物に似ています。

    口のうまい“カンチル”は今回も頭を使って、自分に有利に事を運びます。“カンチル”のおはなしはこんな展開ばかりですが、
    ジャングルで生きていくには、こういう知恵が必要不可欠なのかもしれませんね。

    投稿日:2015/08/03

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「マンゴーとバナナ まめじかカンチルのおはなし」のみんなの声を見る

「マンゴーとバナナ まめじかカンチルのおはなし」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / ぐりとぐら / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / くだもの / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本「ぴょーん」作者まつおかたつひでさんインタビューby好書好日

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.3)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 2
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 4

全ページためしよみ
年齢別絵本セット