新刊
ワニのガルド

ワニのガルド(偕成社)

おーなり由子が描く、さびしい人だけに見えるワニと女の子のお話。

  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

したきりすずめ」 くりこきなこさんの声

したきりすずめ 作:松谷 みよ子
絵:村上 幸一
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
税込価格:\1,100
発行日:1968年
ISBN:9784591003893
評価スコア 3.86
評価ランキング 42,189
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • 解説付きがうれしい

    五大お伽話のひとつであるしたきりすずめ。さまざまな作者が書いていて、セレクトに困ってしまいますが、図書館で見つけて(舌切り雀だけ作品数が少ない)借りてみました。作者は著名な松谷みよ子さん。可愛らしい絵は小さな子でも抵抗なく手に取れる雰囲気。(昔話に多くみられる怖そうな感じがない)お話は、(おそらく)変に端折らず大切な部分はきちんと残し、忠実に再話されている。個人的にいいと思ったのは、あとがきのような形で、松谷さんの解説というか、感想が掲載されているところ。それによると、彼女自身の記憶に残る「舌切り雀」は絵巻物のよう≠ネんだとか。なんて感性が豊かな子供だったんだろうと思いました。そして、馬の洗い汁や牛の洗い汁を飲み、すずめの御殿を訪ね歩く、くだりは、このお話の本質を現している。う〜ん、なるほど!!さらに、心優しい爺さまと、心の狭い婆さまについても言及されていて、舌切り雀ってこんなにも奥が深いのかと、とても興味深く感じました。民俗学を研究したり、大学で文学を学んだ人は、読み方がわかるのかもしれませんが、そうでない私にとって、このあとがきはとても貴重で、今までとは違う印象を残しました。

    投稿日:2016/12/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「したきりすずめ」のみんなの声を見る

「したきりすずめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / ぐりとぐら / はらぺこあおむし / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / おおきなかぶ ロシアの昔話 / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぼんさいじいさま
    ぼんさいじいさま
     出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
    ある春の日に訪れた、最期の一日。 ぼんさいじいさまのまわりには沢山のありがとうとさよならがありました


舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」公開記念インタビュー石丸幹二さん

みんなの声(6人)

絵本の評価(3.86)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット