出版社エディターブログ

長くつ下のピッピの世界展

2019年2月15日 10時41分  

スウェーデンを代表する児童文学作家、リンドグレーンの展覧会が開催されています。

また、2月17日には、「決定版 長くつ下のピッピの本」の翻訳者・石井登志子氏のギャラリー・トーク&サイン会も行われます。どうぞお出かけください。

〇2019年2月8日〜3月4日(京都) 美術館「えき」KYOTO

→ http://www.pippi-ten.com/

石井登志子氏のギャラリー・トーク&サイン会

→ http://www.pippi-ten.com/news/160/


長くつ下のピッピの世界展

注目の作品!

【徳間書店】イチ押しの作品をご紹介

●話題満載のメールマガジン好評受付中!
徳間書店児童書編集部では、新刊情報をいちはやくお届けするメールマガジンを発行しています。
配信ご希望の方は、
tkchild@shoten.tokuma.com
まで、件名を「メールマガジン希望」として空メールをお送りください。お試し号をお送りします。
新刊の裏話、耳より情報など、話題満載! ご登録お待ちしています。

●徳間書店児童書編集部のツイッターもやってます!
絵本や読み物の発売情報や、原画展・サイン会などのイベント情報をお知らせしています。
@TokumaChildren

●『マップス 新・世界図絵』の作者ミジェリンスキ夫妻による最新刊大判絵本『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』。下記の公式サイトでは、作者のインタビュー動画や、ここでしか読めない作者Q&Aなどを掲載しています。
http://www.underearth-underwater.jp/

●児童書編集部のインスタグラムも!
『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』のインスタグラムです。
本のある風景を発信中! ぜひごらんください。
https://www.instagram.com/tokuma_kodomonohon/

〈投稿募集中!〉
みなさんも、いろいろな場所で、『アンダーアース・アンダーウォーター』の本の写真を撮ってみませんか。それを、ツイッターやインスタグラムに「♯アンダーアース」とハッシュタグをつけて、投稿してください。
すてきな写真を、編集部一同楽しみにお待ちしております。



出版社おすすめ

  • すてきなあまやどり

    ざあざあぶりのにわかあめ。ブタくんは大きな木の下であまやどりしたはずなのに、なぜかびしょぬれ。どうしてかっていうとね…。あまやどりの説明をするうち、どんどんエスカレートしていくブタくんのお話にページをめくる手がとまらなくなる、「雨の絵本」決定版! 迫力の観音開きページ付き。

  • こわがりのかえるぼうや

    かえるのジェロームはとってもこわがり。今日もひとりでベッドでねていると、何だか変な音が…。「パパ、こわいよぉ」するとパパが…? 夜の暗闇をこわがる小さな子どもの気持ちを丁寧に描いた、心に残る絵本。児童文学『ナイナイとしあわせの庭』で人気の若手作家、注目の新作です!

  • キムのふしぎなかさのたび

    ざあざあ降りの雨の日、小さな女の子キムは、大きくてきれいなかさをさして、買い物しているママを待っています。「そうだ、かさをふねにしちゃおう!」キムがかさをひっくりかえして飛び乗ると、かさのふねは流れに乗って…さあ、ふしぎな旅のはじまりです! 
    ドキドキする空想の旅を、スウェーデンの新鋭イラストレーターが描きます。
    雨の日にわくわくする子どもの気持ちをあざやかにとらえた絵本。

  • あめのひ

    あめのひ

    作・絵:サム・アッシャー
    訳:吉上 恭太
    価格:¥1,600+ 税

    朝、目がさめると、雨がふっていた。ぼくは、外に行きたくてたまらない。だって、雨の中であそびたいんだ。でも、おじいちゃんは、雨がやむのをまとうって言う。雨、やまないかな…。もう、やんだかな…。ようやく雨がやんで、ドアをあけると…? 雨を楽しむ気持ちをていねいに描く、ファンタジックな楽しい絵本。作者は、英国で活躍する若手イラストレーター。雨の季節にぴったりです。

ユーザーレビュー

  • 氷のおまつり参加してみたい

    5.0

    • おじままさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    冬には冬眠をするムーミンたち。 初めてムーミン谷の氷のおまつりに参加します。 私自身、おまつりといったら夏のイメージですが。。凍った湖の上にカラフルなちょうちんが飾られ、暗闇を照らす様子や、スケートをしたり、ごちそうを食べたり、音楽を楽しんだりする様子は、とっても素敵で参加してみたくなります。 そして、オーロラがあらわれ、うっとりと...続きを読む

  • カワセミも生きていかないとね

    5.0

    夜が明けて、川の一日が始まります。 おとうさんと一緒に男の子も釣りにやってきました。 おとうさんが、ヤマメを釣って、男の子も蟻を餌に、ヤマメのピンク を釣り上げますが、喜んでおとうさんに見せようとしたところで、川 の中に落としてしまいました。    ”「あっ」 チャポン!” そこへカワセミが、「ジャポン!」 ...続きを読む

  • 自分の島を探して

    5.0

    一人一人が自分の島を持っているのでしょうか。それが、その人にとってのしあわせの島なのでしょうか。 人はそれぞれに自分の島を探して旅するのでしょうか。 絵を眺めながら色々なことを考えました。 この絵本は、答えを出すのでも、教えるのでもなく、考える空間を提供しているように思えました。 少な目の言葉にたいして、いろんな島風景がめぐらされ...続きを読む

  • ひとりぼっちのかいぶつは、寂しくてかわいそうだとおもいますが 死ぬまで、たとえ石のうさぎだったけれど、かいぶつの傍にいて くれてよかったと思いました。かいぶつが、うさぎが傍にいてくれ るのが、励みになり、喜びを感じれたし、他の石のように、最後ま で壊れなかったのが本当によかったと思いました。寂しくなった時 に...続きを読む

  • そうなのね

    4.0

    犬目線でお話が進んて行きます。 この内容は人間には内緒だそうです。 おもしろいですよね、だって絵本は 人間が読むものですから。 実際犬ってこんなこと考えているのかも と思ってしまうほど 妙にリアルな気がしました。 犬は飼っていませんが、犬の気持ちが よく伝わりました。...続きを読む



「物」としての本   編集部 上村 令



 子どものころ、図書館にお気に入りの本がありました。初めて読んだときに大好きになり、何度もくり返し同じ本を借りました。親に頼めば同じ本を買ってもらえたと思うのですが、なぜだか、角が少しすれて色あせているその図書館の本でなければいやだ、と思っていました。


 今そのことを思い返してみると、子どもは、本の内容だけでなく、「物」としての本にも強い愛着を持つのだということが、よくわかります。本を手で持ったときの重さ、紙の匂いや、つるつる、ざらざらといった手ざわり、ときにはかじってみたときの歯ざわりや、「角がすれている」といった特徴にいたるまで、子どもは五感を使って本を知り、自分と特定の本との結びつきを作っていくのです。


 本を作る立場としては、内容をなるべく良いものにするのは当然ですが、子どもは大人よりずっと、「物」としての本も愛してくれる、ということを忘れずに、ときには工芸品を作る「物づくりの(たくみ)」になったつもりで、手ざわりや紙の種類にまで気をくばり、魅力的な本を送り出していきたい、と思います。







全ページためしよみ
年齢別絵本セット