出版社エディターブログ

おたすけこびと 顔出しパネル

2017年5月12日 16時12分  『おたすけこびと』刊行10周年を記念して「おたすけこびとフェア」を開催します! 本日、書店さんに置いていただく顔出しパネルが編集部にとどきました! 書店さんには5月下旬ごろ到着予定です。見かけたら、ぜひ一緒に写真を撮って楽しんでくださいね。

おたすけこびと 顔出しパネル

注目の作品!

【徳間書店】イチ押しの作品をご紹介

●話題満載のメールマガジン好評受付中!
徳間書店児童書編集部では、新刊情報をいちはやくお届けするメールマガジンを発行しています。
配信ご希望の方は、
tkchild@shoten.tokuma.com
まで、件名を「メールマガジン希望」として空メールをお送りください。お試し号をお送りします。
新刊の裏話、耳より情報など、話題満載! ご登録お待ちしています。

●徳間書店児童書編集部のツイッターもやってます!
絵本や読み物の発売情報や、原画展・サイン会などのイベント情報をお知らせしています。
@TokumaChildren

●『マップス 新・世界図絵』の作者ミジェリンスキ夫妻による最新刊大判絵本『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』。下記の公式サイトでは、作者のインタビュー動画や、ここでしか読めない作者Q&Aなどを掲載しています。
http://www.underearth-underwater.jp/

●児童書編集部のインスタグラムも!
『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』のインスタグラムです。
本のある風景を発信中! ぜひごらんください。
https://www.instagram.com/tokuma_kodomonohon/

〈投稿募集中!〉
みなさんも、いろいろな場所で、『アンダーアース・アンダーウォーター』の本の写真を撮ってみませんか。それを、ツイッターやインスタグラムに「♯アンダーアース」とハッシュタグをつけて、投稿してください。
すてきな写真を、編集部一同楽しみにお待ちしております。



出版社おすすめ

  • うちはお人形の修理屋さん

    九歳の女の子アナのパパは、うでのいい人形の修理屋さん。絵のじょうずなママと、こわれたお人形を直す小さなお店をひらいています。アナは三人姉妹のまん中で、優等生のおねえちゃんと、あまえん坊の妹がいます。けんかをすることもあるけれど、三人はいっしょにお人形であそぶのが大好き。パパがあずかっている人形の、それぞれのお気に入りに名前をつけて、だいじにしていました。そんなある日、ヨーロッパで大きな戦争がはじまり、そのせいでパパは仕事をつづけられなくなってしまいます。力になりたいけど、わたしになにができるだろう…。そこでアナが思いついたのは…?二十世紀初頭、ニューヨークの移民街にくらす少女。人形とあたたかな家族にかこまれて成長するすがたを、いきいきと描くさわやかな物語。
    ■ニューヨーク公共図書館…続きはこちら >>>

  • そらとぶ そりと ねこのタビー

    ある真夜中のこと。あやしい物音で目をさましたねこのタビーが、音のする方へいくと、ふわふわのついたブーツをはいたおじいさんが! おじいさんの持ってきた袋に入ってしまったタビーは、いつのまにか、空とぶそりに乗っていました。おじいさんの正体は…? 緻密に描かれたリアルな絵が魅力の、クリスマスにぴったりな絵本。『まいごになったねこのタビー』の第二弾。

  • クリスマスのてんし

    もうすぐクリスマス。十人のちいさな天使がまいおりて、こまっている人たちに、そっとたすけの手をさしのべます。ページをめくるたびに、歌う天使の愛らしい顔が、ひとりひとり見えてきます。大切なひとへの贈り物に最適。
    カバー折り返し部分はメッセージカードとしても使えます。

  • くるみわりにんぎょう

    雪のクリスマスイブ。クララは名付け親から、くるみわり人形をもらいました。
    その晩、真夜中に目をさますと、人形がねずみの兵隊におそわれています。
    クララがどうにかねずみをやっつけると、人形は呪いがとけて、
    王子様の姿になりました。
    そしてお礼にクララをお菓子の城に招待してくれて…? 

    バレエで知られる物語に、英国で人気の絵本画家が絵をつけました。
    美しいクリスマスの物語を、詩人・蜂飼耳の訳でお楽しみください。

ユーザーレビュー

  • クリスマスの素敵な風景。でも、よーくみてみて。 日常、よく見かけるもの、またはよく使っている日用品、 そして美味しそうなお菓子が、意外なものに変身しています。 素敵な雪山!でもよーくみてみるとドキリ!?とするものもあったり しました。作者が日用品を使って製作したものを撮影した絵本です。 1枚の写真に100以上いや150以上の...続きを読む

  • なるほど〜!

    5.0

    「こんな使い方があるんだ〜!」と,大人が見ても感心してしまう絵本です。 このアイディアと創作能力には頭が下がります。 探し遊びだけではなく,物作り(工作)などの参考にもなる絵本ではないでしょうか! わくわくとクリスマス雰囲気を楽しみながら,あっと驚く探し遊びができ,とても素敵なクリスマス絵本ですね。...続きを読む

  • 見つけて遊ぶ絵本

    3.0

    細かい絵を、探して、見つけて、楽しむ絵本です。 絵の中に、本来、そこにはあるべきものではないものが潜んでいます。 子どもは、こういう遊び、大好きですよね。 もし、小さい子が家にいたら、一冊、買っていると思います。...続きを読む

  • じっくり見つける楽しさ!

    4.0

    クリスマスの風景をよく見ていると、 おや、落花生!ライム!ヒトデ?! この絵本は、意外なもので作られた世界なのです。 子供と一緒に読んでも楽しいですし、 大人が一人で、じっくり探しても 楽しめる一冊です。 どうやって作っているんだろうと、 不思議になります。 6歳の息子は、全然見つけられず、 普通にお話を...続きを読む

  • 『A HAPPY CHRISTMAS』が原題。 邦題が内容に寄り添っていて、素敵です。 ぬいぐるみのうさぎ、ぴょんが目撃したクリスマスの光景です。 英国のクリスマスの様子が垣間見えます。 注目は、サンタクロースのお手伝いで、プレゼントを配る小人たちの様子です。 妖精トントゥでしょうか。 興味深いです。 そして、ぴょんが体験し...続きを読む



科学を身近に!


 編集部 小島範子



  小学生の頃、「空はどうして青いのかな?」と、友達と話しながら帰ったことがあります。恥ずかしながら私の説は、「宇宙は紺色。その色を地球から見ると、薄まって、青い色に見えるのでは?」というもの。「…ということは、空気があると、物の色は実際よりも薄くなるのかな? 服の色も顔色も、道ばたの草も、ほんとはもっとどぎつい色なのでは?」などと話して、「なんだか気持ち悪いね」と、ちょっとぞっとしたものでした。その後、本当はなぜなのかを調べることもなく、青い光が大気中で散乱するせいだと知ったのは、中学に入ってから。

 十二月刊の『ネコ博士が語る 科学のふしぎ』は、まさに当時の自分に贈りたい科学絵本。空はなぜ青いのか、ものは、なにでできているのか、といった自然のしくみを、ネコ博士がわかりやすく教えてくれます。また、なぜそのようなことが起こるのかを知るために、仮説をたて実験する手段も解説。私は疑問をそのままにして理系を遠ざけ、大人になってしまいましたが、この本を読んだ子どもたちが、科学っておもしろいと思うようになってくれたら、嬉しいです



全ページためしよみ
年齢別絵本セット