出版社エディターブログ

長くつ下のピッピの世界展

2019年2月15日 10時41分  

スウェーデンを代表する児童文学作家、リンドグレーンの展覧会が開催されています。

また、2月17日には、「決定版 長くつ下のピッピの本」の翻訳者・石井登志子氏のギャラリー・トーク&サイン会も行われます。どうぞお出かけください。

〇2019年2月8日〜3月4日(京都) 美術館「えき」KYOTO

→ http://www.pippi-ten.com/

石井登志子氏のギャラリー・トーク&サイン会

→ http://www.pippi-ten.com/news/160/


長くつ下のピッピの世界展

注目の作品!

【徳間書店】イチ押しの作品をご紹介

●話題満載のメールマガジン好評受付中!
徳間書店児童書編集部では、新刊情報をいちはやくお届けするメールマガジンを発行しています。
配信ご希望の方は、
tkchild@shoten.tokuma.com
まで、件名を「メールマガジン希望」として空メールをお送りください。お試し号をお送りします。
新刊の裏話、耳より情報など、話題満載! ご登録お待ちしています。

●徳間書店児童書編集部のツイッターもやってます!
絵本や読み物の発売情報や、原画展・サイン会などのイベント情報をお知らせしています。
@TokumaChildren

●『マップス 新・世界図絵』の作者ミジェリンスキ夫妻による最新刊大判絵本『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』。下記の公式サイトでは、作者のインタビュー動画や、ここでしか読めない作者Q&Aなどを掲載しています。
http://www.underearth-underwater.jp/

●児童書編集部のインスタグラムも!
『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』のインスタグラムです。
本のある風景を発信中! ぜひごらんください。
https://www.instagram.com/tokuma_kodomonohon/

〈投稿募集中!〉
みなさんも、いろいろな場所で、『アンダーアース・アンダーウォーター』の本の写真を撮ってみませんか。それを、ツイッターやインスタグラムに「♯アンダーアース」とハッシュタグをつけて、投稿してください。
すてきな写真を、編集部一同楽しみにお待ちしております。



出版社おすすめ

  • すてきなあまやどり

    ざあざあぶりのにわかあめ。ブタくんは大きな木の下であまやどりしたはずなのに、なぜかびしょぬれ。どうしてかっていうとね…。あまやどりの説明をするうち、どんどんエスカレートしていくブタくんのお話にページをめくる手がとまらなくなる、「雨の絵本」決定版! 迫力の観音開きページ付き。

  • こわがりのかえるぼうや

    かえるのジェロームはとってもこわがり。今日もひとりでベッドでねていると、何だか変な音が…。「パパ、こわいよぉ」するとパパが…? 夜の暗闇をこわがる小さな子どもの気持ちを丁寧に描いた、心に残る絵本。児童文学『ナイナイとしあわせの庭』で人気の若手作家、注目の新作です!

  • キムのふしぎなかさのたび

    ざあざあ降りの雨の日、小さな女の子キムは、大きくてきれいなかさをさして、買い物しているママを待っています。「そうだ、かさをふねにしちゃおう!」キムがかさをひっくりかえして飛び乗ると、かさのふねは流れに乗って…さあ、ふしぎな旅のはじまりです! 
    ドキドキする空想の旅を、スウェーデンの新鋭イラストレーターが描きます。
    雨の日にわくわくする子どもの気持ちをあざやかにとらえた絵本。

  • あめのひ

    あめのひ

    作・絵:サム・アッシャー
    訳:吉上 恭太
    価格:¥1,600+ 税

    朝、目がさめると、雨がふっていた。ぼくは、外に行きたくてたまらない。だって、雨の中であそびたいんだ。でも、おじいちゃんは、雨がやむのをまとうって言う。雨、やまないかな…。もう、やんだかな…。ようやく雨がやんで、ドアをあけると…? 雨を楽しむ気持ちをていねいに描く、ファンタジックな楽しい絵本。作者は、英国で活躍する若手イラストレーター。雨の季節にぴったりです。

ユーザーレビュー

  • 低学年の読み聞かせによさそう

    4.0

    何でも投げちゃうフロイドのナンセンス絵本。 木に引っかかった凧を取るために、どんどん投げていきます。 ハシゴが出てきたとき、我が子は投げずに木にかけて登ればいいのにとつぶやいていました。 ノコギリが出てきたときも、木をきればいいのにとつぶやいていました。 お隣の家を丸ごと投げた所や、助けに来た消防士を1人ずつ投げた所が面白かっ...続きを読む

  • イースターを味わおう!

    5.0

    小学校低学年〜中学年の子供が楽しく読める幼年童話です。 「イースター」、最近では日本でもこの時期にはそのような小物やイベントを目にする機会も増えてきつつありますね。 外国の文化ですが、春を感じながら春に読みたい1冊に思いました。...続きを読む

  • 猫好きにはおすすめ

    5.0

    題名から、猫と散歩のお話なら、子供が好きそうと思い、手にとりました。 子供はとても気に入って、何度も読んで欲しいとせがみました。 ニャーロットが行く先で、エサを善意で貰っていく際、数がひとつずつ増えていくのがおもしろいです。 そして、猫さんがぺろりと食べつつ、段々足取りが重くなっていく表現にかわっていくのがおもしろいです。 ...続きを読む

  • ウドルじゅうでいちばん幸せな家族

    5.0

    貧乏で年老いたペニーさんでしたが、ペニーさんの大勢の家族の 為に、工場で働いています。大勢の家族というのが、年とった馬、 牝牛、雌のやぎ、ぶた、子羊、めんどり、おんどりです。 その家族の動物たちが、お隣の畑を荒らしたので、ペニーさんに 損害を弁償するように言われました。 なにより、動物たちを大切に思っているペ...続きを読む

  • 面白かった

    4.0

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子3歳

    3歳児が図書館で選んで借りてきました。 正直、全部読もうと思ったら 図鑑みたいなので大変なのですが、 子どもたちと気になるところを パラパラと読んでみました。 昆虫として生物学的に話が進むだけでなく、 人とのかかわりや文化的な面からもあり、 面白かったです。...続きを読む



「物」としての本   編集部 上村 令



 子どものころ、図書館にお気に入りの本がありました。初めて読んだときに大好きになり、何度もくり返し同じ本を借りました。親に頼めば同じ本を買ってもらえたと思うのですが、なぜだか、角が少しすれて色あせているその図書館の本でなければいやだ、と思っていました。


 今そのことを思い返してみると、子どもは、本の内容だけでなく、「物」としての本にも強い愛着を持つのだということが、よくわかります。本を手で持ったときの重さ、紙の匂いや、つるつる、ざらざらといった手ざわり、ときにはかじってみたときの歯ざわりや、「角がすれている」といった特徴にいたるまで、子どもは五感を使って本を知り、自分と特定の本との結びつきを作っていくのです。


 本を作る立場としては、内容をなるべく良いものにするのは当然ですが、子どもは大人よりずっと、「物」としての本も愛してくれる、ということを忘れずに、ときには工芸品を作る「物づくりの(たくみ)」になったつもりで、手ざわりや紙の種類にまで気をくばり、魅力的な本を送り出していきたい、と思います。







全ページためしよみ
年齢別絵本セット