出版社エディターブログ

長くつ下のピッピの世界展

2019年2月15日 10時41分  

スウェーデンを代表する児童文学作家、リンドグレーンの展覧会が開催されています。

また、2月17日には、「決定版 長くつ下のピッピの本」の翻訳者・石井登志子氏のギャラリー・トーク&サイン会も行われます。どうぞお出かけください。

〇2019年2月8日〜3月4日(京都) 美術館「えき」KYOTO

→ http://www.pippi-ten.com/

石井登志子氏のギャラリー・トーク&サイン会

→ http://www.pippi-ten.com/news/160/


長くつ下のピッピの世界展

注目の作品!

【徳間書店】イチ押しの作品をご紹介

●話題満載のメールマガジン好評受付中!
徳間書店児童書編集部では、新刊情報をいちはやくお届けするメールマガジンを発行しています。
配信ご希望の方は、
tkchild@shoten.tokuma.com
まで、件名を「メールマガジン希望」として空メールをお送りください。お試し号をお送りします。
新刊の裏話、耳より情報など、話題満載! ご登録お待ちしています。

●徳間書店児童書編集部のツイッターもやってます!
絵本や読み物の発売情報や、原画展・サイン会などのイベント情報をお知らせしています。
@TokumaChildren

●『マップス 新・世界図絵』の作者ミジェリンスキ夫妻による最新刊大判絵本『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』。下記の公式サイトでは、作者のインタビュー動画や、ここでしか読めない作者Q&Aなどを掲載しています。
http://www.underearth-underwater.jp/

●児童書編集部のインスタグラムも!
『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』のインスタグラムです。
本のある風景を発信中! ぜひごらんください。
https://www.instagram.com/tokuma_kodomonohon/

〈投稿募集中!〉
みなさんも、いろいろな場所で、『アンダーアース・アンダーウォーター』の本の写真を撮ってみませんか。それを、ツイッターやインスタグラムに「♯アンダーアース」とハッシュタグをつけて、投稿してください。
すてきな写真を、編集部一同楽しみにお待ちしております。



出版社おすすめ

  • 雪のおしろへいったウッレ

    6歳の誕生日にスキーをもらった男の子ウッレ。まちにまった雪がふると、スキーをはいて、森にでかけました。雪のつもった森は、なんてきれいなんでしょう! 冬の王さまが、とうとうやってきたのです。ウッレは霜じいさんに、王さまのお城へつれていってもらい…? 冬の訪れから春の始まりまでを、北欧の森を舞台に幻想的に描く名作絵本。徳間書店の子どもの本20周年記念作品。

  • 山のおふろ

    山のおふろ

    作:村上 康成
    価格:¥1,500+ 税

    • ためしよみ

    雪の中で動けなくなったトガリネズミを助けた幼い兄妹が見たものは…? 美しい雪山に現れた、自然と人とをつなぐファンタジックな山の温泉を、日本絵本大賞受賞画家・村上康成が柔らかなタッチで描く新境地。自然の豊かなパノラマがたっぷり楽しめるワイドページ付き!

  • いじわるブッチー

    「ブッチーはいじわるだから、いっしょに遊びたくないの」って言っても、ママは「いろんな人とお友だちにならなきゃだめよ」って答える。そこで、あたしは作戦をたてた…。知恵をつかっていじめっ子をやっつける小気味よいエンディングが、子どもたちの人気を集めている、パワフルな絵本です。

  • ぼく、ふゆのきらきらをみつけたよ

    雪の森で、モグラはきらきら光るたからものをみつけました。ところが、うちへ持ってかえるとちゅうで、きらきらはしだいに小さくなって、消えてしまいました。モグラの話をきいた仲良しの動物たちは…? 美しい雪の森を舞台にした、かわいい絵本です。姉妹編『ぼく、おつきさまがほしいんだ』もいっしょにどうぞ。

ユーザーレビュー

  • ダイナミックな追いかけごっこ

    5.0

    王さまが新聞を読み、おきさき様が編み物をしてのんびりとして 暮らしているのがまったりしていいなあと思いました。庶民の生活 みたいで親近感が持てました。ペネロペひめが退屈して、毛糸を 巻きつけているこねこを追いかけて、どこまでも続くダイナミックな 追いかけごっこにピンクの毛糸を読んでいる私も参加出来て、面 白か...続きを読む

  • 何でそうなる!

    4.0

    タイトルがおもしろそうなので 読みました。 木に凧がひっかかります。 これをきっかけにまたひっかかります。 一個と言わず何個も何個も。 ひっかかったものを取るために 別の物を投げる。そしてそれもひっかかる。 また投げる・・・の繰り返しです。 それは投げないほうが・・・というものも どん...続きを読む

  • ローラと愛犬

    5.0

    ローラの素性が最後に明かされるのですが、ローラが、車を怖がったり、音が苦手だったので、孫のように障碍を持っているのかなあと思って読みました。ハーネスが描かれてなかったのでローラと愛犬の日常を描いたのだとばかり思っていました。偏見をどうしてももってしまう私ですが、最後には、どうしても号泣してしまう私でした。...続きを読む

  • 夜の動物たち

    5.0

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子2歳

    夜の動物園で管理人のおじさんが、動物たちの檻を見回ります。「おやすみ、ぞうさん」「いいゆめみなね、アルマジロくん」。ところが、いたずらもののゴリラくん、おじさんのカギをこっそり奪って、動物たちの檻を開けてまわったら??人間と動物の会話は少ないのですが、ほのぼのと愛を感じます。 動物好きなお子さんなら、言葉の意味が分からなくても、楽しめる...続きを読む

  • 勇気を出して恐怖から脱出できました♪

    4.0

    ムーミントロールが、怖がっていた幽霊を克服したお話でした。 ムーミントロールが、幽霊を怖がって元気がなくなってしまったの を、フローレンが心配して、ある作戦をたてました。 フローレンを助ける為に必死のムーミンロールが、幽霊に向かっ て、「悪いけど、僕は今、幽霊をこわがっている暇なんかないんだ フローレンを探し...続きを読む



「物」としての本   編集部 上村 令



 子どものころ、図書館にお気に入りの本がありました。初めて読んだときに大好きになり、何度もくり返し同じ本を借りました。親に頼めば同じ本を買ってもらえたと思うのですが、なぜだか、角が少しすれて色あせているその図書館の本でなければいやだ、と思っていました。


 今そのことを思い返してみると、子どもは、本の内容だけでなく、「物」としての本にも強い愛着を持つのだということが、よくわかります。本を手で持ったときの重さ、紙の匂いや、つるつる、ざらざらといった手ざわり、ときにはかじってみたときの歯ざわりや、「角がすれている」といった特徴にいたるまで、子どもは五感を使って本を知り、自分と特定の本との結びつきを作っていくのです。


 本を作る立場としては、内容をなるべく良いものにするのは当然ですが、子どもは大人よりずっと、「物」としての本も愛してくれる、ということを忘れずに、ときには工芸品を作る「物づくりの(たくみ)」になったつもりで、手ざわりや紙の種類にまで気をくばり、魅力的な本を送り出していきたい、と思います。







全ページためしよみ
年齢別絵本セット