出版社エディターブログ

長くつ下のピッピの世界展

2019年2月15日 10時41分  

スウェーデンを代表する児童文学作家、リンドグレーンの展覧会が開催されています。

また、2月17日には、「決定版 長くつ下のピッピの本」の翻訳者・石井登志子氏のギャラリー・トーク&サイン会も行われます。どうぞお出かけください。

〇2019年2月8日〜3月4日(京都) 美術館「えき」KYOTO

→ http://www.pippi-ten.com/

石井登志子氏のギャラリー・トーク&サイン会

→ http://www.pippi-ten.com/news/160/


長くつ下のピッピの世界展

注目の作品!

【徳間書店】イチ押しの作品をご紹介

●話題満載のメールマガジン好評受付中!
徳間書店児童書編集部では、新刊情報をいちはやくお届けするメールマガジンを発行しています。
配信ご希望の方は、
tkchild@shoten.tokuma.com
まで、件名を「メールマガジン希望」として空メールをお送りください。お試し号をお送りします。
新刊の裏話、耳より情報など、話題満載! ご登録お待ちしています。

●徳間書店児童書編集部のツイッターもやってます!
絵本や読み物の発売情報や、原画展・サイン会などのイベント情報をお知らせしています。
@TokumaChildren

●『マップス 新・世界図絵』の作者ミジェリンスキ夫妻による最新刊大判絵本『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』。下記の公式サイトでは、作者のインタビュー動画や、ここでしか読めない作者Q&Aなどを掲載しています。
http://www.underearth-underwater.jp/

●児童書編集部のインスタグラムも!
『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』のインスタグラムです。
本のある風景を発信中! ぜひごらんください。
https://www.instagram.com/tokuma_kodomonohon/

〈投稿募集中!〉
みなさんも、いろいろな場所で、『アンダーアース・アンダーウォーター』の本の写真を撮ってみませんか。それを、ツイッターやインスタグラムに「♯アンダーアース」とハッシュタグをつけて、投稿してください。
すてきな写真を、編集部一同楽しみにお待ちしております。



出版社おすすめ

  • ネズミ父さん大ピンチ!

    平和にくらしていたハツカネズミたちのもとに、狩り名人の黒ネコがやってきたから、さあたいへん! 父さんネズミのアナクグリは頭を働かせ、ネコに見のがしてもらう計画を思いつくが…?
    人間の家を舞台に、家族思いのかしこい父さんネズミと、すばしこい黒ネコがくり広げるゆかいなドタバタを描いた、イギリス生まれのお話です。二話収録。

  • ねずみの家

    ねずみの女の子ボニーは、地下室にある植木鉢に住んでいます。でも家族が多すぎて、家の中はぎゅうぎゅう。「あたしどこに寝たらいいの?」しょんぼり地下室を出て、人間の住む世界に上がったボニーが、その家の女の子メアリーの部屋で見つけたのは…? 物語の名手ゴッデンが描く、楽しい幼年童話。かわいい挿絵もいっぱい!

  • ロックフォール団のねずみたち

    ニコルは、フランスからやってきたおじょうさんねずみ。行方不明になったふたごの子ねずみをさがすうち、「ロックフォール団」と名乗る三匹の荒くれ者のねずみたちと出会いました。案外気のいい三匹はニコルと力を合わせて、子ねずみを救出するために、巨大なねこを相手に大活躍! かわいい挿絵入りの楽しいお話。

  • ぼくたちの いえは どこ?

    小さな暗い穴のなかで育った7ひきのなかまたち。小さかったみんなも、だんだん大きくなって、
    ある日とうとう穴の外に押し出されてしまいました。
    穴の外は、小さな裏庭。なかまたちは、新しい家をさがしに出発します! 
    でも、明るいとちょっとこわいので、それぞれ頭になにかかぶって、暗くして…。
    海(本当は水溜り)をわたり、さばく(本当は砂場)を越え、かいぶつ(犬)と戦い…。
    なかまたちは、新しい家を見つけることができるのでしょうか?

ユーザーレビュー

  • きっとかめくんは、せっかく入れたカモミールのお茶を冷めない うちに飲みたかったんだろうなあと思いました。 ちょっとせっかちなうさぎくんは、「そんなに どんどん よまない で、かめくん。もっと、えを ゆっくり みようよ!」 うさぎくんは、絵本が大好きで絵も楽しみたかったんだろうと 思いました。孫に読むときに、気...続きを読む

  • ぽんぽこーぽん!

    5.0

    • ピーホーさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    まじめな電車とたねきの団体のお客さんのゆかいなお話です。 たぬきが呪文を唱えると、電車がいろんなものに変身します。 すると、あんなにまじめだった電車が、もう電車に戻りたくないと言っちゃうほど!好きなものに何でも変身できたら楽しいでしょうね?。 でも、最後にはやっぱり電車がいいに落ち着くのも、なんだかホッとしますね。...続きを読む

  • シュールといった、この方達!!

    5.0

    わっ!発行されているのを 気づいていませんでした 絶対裏切らないシュールさ(笑 「どこいったん」等の作者さん達です なかがわさんの訳で 「とほほほほ」がおかしいです 絵もいいんですよねぇ 子供から、大人のほうが 絶対はまると思います ねずみも出てきて 今年の干支ですから 子年の絵本としての紹介でもいい...続きを読む

  • パパと読んでほしい

    4.0

    黒い表紙の絵本は、なぜか気になります。 面白い絵本が多い気がします。 寝つけないカエルぼうや。 へんな物音もするし、もう怖くて眠れません。 何度も何度もパパを起こしにいきます。 お父さんは優しいですね。 ぜひパパと一緒にお布団で読んでほしいです。 絵もオシャレでよかったです。...続きを読む

  • 実話

    5.0

    実話だそうです。 なので、過度な表現ではなく淡々と描写される現実が 氷に流される犬の緊迫感をリアルに伝えます。 作者覚え書き(あとがき)にある しあわせに暮らす様子のバルトが愛らしいです。 中井貴恵さんの翻訳。 実際の犬の名前は「バルト海の」という意味の形容詞だが 翻訳するにあたって「バルト」とした、という但し書きが ...続きを読む



「物」としての本   編集部 上村 令



 子どものころ、図書館にお気に入りの本がありました。初めて読んだときに大好きになり、何度もくり返し同じ本を借りました。親に頼めば同じ本を買ってもらえたと思うのですが、なぜだか、角が少しすれて色あせているその図書館の本でなければいやだ、と思っていました。


 今そのことを思い返してみると、子どもは、本の内容だけでなく、「物」としての本にも強い愛着を持つのだということが、よくわかります。本を手で持ったときの重さ、紙の匂いや、つるつる、ざらざらといった手ざわり、ときにはかじってみたときの歯ざわりや、「角がすれている」といった特徴にいたるまで、子どもは五感を使って本を知り、自分と特定の本との結びつきを作っていくのです。


 本を作る立場としては、内容をなるべく良いものにするのは当然ですが、子どもは大人よりずっと、「物」としての本も愛してくれる、ということを忘れずに、ときには工芸品を作る「物づくりの(たくみ)」になったつもりで、手ざわりや紙の種類にまで気をくばり、魅力的な本を送り出していきたい、と思います。







全ページためしよみ
年齢別絵本セット