出版社エディターブログ

長くつ下のピッピの世界展

2019年2月15日 10時41分  

スウェーデンを代表する児童文学作家、リンドグレーンの展覧会が開催されています。

また、2月17日には、「決定版 長くつ下のピッピの本」の翻訳者・石井登志子氏のギャラリー・トーク&サイン会も行われます。どうぞお出かけください。

〇2019年2月8日〜3月4日(京都) 美術館「えき」KYOTO

→ http://www.pippi-ten.com/

石井登志子氏のギャラリー・トーク&サイン会

→ http://www.pippi-ten.com/news/160/


長くつ下のピッピの世界展

注目の作品!

【徳間書店】イチ押しの作品をご紹介

●話題満載のメールマガジン好評受付中!
徳間書店児童書編集部では、新刊情報をいちはやくお届けするメールマガジンを発行しています。
配信ご希望の方は、
tkchild@shoten.tokuma.com
まで、件名を「メールマガジン希望」として空メールをお送りください。お試し号をお送りします。
新刊の裏話、耳より情報など、話題満載! ご登録お待ちしています。

●徳間書店児童書編集部のツイッターもやってます!
絵本や読み物の発売情報や、原画展・サイン会などのイベント情報をお知らせしています。
@TokumaChildren

●『マップス 新・世界図絵』の作者ミジェリンスキ夫妻による最新刊大判絵本『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』。下記の公式サイトでは、作者のインタビュー動画や、ここでしか読めない作者Q&Aなどを掲載しています。
http://www.underearth-underwater.jp/

●児童書編集部のインスタグラムも!
『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』のインスタグラムです。
本のある風景を発信中! ぜひごらんください。
https://www.instagram.com/tokuma_kodomonohon/

〈投稿募集中!〉
みなさんも、いろいろな場所で、『アンダーアース・アンダーウォーター』の本の写真を撮ってみませんか。それを、ツイッターやインスタグラムに「♯アンダーアース」とハッシュタグをつけて、投稿してください。
すてきな写真を、編集部一同楽しみにお待ちしております。



出版社おすすめ

  • すてきなあまやどり

    ざあざあぶりのにわかあめ。ブタくんは大きな木の下であまやどりしたはずなのに、なぜかびしょぬれ。どうしてかっていうとね…。あまやどりの説明をするうち、どんどんエスカレートしていくブタくんのお話にページをめくる手がとまらなくなる、「雨の絵本」決定版! 迫力の観音開きページ付き。

  • こわがりのかえるぼうや

    かえるのジェロームはとってもこわがり。今日もひとりでベッドでねていると、何だか変な音が…。「パパ、こわいよぉ」するとパパが…? 夜の暗闇をこわがる小さな子どもの気持ちを丁寧に描いた、心に残る絵本。児童文学『ナイナイとしあわせの庭』で人気の若手作家、注目の新作です!

  • キムのふしぎなかさのたび

    ざあざあ降りの雨の日、小さな女の子キムは、大きくてきれいなかさをさして、買い物しているママを待っています。「そうだ、かさをふねにしちゃおう!」キムがかさをひっくりかえして飛び乗ると、かさのふねは流れに乗って…さあ、ふしぎな旅のはじまりです! 
    ドキドキする空想の旅を、スウェーデンの新鋭イラストレーターが描きます。
    雨の日にわくわくする子どもの気持ちをあざやかにとらえた絵本。

  • あめのひ

    あめのひ

    作・絵:サム・アッシャー
    訳:吉上 恭太
    価格:¥1,600+ 税

    朝、目がさめると、雨がふっていた。ぼくは、外に行きたくてたまらない。だって、雨の中であそびたいんだ。でも、おじいちゃんは、雨がやむのをまとうって言う。雨、やまないかな…。もう、やんだかな…。ようやく雨がやんで、ドアをあけると…? 雨を楽しむ気持ちをていねいに描く、ファンタジックな楽しい絵本。作者は、英国で活躍する若手イラストレーター。雨の季節にぴったりです。

ユーザーレビュー

  • やっぱり、おばさんたちかあ・・・・・

    5.0

    ちょっと図々しいのは、おばさんたちかあ・・・・・・・と、思って 読みました。”くまのおじさんもいました(笑)” ちいさな汽車だからと心配する機関士さんの気持ちが伝わって きますが、そんなことにはお構いなしのせいうちのおばさん・ くまのおじさん・ぞうのおばさんたちが、やっぱり自己中心(?) お買い物好きですねぇ...続きを読む

  • なくしてみてわかること。

    5.0

    小学校低学年中学年のお子さんの一人読みにぴったりな1冊に思いました。 いいにおいのするくまは森の動物たちの悩み事を癒している日々です。 でもくまは少し憂鬱な気分になるのです。 当たり前だったことがなくなって初めて気づく気持ち。 今あることの貴重さはなくしてみてわかるものだったりするんですよね〜。...続きを読む

  • 古い板で作った オンボロいかだに乗って・・・・・  めざすは   水平線 こんな始まりです とっても 興味深く読み進みました 絵が おもしろいんです きれいなんです いろんな人との出会い  海の上でであった たくさんの船  大嵐にもあいました   雷にも  大波にも 見つけました    いろんな島を ...続きを読む

  • よりみちし過ぎ!

    4.0

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子6歳、女の子4歳

    全ページためし読みで読みました。 どこかで見た事のある絵だなぁと思ったら、「もっちゃう もっちゃう もうもっちゃう」と同じ方が描いた絵本だったんですね。 アイスをおばあちゃんに届ける為に急いでる男の子。でも、乗ったエレベーターは同じことの繰り返しに飽きてしまっていた! 子どもが楽しく読んでくれそうなお話しでした。...続きを読む

  • きっかけをたくさん作ってあげたい

    5.0

    • まことあつさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子4歳

    児童書をゆっくり読んであげるのもいいかもしれませんが、 子どもに読みたい本や絵本がたくさんあり (今も増え続けていますが、エクセルの表に現在300冊)、 小4までは読み聞かせしたいけれど、 いつまで聞いてくれるかもわからないので、 1日3冊ペースで読んでいます。 そうすると、名作が絵本になってくれていると、 とても助かり...続きを読む



「物」としての本   編集部 上村 令



 子どものころ、図書館にお気に入りの本がありました。初めて読んだときに大好きになり、何度もくり返し同じ本を借りました。親に頼めば同じ本を買ってもらえたと思うのですが、なぜだか、角が少しすれて色あせているその図書館の本でなければいやだ、と思っていました。


 今そのことを思い返してみると、子どもは、本の内容だけでなく、「物」としての本にも強い愛着を持つのだということが、よくわかります。本を手で持ったときの重さ、紙の匂いや、つるつる、ざらざらといった手ざわり、ときにはかじってみたときの歯ざわりや、「角がすれている」といった特徴にいたるまで、子どもは五感を使って本を知り、自分と特定の本との結びつきを作っていくのです。


 本を作る立場としては、内容をなるべく良いものにするのは当然ですが、子どもは大人よりずっと、「物」としての本も愛してくれる、ということを忘れずに、ときには工芸品を作る「物づくりの(たくみ)」になったつもりで、手ざわりや紙の種類にまで気をくばり、魅力的な本を送り出していきたい、と思います。







全ページためしよみ
年齢別絵本セット