出版社エディターブログ

長くつ下のピッピの世界展

2019年2月15日 10時41分  

スウェーデンを代表する児童文学作家、リンドグレーンの展覧会が開催されています。

また、2月17日には、「決定版 長くつ下のピッピの本」の翻訳者・石井登志子氏のギャラリー・トーク&サイン会も行われます。どうぞお出かけください。

〇2019年2月8日〜3月4日(京都) 美術館「えき」KYOTO

→ http://www.pippi-ten.com/

石井登志子氏のギャラリー・トーク&サイン会

→ http://www.pippi-ten.com/news/160/


長くつ下のピッピの世界展

注目の作品!

【徳間書店】イチ押しの作品をご紹介

●話題満載のメールマガジン好評受付中!
徳間書店児童書編集部では、新刊情報をいちはやくお届けするメールマガジンを発行しています。
配信ご希望の方は、
tkchild@shoten.tokuma.com
まで、件名を「メールマガジン希望」として空メールをお送りください。お試し号をお送りします。
新刊の裏話、耳より情報など、話題満載! ご登録お待ちしています。

●徳間書店児童書編集部のツイッターもやってます!
絵本や読み物の発売情報や、原画展・サイン会などのイベント情報をお知らせしています。
@TokumaChildren

●『マップス 新・世界図絵』の作者ミジェリンスキ夫妻による最新刊大判絵本『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』。下記の公式サイトでは、作者のインタビュー動画や、ここでしか読めない作者Q&Aなどを掲載しています。
http://www.underearth-underwater.jp/

●児童書編集部のインスタグラムも!
『アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵』のインスタグラムです。
本のある風景を発信中! ぜひごらんください。
https://www.instagram.com/tokuma_kodomonohon/

〈投稿募集中!〉
みなさんも、いろいろな場所で、『アンダーアース・アンダーウォーター』の本の写真を撮ってみませんか。それを、ツイッターやインスタグラムに「♯アンダーアース」とハッシュタグをつけて、投稿してください。
すてきな写真を、編集部一同楽しみにお待ちしております。



出版社おすすめ

  • 四つの人形のお話(3) クリスマスの女の子

    クリスマスイブ、おもちゃ屋の棚で人形のホリーは、持ち主になってくれる子どもが来ないかと待っていました。一生懸命お祈りすれば、きっとねがいがかなうと信じて。一方、身寄りのない女の子アイビーは、ぐうぜん、おもちゃ屋のある町にやってきました。店先でホリーを見つけますが…? 
    ゴッデンの幼年童話を挿絵を新たに復刊。クリスマスに起きた、小さな奇跡を描いたお話。



  • ミミと まいごの赤ちゃんドラゴン

    山のふもとのドルタ村では、クリスマスに「山のドラゴンまつり」という珍しいおまつりをします。山にすむドラゴンをおいはらい、次の日には感謝するかわったおまつりです。その由来となった、小さな女の子ミミと、赤ちゃんドラゴンの出会いとは…? カラー挿絵たっぷりで、絵本から読み物への橋渡しとなる幼年童話。クリスマスにおすすめの心あたたまるファンタジーです。

  • 雪の森のリサベット

    町へクリスマスの買い物に出かけた幼いリサベット。いたずら心で知らないおじさんのそりのうしろに乗ってしまい、あげくに森の中に置き去りにされて…!? 不安と闘いながら、家に帰ろうとがんばる小さな子どもの気持ちを「子どもの本の女王」リンドグレーンが丁寧に描く、心温まる幼年童話、美しいオールカラー挿絵でどうぞ。

  • クリスマスの幽霊

    父さんが働く工場には、事故が起きる前に幽霊が現れる、といううわさがあった。クリスマス・イヴに、父さんに弁当を届けに行ったぼくは、不思議なものを見たが…? 1930年代のイギリス北部の小さな町を舞台に、男の子の冒険と父と息子の絆を描く、クリスマスに起きた小さな「奇跡」の物語。作者ウェストールの、少年時代の回想記を併録。

ユーザーレビュー

  • 抱っこ

    4.0

    三歳の子がこの絵本を読んでと持ってきたので読んでみました。絵本の中で ぎゅっ という言葉が沢山出てくるので、嬉しそうに抱っこをさせてくれました。しかし、おさるさんが悲しそうやね!と寂しそうにポツリと一言。絵だけでお母さんを探している様子を感じ取ったようです。最後にお母さんと会えたところではとても嬉しそうにしていました。...続きを読む

  • 思いやる気持ちとにおい!?

    4.0

    湯本さんの作品が気になって この作品は読んだことがなったので 図書館にリクエスト カバーにあらすじがあるので 気になって、想像しながら 読み進めるのですが・・・ いい人を演じる??? でも、本当は、違うんだ! と、いうくま と、くまのように みんなに尊敬されたい!?と 思っているきつね と、なん...続きを読む

  • 念願の犬が飼えた!

    5.0

    表紙のサングラスに帽子のドラゴンに惹かれて図書館から借りて きました。 なかなかやり放題のドラゴンには閉口しますが、読んでいる分 には、面白いです! 男の子は、ハチャメチャなドラゴンのおかげで、念願の犬が飼え てよかったです。この子は、かなりの知能犯ですね、(笑)...続きを読む

  • 夕日に照らされた魔法のように綺麗なつらら

    5.0

    モグラくんのように、夕日に照らされたキラキラ輝くつららは、 美しく輝いているから、きっと魔法のように感じてしまうと 思いました。ダイヤモンドのように価値があると思いました。 うさぎ・はりねずみ・リスの友達と一緒に見るから宝物だと思い ました。...続きを読む

  • 小さい子も楽しめる!

    5.0

    とても人気の絵本だったのでずっと気になっていたのですが、サイズ的にお兄さん向けかな?と思って手に取りました。しかし、ページをめくってみると、見開きいっぱいに描かれたイラストと大きな文字でとても楽しい絵本でした。たくさんののりもや小人たちが、みんなでケーキを作るんです♪夢が溢れるお話にお誕生日プレゼントにしてもいいなと思っています。...続きを読む



「物」としての本   編集部 上村 令



 子どものころ、図書館にお気に入りの本がありました。初めて読んだときに大好きになり、何度もくり返し同じ本を借りました。親に頼めば同じ本を買ってもらえたと思うのですが、なぜだか、角が少しすれて色あせているその図書館の本でなければいやだ、と思っていました。


 今そのことを思い返してみると、子どもは、本の内容だけでなく、「物」としての本にも強い愛着を持つのだということが、よくわかります。本を手で持ったときの重さ、紙の匂いや、つるつる、ざらざらといった手ざわり、ときにはかじってみたときの歯ざわりや、「角がすれている」といった特徴にいたるまで、子どもは五感を使って本を知り、自分と特定の本との結びつきを作っていくのです。


 本を作る立場としては、内容をなるべく良いものにするのは当然ですが、子どもは大人よりずっと、「物」としての本も愛してくれる、ということを忘れずに、ときには工芸品を作る「物づくりの(たくみ)」になったつもりで、手ざわりや紙の種類にまで気をくばり、魅力的な本を送り出していきたい、と思います。







全ページためしよみ
年齢別絵本セット