宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おしえて アプリン〜とびばこ とべたよ〜」 ぼんぬさんの声

おしえて アプリン〜とびばこ とべたよ〜 作:計良 ふき子
絵:あさみいくよ
出版社:文研出版
本体価格:\1,300+税
発行日:2019年02月
ISBN:9784580823808
評価スコア 4
評価ランキング 27,221
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 今どきのタブレットやアプリが登場!

    • ぼんぬさん
    • 40代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子3歳

    とびばこが苦手なみゆちゃん。土曜参観でパパに良いところを見せたいのですが、とびばこを跳ぼうとすると、跳び箱おばけが出てきて怖くて跳べません。そんなみゆの前に現れたのは、アプリんというプリンとアプリがミックスになったキャラクターです。タブレットやアプリ、今時のワードが絵本の中に出てきます。
    小学校でタブレット端末が導入されたり、子どもの日常生活の中で身近な存在となりつつあるので、このような端末がキャラクターとなって絵本に登場するのも今や当たり前のことなんだなぁとしみじみ感じました。

    投稿日:2019/12/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「おしえて アプリン〜とびばこ とべたよ〜」のみんなの声を見る

「おしえて アプリン〜とびばこ とべたよ〜」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


優しく平等な心の大切さを、絵本・映像・音楽で学べる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット