話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ

ノンちゃん雲に乗る」 渡”邉恵’里’さんの声

ノンちゃん雲に乗る 作:石井 桃子
絵:中川 宗弥
出版社:福音館書店
税込価格:\1,320
発行日:1967年
ISBN:9784834000795
評価スコア 4.57
評価ランキング 5,556
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く
  • 小学校2年生になったノンちゃんが体験した、不思議な体験と、現実の学校や家庭内のお話。

    1967年刊行。筆者の実体験ではないだろうかと思われるほど、リアルな描写が印象的。子どものころに、私は「大人は、子どもの頃の気持ちをどんどん忘れていってしまうのだ」と思っていたが、この人は違った。兄弟間の葛藤、家族内の行き違いなどもしっかりと書かれていて、胸が詰まる。

    嘘も方便とは言うが、子どもだからって適当に誤魔化していたり、本当のことを言わないでいたりされると、深く傷つく。
    そのことを、小さい子どもが事故に遭って、三途の川を渡る(ここでは雲の上だが)体験をして帰ってくるという話で表現しているのだと思った。
    身の上話をしながら、自分の間違いに気が付いたり、いろんな発見があったりするところなどは、読んでいて共感したり、感心したりした。話すという体験で、学ぶことも多いのを、筆者は知っている。

    この作品の後も、生涯、子どもたちのために働いた筆者の、真摯な思いが伝わってくる。一本気な性格のノンちゃんは、私には石井桃子その人だと思えてならない。

    大人が読んで、ちょうどいいような読み応えのある作品。
    子どもが読んでももちろんよいのだろうけど、年齢に関係なく、人の気持ちについていろいろな発見があると思う。

    投稿日:2022/04/11

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ノンちゃん雲に乗る」のみんなの声を見る

「ノンちゃん雲に乗る」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

いないいないばあ / ぐりとぐら / にじいろのさかな / とこちゃんはどこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / ねないこ だれだ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本「ぴょーん」作者まつおかたつひでさんインタビューby好書好日

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 1
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット