新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

引き出しの中の家」 はなびやさんの声

引き出しの中の家 作:朽木 祥
絵:金子 恵
出版社:ポプラ社
税込価格:\1,540
発行日:2010年03月
ISBN:9784591115961
評価スコア 4.4
評価ランキング 12,907
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • こういうお話好きです

    最近、朽木祥さんの本を続けて読んでいます。

    小さいもの、かわいいものが好きな人は好きな世界だと思います。

    ただ、男の子にはどうなのか?というところ。

    赤い表紙で絶対に息子が手に取るタイプの本ではないけれど、読み聞かせならいいのではと思い読んでみました。

    360ページあると結構長いのですが、行間がたっぷりあって、読みやすくさほど苦にもなりませんでした。

    お話は2部構成で、1部は七重と花明りの出会い、2部は時代が代わって香と花明りとの出会いとなります。

    花明りというのは小人です。

    読んでいて、映画の『借り暮らしのアリエッティ』に似ているところがあるなあと思いました。

    作られた時期が前後しているので影響を受けたということはあるのかないのかはわかりませんが、

    この作品の中にジブリという言葉が出てきますので、朽木さんはジブリがお好きなのかしらと。

    1部目の終わり方に少し動揺し、2部目に入ったところで、新しい出会い、でもつながっている風なのに安心して読み進むことができました。

    もし、少女時代に出会っていたら、私も引き出しの中にドールハウスのようなお部屋を作ってしまいそうです。

    実家には盆栽がたくさんあったので、その中から花明りを探してしまうかも。

    とてもかわいいお話でしたが、一人暮らしのおばあちゃんが認知症かもというところは、やはり現代のお話だなあという感じがしました。

    投稿日:2011/06/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「引き出しの中の家」のみんなの声を見る

「引き出しの中の家」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



いくつのえほん掲載絵本児童書一覧

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット