新刊
やきざかなののろい

やきざかなののろい(ポプラ社)

「ぼくは、やきざかながきらいです。やきざかながでると、食べ散らかして食べたふりをします」え〜っ、そんなことして、いいの?!

  • 全ページ

あざみ姫」 おはなばたけちゃん。さんの声

あざみ姫 作:ヴィヴィアン・フレンチ
絵:エリザベス・ハーバー
訳:中川 千尋
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2000年
ISBN:9784198611507
評価スコア 4.67
評価ランキング 2,208
みんなの声 総数 8
「あざみ姫」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 幸せはすぐそこに。

    中川千尋さん訳のなかから選んで読みました。

    満たされない気持ちで過ごしている王さまとお后さま、娘もここで、「子どもがいないからとちがう?」と感づいたとおり、お二人とも子どもがいればと願っていたのでした。

    庭師の末のむすこがお城の庭で遊んでいる様子に、王さまもお后さまもお幸せそう。お庭に子どもたちの遊ぶ姿があれば、お二人はお幸せなのでした。

    それを見ていたあざみ(柳やゆり、ばら、けし、ひなぎく等のやりとりを聞いていると、あざみは格下なんですね、、そのあざみが姫になります!)は、王さまとお后さまの寂しさを何とかしてあげたい、と行動にでます。

    自分のことは、周りの人のほうがよく見えているのかもしれません。あざみ姫は、赤ん坊に姿を変えて王さまとお后さまの前に現れお二人を喜ばせます。そして、庭で子どもたちと遊ぶ姿で、王さまとお后さまをお幸せにしたいと願います。でも、お二人はなかなかそのことに気づかず、あざみ姫を無菌状態で育てようと、庭から子どもたちを閉め出してしまいます。

    お二人がようやくその愚かしさに気づいて、子どもたちをお庭に迎え入れたときに、あざみ姫は「ようやく・・」という言葉を残して、空に吸い込まれていきます。あざみのことを見下していた柳の、もうこんなことはしたくない、という最後のシーンも切ないです。

    5歳の娘は最後にあざみ姫が消えてしまったのが何故なのか、気になって仕方がなかったようでしたが、自分なりの答えを見つけてほしいので、「分かりたかったら、何度も何度も読みなさい」と答えておきました。

    投稿日:2016/12/08

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「あざみ姫」のみんなの声を見る

「あざみ姫」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

おばけのバーバパパ / とんことり / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / いないいないばあ / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


【連載】児童文学作家 廣嶋玲子のふしぎな世界

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット