まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ぼくは ここにいる」 けけころちゃんさんの声

ぼくは ここにいる 作:ピーター・レイノルズ
訳:さかき たもつ
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2013年06月27日
ISBN:9784338235136
評価スコア 4.17
評価ランキング 20,485
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く
  • 何度も読み解きたい本

    わが子が自閉症であることから手に取った本ですが、何度も読んでいくうちに、いろいろな味わい方があることにきづきました。
    「ぼく」をまず中心に読んでいく。つぎに、「まわりの友達」を中心に読んでいく。すると、最初の「ぼく」と友達たちの絵のなかの距離感からもたくさんのメッセージを感じることができました。「ぼくはここにいるんだよ」「友達たちもけっして「ぼく」を避けているのではない」「でも距離を縮めるには「ぼく」も近づいていく気持ちにならなくては」、「友達もいじわるじゃない。きみを避けているのではない。距離を縮めることはできるんだよ。おいでよ、こうして遊んでいるから・・・いつでも・・・・」などなど・・・読み手それぞれがこの距離からいろんなことを感じることができると思います。
    紙飛行機をもってきてくれた女の子・・・も・・・最初のページでは立ち尽くしている。みんなのすぐそばにいても「ぼく」と同じようなきもちでいる。離れていてもみんなの中にいても、「みんなといる」ってなんだろう、どうするんだろう?って思っている子どもがいることを、よくあらわし、「ぼく」に紙飛行機をもってきてくれた女の子は、「ぼく」に共感してくれている。そこで「ともだち」を感じる。「ぼく」
    なんて・・・すてきな絵本だろうと思いました。
    女の子がちょっと人種のちがう女の子にみえることも、別の解釈として感じる方もいるとおもいます。そこから女の子の内面を読み解く方もいるでしょう。
    それも、意味あること・・・・。障害のある子への啓発本ばかりでない奥の深い絵本です。

    投稿日:2018/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくは ここにいる」のみんなの声を見る

「ぼくは ここにいる」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / じゃあじゃあびりびり / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本ナビに関するアンケートでQUOカード2000円分!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?

  • 0歳 0
  • 1歳 0
  • 2歳 0
  • 3歳 0
  • 4歳 0
  • 5歳 0
  • 6歳 0
  • 7歳 0
  • 8歳 0
  • 9歳 0
  • 10歳 0
  • 11歳 0
  • 12歳〜 0
  • 大人 5

全ページためしよみ
年齢別絵本セット