季節
ゆき ふふふ

ゆき ふふふ(くもん出版)

真っ白な美しい世界を体で感じ、おもいっきり雪あそびをしたくなる絵本です。

  • かわいい
  • 全ページ
  • ためしよみ
トレイス・シーモア(とれいすしーもあ)

トレイス・シーモア(とれいすしーもあ)

お気に入りの作家に追加する

トレイス・シーモアさんの作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

白い牛をおいかけて

白い牛をおいかけて

作:トレイス・シーモア  絵:ウェンディ・アンダスン・ハルパリン  訳:三原 泉  出版社:ゴブリン書房  税込価格:¥1,870  
発行日:2008年04月  ISBN:9784902257120
  ためしよみ

1件見つかりました

トレイス・シーモアさんの作品のみんなの声

  • 丑年に

    表紙からして素敵な絵だなあ、と思い、読んでみました。にげだした白い牛をおいかけて、大人たちが右往左往する様子がほのぼのとおもしろいです。最後の展開も意外だったけど、想像がひろがっていいなあ、と。来年丑・・・続きを読む

  • 白い牛に振り回されて

    逃げてしまった白い牛を捕まえようと、多くの人が挑戦しますが、なかなか思うようにはいきません。 そんなやり取りが続きます。 農村の風景、暮らしぶりが淡々と描かれているのですが、とても牧歌的でありなが・・・続きを読む

  • ほのぼのした気分に

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    白い牛って、神秘的ですよね。その牛がいなくなったというから、見たい!という気持ちがそそられました。 お父さんをはじめ、大の男達が牛をつかまえに行くのに、なかなかつかまえられない、、、いったいどんなに・・・続きを読む

  • オチが意外でした

    今時の鮮やかの本の中では珍しく落ち着いた色調の絵だと思います。 いなくなった牛に翻弄される人々の様子が気の毒でもありながら、傍から見るとおもしろくも感じられます。 オチが意外でした。息子と・・・続きを読む

  • のんびり ゆったり

    その名の通り、みんなで逃げ出した白い牛を 追いかけているお話です。 ドタバタしていそうな内容なのに、 絵がとても綺麗で映画でも見ているよう。 文章もほのぼのしていて良いです。 毎度交・・・続きを読む


2022年2月 注目の新刊&おすすめ 〜節分・鬼の絵本〜

出版社おすすめ

  • ゆめぎんこう
    ゆめぎんこうの試し読みができます!
    ゆめぎんこう
     出版社:白泉社 白泉社の特集ページがあります!
    MOEで大反響! リラックマの原作者コンドウアキが贈る、優しさあふれる夢の絵本。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット