虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
タケえさん 30代・ママ

虫が鮮明に!
虫の拡大写真です。 私も息子も虫が大…

くらやみのなかのゆめ」 渡辺諦さんの声

くらやみのなかのゆめ 作:クリス ハドフィールド
絵:ザ・ファン・ブラザーズ
訳:さくま ゆみこ
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,480+税
発行日:2017年02月15日
ISBN:9784097266792
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,894
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 夢と現実を行ったり来たり

    • 渡辺諦さん
    • 30代
    • その他の方
    • 東京都

    【あらすじ】
    カナダ人初の宇宙飛行士となった男性の、子ども時代のお話。
    暗闇が怖くてたまらない少年が、ある日、宇宙飛行士が月に着陸したテレビ放送を見て、変わる。今まではエイリアンが居て怖かった暗闇が、素敵な空間に。そして、少年は宇宙飛行士になる決心をする。

    【感想】
    少年の、怖がりっぷりがしつこくて、印象的だ。ご両親は少年がちゃんと一人で寝られるように、自律できるようになだめたり、すかしたりする。怖い時にベルを鳴らすようにしたが、あまりに頻繁にベルを鳴らされ、眠れないので、とうとう少年はベルを取り上げられた。この辺の前半の部分が、素敵だ。
    自分の子ども時代の事を思い出した。真夜中にふと目が覚めて、豆電球だけ灯っている部屋が、異空間に見えて怖かったこと。でも、うちは夜中にジジばばを起こすと激烈に怒られるので、結局、ひとりで頑張るしかなかったなあ。

    アポロ11号の、月面着陸や、宇宙飛行士の姿を見て、少年の意識が急に変わる部分が不思議な感じだった。あんなに怖がっていた暗闇が、怖くなくなるなんて、信じられない。人生の不思議なめぐりあわせを感じさせる。本当に、何が起きるかわからない。

    この絵本は、絵が文章以上に物語っている。言葉で表さなくても、絵をじっくり見ているといろんなことが伝わってくる。ぜひ、夜中に、じっくりゆっくり楽しんでもらいたい。雰囲気が出て素敵な体験になるよ。
    最後の方に、本人の写真がいろいろあって、「あの少年がこんなに立派なオヤジさんになって…」と感慨深い。犬のアルバートも一緒にいて、長生きしているみたいでおかしかった。いろんなところにつっこみどころがあって、楽しい。そして希望が与えられる素晴らしい一冊です。年齢問わず、ぜひお試しください。

    投稿日:2017/06/02

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「くらやみのなかのゆめ」のみんなの声を見る

「くらやみのなかのゆめ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / おおきなかぶ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット