新刊
ぱんつさん

ぱんつさん(ポプラ社)

ずぼずぼずぼっとあらわれた、ぱんつさん。いっちに、いっちに、たいそうをはじめるけど…。想像を超える展開がクセになる本。

いのちは贈りもの ホロコーストを生きのびて」 はなびやさんの声

いのちは贈りもの ホロコーストを生きのびて 著:フランシーヌ・クリストフ
訳:河野 万里子
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2017年07月31日
ISBN:9784265860180
評価スコア 4
評価ランキング 28,333
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く
  • 生き延びるとは

    訳者あとがきで紹介されている読者からの感想に一気に読んだとあったが、少女の時の記憶をたどりながらの訥々とした語り口、歴史的背景をしらないと理解できないこともあり、時々立ち止まってしまい、一気には読めなかった。

    際限のない地獄絵図。空腹、チフス、汚物、シラミなど冷静に淡々と事実を語っているが、この状況下で生き延びられたのは奇跡としか言いようがない。

    戦争物を読んでいると思うことだが、辛すぎる体験は体全体で記憶する。それは生き延びるための防衛本能かもしれない。

    同じユダヤ人でも生まれおちた国、ホロコースト時にいた国、文化圏で考え方も扱われ方も違う。ナチスに連行された時点で、子ども時代が終わってしまうというのは『アウシュビッツの図書係』とも共通する。

    子ども時代が終わるというのは、自分で考え自分で選択して生きるとイコールのことであり、危機が迫った時に何を選択するかその積み重ねで運命が動いていく。それ以外にも、生まれ持った体質・精神の強さなどもあるが、何がどう幸いし生き延びることができたのはもう人知の及ぶところではなく、神の範囲なのだと思う。

    生きること、戦争、貴重なホロコーストの手記である。

    投稿日:2018/06/21

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「いのちは贈りもの ホロコーストを生きのびて」のみんなの声を見る

「いのちは贈りもの ホロコーストを生きのびて」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ふしぎなふうせん
    ふしぎなふうせんの試し読みができます!
    ふしぎなふうせん
     出版社:鈴木出版 鈴木出版の特集ページがあります!
    フワフワ フワフワリン…風船は気持ち良く歌いながらどんどん大きく、どんどん空に上がって…
  • ただいマンモス
    ただいマンモス
     出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    ただいマンモス、おかえリンゴ!冴えわたる怒涛の連続ダジャレストーリー。ぜひとも声に出して読みなシャレ


ずっと変わらない瞳…小鳥と少女の心の交流を描いた感動作

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット