ユーザーレビュー

  • テディベアも悲しくなる

    5.0

    戦争は、誰にとってもいいことなんてありませんね。 テディベアのオットーも悲しくなるくらい。 ぬいぐるみだって、落ち着いていられませんもの! こういった絵本を読む度に苦しい気持ちになります。 ハッピーエンドだったので、少しだけ、ほっとしました けれども。 どうか戦争がおこりませんように。 テディベアのぬいぐるみが、安心して落ち...続きを読む

  • 楽しい意外感

    4.0

    ロアルド・ダールさんのお話は、どれもおふざけいっぱい奇想天外でワクワクします。 「こちらゆかいな窓ふき会社」というタイトルからは想像できない、夢のようなサクセスストーリーもダールさんならではです。 キリン、サル、ペリカンの変わったトリオも、とりあえずの窓ふきから、どんどんわき道を突っ走っていくところが、予想できない話が楽しめて、とても...続きを読む

  • 魅力的な絵

    5.0

    表紙の絵にひかれて読んでみました。 夜の森を背景に描かれた、白いふくろうのひなたち。繊細で魅力的な絵に見入ってしまいました。 物語も、ふくろうのひなたちの心の動きがよくつたわってきます。小さな子どもたちが共感できるのではと思いました。...続きを読む

  • 衝撃の結末‥

    5.0

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    うっそ〜!?と、結末に親子で顔を合わせてびっくりしました。 いやいやいや、え?と、つい読み返してしまいますね。 あの状況で、子ども達をかわいがれるラシーヌさん、大人すぎる。 最後のびっくりが爽快で、大どんでん返しが、なんだかすっきりした気分にしてくれました。...続きを読む

  • 壮大な事をやらかした割には

    5.0

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子5歳、男の子3歳、女の子0歳

    結構緩い制裁だなと思ったのは私だけでしょうか。魔法をかける呪文を覚えたのなら、魔法を解く呪文も覚えておかなければなりませんね。私も結構なまけぐせがあるので、フンボルトの事が他人事とは思えません。もうやるなよ!...続きを読む

出版社エディターブログ

『ぼくたち、いちばん!』原画展へ行って来ました! その2

2017年5月24日 11時23分  

『ぼくたち、いちばん!』原画展会場に、見覚えのある姿が……

あれれ……あのワンコだ!

ちびぬいや(ぬいぐるみ作家)の かつやままりこさんが作ってくださいました。
ありがとうございます!!

絵本からそのまま飛び出してきたような、真っ白のかわいいワンコ。

原画展会場では、このワンコにも出会えますよ♪

原画展は、5月28日(日)まで。




※写真:ちびぬいや(ぬいぐるみ作家)の かつやままりこさん制作のワンコ。

『ぼくたち、いちばん!』原画展へ行って来ました! その2


出版社おすすめ

  • ロード・オブ・ザ・リング カラーリングブック

    映画「ロード・オブ・ザ・リング」三部作をもとにつくられた塗り絵の本です。『指輪物語』のファンにも、映画ファンにも、また塗り絵が大好きという方にもお勧めいたします!

  • あかちゃんの木

    あかちゃんは一体どこで手に入るんだろう?……ぼうやのなやみに「たまごから生まれる」「たねを植える」「コウノトリがはこんでくる」と、いろんな答えがかえってきます。パパとママは、ちゃんと答えてくれましたよ。あかちゃん誕生にまつわる絵本。

出版社おすすめ

  • パパ、おはなしして

    「パパ、おはなしして」と、ロージーがいうと、パパは、小さなおひめさまのお話をしてくれます。ある日おひめさまがお茶を楽しんでいると、そこへドラゴンがやってきて、ドラゴンのパパとママもやってきて、王子さまがかけつけて・・・・・・さて、どんなことになるのでしょうか。
     パパのお話に、女の子が質問したり、つけたしたり、お話がどんどん思わぬ方向に進んでいきます。お休みまえにピッタリのかわいい絵本。どうぞお楽しみください!

  • うちのパパってかっこいい

    パパは、ゴリラぐらい強くって、カバくんみたく楽しいんだ。パパは、おどりもうまくって、歌うこえはピカイチで、くまちゃんみたくかわいいよ。だけど、それだけじゃない、パパのすごいとこ…。ぼうやとパパの、愛いっぱいのユーモラスなお話。 国際アンデルセン賞受賞画家

全ページためしよみ
年齢別絵本セット