ユーザーレビュー

  • 笑ったわい。

    4.0

    • にごじいさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子2歳

    家出をするボズウェル君じゃが、わずかな困難に遭遇するたび安全安心快適な家出とすべく家に物を取りに帰る。森は寒いのでコートを取りに帰るなどなどじゃ。たしかに、家の外は冒険がいっぱいじゃが、家出するとなると冒険の場所を安心の場所に変えねばならん。如何にも子供が考えそうな小理屈じゃ。 そうしてなんどもプチ家出を繰り返し最後は…… ワシは...続きを読む

  • じかんに興味があるようなので

    4.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    じかんに興味があるようなので図書館で借りてみました。 まだちょっと難しかったかしら? じかんもあまり数が大きくなると、想像がつかない感じでした。なんとなくすごいんだなくらいに思っていたかな? この絵本を見て、一週間の予定を立ててみたり等はしていましたので、やっぱり興味はあるんだなーと思えました。...続きを読む

  • 視点を変えた物語

    3.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳、女の子0歳

    タイトル通りにこうえんで…4つのお話なのですが、各々視点を変えた物語なんですね。 視点を変えてみてみると違ったものだなーと思います。 最初の一見奥様って感じのおばさんはけっこう口が悪い…。 普段でもこの人から見たら…と考えてみても楽しいかも。...続きを読む

  • 大人への一歩

    4.0

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    勉強ができない子たちを集めたクラス。 小麦粉の入った袋を赤ん坊とみなし、世話をするというフラワー・ベイビーのプロジェクトをやる羽目になってしまい…!? 疑似子育てを通して、父親のことや自分を見つめ、大人への一歩を踏み出す感じのお話でよかったです。 学校のみんなとのやりとりも面白いです。...続きを読む

  • わかりやすい!

    4.0

    地球上の生き物で一番大きいシロナガスクジラ。 それよりも大きなものとは?で始まり、エベレスト、地球、アンタレス、銀河とスケールの大きい話になっていきます。 地球を100個詰めたものより太陽は大きい、太陽を100個詰めものよりもアンタレスは大きい。 アンタレスなどのたくさんの星を集めたものが銀河、という感じで宇宙の大きさもただ「広い」...続きを読む

出版社エディターブログ

映画化情報★原作『死の影の谷間』

2018年5月16日 15時15分  

ミステリーの名作がついに映画化です!

すぐれたミステリー作品にあたえられるエドガー・アラン・ポー賞を受賞した『死の影の谷間』が映画化されました。

映画「死の谷間」(配給ハーク)
2018年6月23日(土)より、新宿武蔵野館ほかで全国順次公開!

主演のアンには、本年度アカデミー賞主演女優賞候補となったマーゴット・ロビー、謎の男ルーミスに『それでも夜は明ける』でゴールデン・グローブ賞・アカデミー賞にノミネートされたキウェテル・イジョフォー、さらに映画ならではの“もう一人の男”に『ワンダーウーマン』のクリス・パインが扮します。

核汚染の末に生き残った1人の女と2人の男……
人間の本性をえぐり出す衝撃のSFサスペンス!
息づまる心理劇をどうぞお楽しみください!

映画の詳しい情報は、原作本の表紙画像をクリックしてください。

【原作】
〈海外ミステリーBOX〉
『死の影の谷間』
  ロバート・C・オブライエン/作
  越智道雄/訳
  四六判、328ページ
  定価(本体1,600円+税)
  ISBN978-4-566-02423-6

映画化情報★原作『死の影の谷間』


出版社おすすめ

  • とっても なまえの おおい ネコ

    はなさき通りのネコは、とってもいそがしい! 3番地で朝ごはん、9番地でお茶、18番地で絵のモデル……行く先々で、ちがう名前で呼ばれています。ある日、ひとり暮らしのマレーさんとネコが出会って……。1匹のネコが人と人をつなぐ暖かな絵本です。

  • 弱小FCのきせき

    レスターシティFCの熱烈なファンのキツネの親子。でもこのチーム、なかなか勝てない弱小チームなのだ。ある日、地下から妙な声が聞こえて……声の主はなんとリチャード三世! 幽霊の願いをキツネがかなえてあげたとたん、レスターシティは快勝つづき。ついに創設132年目にして初優勝! 実話をもとにして描かれるユーモアいっぱいの物語。

出版社おすすめ

  • ちっちゃな木のおはなし

    ちっちゃな木は幸せでした。葉っぱは青々としげっていましたし、友だちもたくさん遊びに来てくれましたから。秋になり、ほかの木は葉っぱを落としましたが、ちっちゃな木だけは葉っぱを落としませんでした。でも、やがて……何かを手ばなすことの大切さを、やさしく語りかけてくれる絵本です。

  • あかちゃんの木

    あかちゃんは一体どこで手に入るんだろう?……ぼうやのなやみに「たまごから生まれる」「たねを植える」「コウノトリがはこんでくる」と、いろんな答えがかえってきます。パパとママは、ちゃんと答えてくれましたよ。あかちゃん誕生にまつわる絵本。

  • ぼくたち、いちばん!

    いちばん大切なおもちゃを学校へ持っていってもいい日、エリーが選んだのは、クマくんではなくワンコでした。「ぼくは大切なおもちゃじゃないの?」……クマくんはなやみます。でも誤解がとけて……。誰かの「いちばん」であることの幸せを伝える愛らしい絵本。

  • ぼくのつばさ

    ノーマンは、ごくふつうの男の子。なのにある日、つばさがはえてきました! パパにもママにも言えずになやむノーマン。でも、あることに気づいて……!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット