注目の作品!

【三起商行(ミキハウス)】イチ押しの作品をご紹介


出版社おすすめ

出版社エディターブログ

ミキハウス「鹿踊り発刊記念」イベントのお知らせ

2018年11月14日 15時40分  

こんどのクリスマスイブの午後。ミロコマチコさんと、あがた森魚さんによるセッション『絵本みたいな』やります。ミロコマチコさんの、ライブペインティング。あがた森魚さんの、宮沢賢治 朗読と歌唱。描かれた作品は、絵本の本棚となって、いつまでも公園の森のそばの絵本屋に置かれます。どうぞ お出かけください。

公式HP:www.agatamorio.com


出版社おすすめ

出版社おすすめ

  • かくれたの だ〜れ?

    「パズルえほん」が手のひらサイズになって登場!安全でやわらかいウレタン素材を使用しており、遊びながら手先の運動と考える力を養います。

  • たべてるの だ〜れ?

    「パズルえほん」が手のひらサイズになって登場!コンパクトで持ち運びやすく、おでかけにもおすすめです。

ユーザーレビュー

  • 動物たちの関りで成長したゴーシュ

    5.0

    音楽を専門にやってい金星音楽団が、きみ一人のために悪評を とるようなことでは困ると、楽長に怒鳴られるセロ弾きゴーシュは 深夜まで懸命に練習しました。町はずれの川端にある壊れた水 車小屋に帰ってきて、毎夜毎夜次々に、動物たちがやってきまし た。10日間動物達との関わっているうちに、上手くセロを弾ける ようになっ...続きを読む

  • 挿絵が美しい!

    5.0

    宮沢賢治の「やまなし」です。 幾度か、「やまなし」は、読んだことがあるのですが、美しい川底 が、澄んだ水色の世界が、私には気に入ってます。 かわせみが、美しく描かれているのも緊張しましたが、生きるため 仕方のないことだなあと思って読みました。淡い水色・ページ毎に 色彩が違うのを楽しめました。...続きを読む

  • 自然の中で生きていくということ

    5.0

    入植者が、ここに畑を起こしていいかと森に尋ね それを「いいぞー」と答える森たち(←複数形なのがみそ) この物語の中には 自然と共存しながら生きていた 日本人古来の生き方があるように感じました。 このお話を語るのも森。 森や山にそれぞれ気質みたいなものがあり それを擬人化してとらえ 人間はそれを敬ったり恐れたりしてい...続きを読む

  • 切なく哀しい

    4.0

    タイトルは有名ですが、ラストがどんなお話だったか思い出せず、読んでみました。 よだかは何か悪いことをしている訳でもなく、ただ見た目とか、名前とかが気に入らないから、というだけの理由で、他のもの達がよだかを悪く言う。 ここまでストレートに相手を悪く言う心理ってなんだろう・・・と、とてもとても切なくなるお話でした。 救いになるかは分...続きを読む

  • 絵だけで表現ができるのは関心しました

    5.0

    絵だけで表現ができるのは関心しました。 こどもには興味津々な絵本だと思いました。 ことばがまだわからない子からことばが少しわかるように なった子や、大人まで幅広く受け入れられると思いました。 文字がない分、作者はたいへんだろうなと思っています。...続きを読む

ミキハウス
「宮沢賢治の絵本」シリーズ

全ページためしよみ
年齢別絵本セット