注目の作品!

【三起商行(ミキハウス)】イチ押しの作品をご紹介


出版社おすすめ

出版社エディターブログ

ミキハウス「鹿踊り発刊記念」イベントのお知らせ

2018年11月14日 15時40分  

こんどのクリスマスイブの午後。ミロコマチコさんと、あがた森魚さんによるセッション『絵本みたいな』やります。ミロコマチコさんの、ライブペインティング。あがた森魚さんの、宮沢賢治 朗読と歌唱。描かれた作品は、絵本の本棚となって、いつまでも公園の森のそばの絵本屋に置かれます。どうぞ お出かけください。

公式HP:www.agatamorio.com


出版社おすすめ

出版社おすすめ

  • かくれたの だ〜れ?

    「パズルえほん」が手のひらサイズになって登場!安全でやわらかいウレタン素材を使用しており、遊びながら手先の運動と考える力を養います。

  • たべてるの だ〜れ?

    「パズルえほん」が手のひらサイズになって登場!コンパクトで持ち運びやすく、おでかけにもおすすめです。

ユーザーレビュー

  • 風の又三郎の風景

    4.0

    宮沢賢治の代表作でありながら、古い時代の山の小学校をイメージできずにいた自分が、爽やかなやぎたみこさんの絵で、その世界に入っていくことが出来ました。 元風景のような描き方が印象的で、宮沢賢治の世界を膨らませてくれていると思います。 文字だけで読んでいるときよりも、宮沢賢治の世界が近くなりました。...続きを読む

  • 自然の営み

    4.0

    おきなぐさという花を知らなかったので、その生態とこの絵本を重ね合わせることはできないのですが、この山野草を主人公にして、回りの世界との関わりが情緒的に描かれていて、自然の営みに思いを馳せることが出来ました。 心の隅々まで清々しい気持ちにさせてくれるのは、お話のせいでしょうか、陣崎草子さんの絵のせいでしょうか。 自らがおきなぐさになって...続きを読む

  • おどろき

    5.0

    読んで、びっくりしました! 絵がつくことで、こんなに受け取る印象がかわるものかと!私にとっては、厳しい印象が強かった詩でしたが、色鮮やかで元気な絵が、応援してくれるような明るい印象の詩にごろっとかわりました。手元において、読み返したい絵本になりました。...続きを読む

  • 賢治の時代の又三郎に会いに行けます。

    5.0

    • ニオさん
    • 30代
    • その他の方
    • 神奈川県

    宮沢賢治の作品というと、どこか異国情緒を感じるイメージがあります。 (『銀河鉄道の夜』や『オツベルと象』など) 『風の又三郎』も日本というよりもどこか海外やファンタジー世界の話のように思っていました。 (登場人物は日本名なのですが、花梨やクルミなどの名前、マンドリンを弾く先生の描写などで) でも、やぎたみこさんが描いたのは、賢治が...続きを読む

  • マルーシャ

    5.0

    「12の月たち」も、「12のつきのおくりもの」と、「マルーシカと 12の月」もほぼ同じ内容でした。 心の優しいマルーシャは、美しい娘の為に、継母やホレーナは、 やきもちをやいていじわるをしたりしました。 マルーシャは、12の月たちに助けられたのにホレーナには、助け てくれなくてホレーナが、マルーシャを呪い、神...続きを読む

ミキハウス
「宮沢賢治の絵本」シリーズ

全ページためしよみ
年齢別絵本セット