日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと? 日・中・韓平和絵本 へいわって どんなこと?の試し読みができます!
作・絵: 浜田 桂子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
テレビで話題!いま、かんがえてみませんか?
みっとーさん 30代・ママ

とてもいい絵本でした
8月に保育所で紹介されていた絵本です。…

風の又三郎」 ニオさんの声

風の又三郎 作:宮沢 賢治
絵:やぎ たみこ
出版社:三起商行(ミキハウス)
本体価格:\2,100+税
発行日:2019年10月
ISBN:9784895881449
評価スコア 4.2
評価ランキング 19,879
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く
  • 賢治の時代の又三郎に会いに行けます。

    • ニオさん
    • 30代
    • その他の方
    • 神奈川県

    宮沢賢治の作品というと、どこか異国情緒を感じるイメージがあります。
    (『銀河鉄道の夜』や『オツベルと象』など)
    『風の又三郎』も日本というよりもどこか海外やファンタジー世界の話のように思っていました。
    (登場人物は日本名なのですが、花梨やクルミなどの名前、マンドリンを弾く先生の描写などで)
    でも、やぎたみこさんが描いたのは、賢治が生きていた1900年代の日本の田舎の小学校風景。
    かやぶき屋根に田んぼ、木造平屋の校舎に集うのは、和服やもんぺ姿の子どもたち。
    先生は背広に丸メガネ、真ん中わけの髪型。
    又三郎の世界がグッと懐かしく、身近に感じました。
    (水に入るときはみんなふんどし一丁です)

    授業風景、子ども同士の小さないざこざ、放課後の寄り道……、驚くほど平凡な当時の子どもたちの普段の姿が描かれています。
    だからこそ、要所要所で描かれる風の表現が際立っていて、ぐっと不思議な世界に引き込まれるような感じがしました。

    宮沢賢治の作品なので文字量は多く、使われている言葉も原文に忠実のため、読むのも聞くのもなかなか大変だとは思います。
    でも、9月1日から12日まで日にちに沿って読んでいくなど、方法を考えながら読んでみるのも楽しいと思いました。

    なにより、やぎさんの透明感あふれる絵を見ているだけでも、満ち足りた気持ちになれます。

    投稿日:2019/11/29

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「風の又三郎」のみんなの声を見る

「風の又三郎」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / くろくまくん おふろで さっぱり / なくなりそうな世界のことば / 100万回生きたねこ / あおくんときいろちゃん / よるくま / ぼくのまちをつくろう!

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット