しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち しろうさちゃんとおねえちゃんの かえりみち
作・絵: 田島かおり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
はずかしがりやのしろうさちゃんは、おねえちゃんと一緒に影ふみ遊びをして帰ります。きょうだいのやりとりに心あたたまる絵本。

ぼくのじんせい」 ヒラP21さんの声

ぼくのじんせい 作:丘 修三
絵:立花尚之介
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1997年12月
ISBN:9784591055243
評価スコア 3.67
評価ランキング 37,896
みんなの声 総数 2
「ぼくのじんせい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 障害をもった子どもの気持ち

    障害をもったシゲルの独白のような物語です。
    丘修三さんは自分の経験を生かして、シゲルという主人公を作り上げました。
    同じような病気で先輩の青木さんはなくなりました。
    小さいころ自分をかわいがってくれた父親は、自分が障害を持ってから自分を見る目が変わりました。
    そして、離婚。
    母親も自分の介護に疲れたようです。
    かつてはお兄さんと慕ってくれた妹にも、自分の世話を言いつけられるようになって、自分が疎ましい存在になったようです。
    現実の厳しさの中で、「自分はいきているんだ」と思うシゲル。
    気の持ちようで、今の自分に絶望したり、自分を肯定したり…。
    重い話です。
    あまり子供が手にとらない本かもしれません。
    しかし、この本には障碍者の立場に立たないとわからない事が書かれているのです。
    健常者にこそ読んでほしい本ではないかと思います。

    投稿日:2011/10/29

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ぼくのじんせい」のみんなの声を見る

「ぼくのじんせい」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット