ふゆのよるのおくりもの ふゆのよるのおくりもの
作・絵: 芭蕉みどり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
きょう、ティモシーとサラはもみの木をかって帰りました。きれいに飾りつけをして、クッキーを焼いて、さあ、これからおでかけです。

しょうぼう馬のマックス」 レイラさんの声

しょうぼう馬のマックス 作:サラ・ロンドン
絵:アン・アーノルド
訳:江國 香織
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:1998年11月
ISBN:9784001108521
評価スコア 3.75
評価ランキング 36,143
みんなの声 総数 3
「しょうぼう馬のマックス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 消防の鐘に思わず反応

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子20歳、男の子17歳

    曽祖父のエピソードから紡がれたストーリーのようですね。
    馬車が主流だった時代の、バーモントという町でのおはなし。
    行商人のレヴじいさんは荷車を馬にひかせていたのですが、
    その馬が老化で使えなくなり、代わりにやってきたのが、
    元しょうぼう馬のマクシミリアン、通称マックスだったのですね。
    ところが、前歴が染みついていたマックスは、行商中も、消防の鐘に反応、
    暴走してしまうのですね。
    そのハプニングがたっぷりと描かれます。
    のどかな行商風景だからこそ、そんなハプニングも、みんなおおらかに受け止めていますね。
    マックスの注意をそらすためのアイデアはなるほど、です。
    バイオリンの音色もまた、物語にスッと溶け込んでいます。
    やや込み入った、古き良き時代のストーリーなので、
    小学生以上くらいからでしょうか。

    投稿日:2014/01/19

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「しょうぼう馬のマックス」のみんなの声を見る

「しょうぼう馬のマックス」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

みんなの声(3人)

絵本の評価(3.75)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット