まほうのさんぽみち まほうのさんぽみち
著: ロビン・ショー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

ケストナー少年文学全集 5 五月三十五日」 汐見台3丁目さんの声

ケストナー少年文学全集 5 五月三十五日 作:エーリヒ・ケストナー
絵:W.トリヤー
訳:高橋健二
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1962年6月16日
ISBN:9784001150551
評価スコア 3
評価ランキング 44,367
みんなの声 総数 1
「ケストナー少年文学全集 5 五月三十五日」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • ケストナーって何者?!

    この本と私には長い因縁があります。今から40年以上前に、社宅に住んでいた私に、おさななじみの男の子のお母さんが機会があるごとに本をプレゼントしてくれました。
    でも、当時(今もかも...)、本を読むのがそれほど好きではなかった私は、彼女がくれたいくつかの本を読み終えれなかったのです。

    その中の1冊に、
    ・今のカレンダーでは考えられないような三十何日だから不思議なことが起きてもまったく不思議ではない
    ・ロバが出てきて、家に角砂糖をもらいにくる
    ・主人公とロバがタンスの中に入って旅に出る
    という話があり、でも、それが誰が書いた本なのか、そしてどういう題名なのかさっぱり忘れされていて、もう10年近く一体なんという本なんだろうと思い続けていました。それほど、印象的な出だしだったのです。そしてつ続きが読みたい、今なら読めるのにと思い続けていました。

    それがひょんなことから絵本ナビで五月三十五日という題名の児童書を見つけ、ピピっときました。これだ!!と。
    読んでみたら、ロバではなく馬でしたが、出だしの内容は殆どあっていて、長年探していた本に再び会えて本当に嬉しかったです。

    更に読んでみて、本当にびっくりしたのが、ケストナーもいわゆるSF小説家でもあったのでしょうか? 携帯電話や動く歩道のことがこの作品の中には電気の町のところに描かれていて、発表されたのは1930年代とのことなので、その時点で将来的にそんなものができると想像できていたことに、ただただ感服でした。そして、そういう便利を超えたところまでを描くことで、私たちに警鐘しているのもすごいです。

    また大人の再教育の国ににも、思わず、私もうったえられてしまいそうと思いました。

    念願かなって読み終えられて本当に良かった。

    投稿日:2017/08/14

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「ケストナー少年文学全集 5 五月三十五日」のみんなの声を見る

「ケストナー少年文学全集 5 五月三十五日」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

もこ もこもこ / おつきさまこんばんは

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ちがいを受け入れ、視野を広げることを教えてくれるお話

みんなの声(1人)

絵本の評価(3)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット